G-コール 突然不通状態に・・・

Screenshot_2017-03-22-15-22-52.jpg
G-コールの解約は電話対応
何度やっても話し中。
そこで調べると、ファックスでも対応できることを知り、週末に送信。
どうなったのか全く連絡がなく3日が過ぎた今日の午後、G-コールで電話しようとしたら見慣れぬログイン画面。
電話番号を入力すると「・・・G-コールには登録されていません」というコメントが表示された。

・・・ということは、、、解約されたのだな?
でも、事前にメールがあると思っていたが、一切無し!
怒ったのかな(笑)

早速、マイネオ(Mineo)に電話をして状況を伝え、「5分かけ放題」プランへの切り替えができるようになった。
通話できるようになるには2~3日後になるとの事。
そして、登録作業が完了した時にマイネオのメールアドレスに通知を送るとのことだった。

それまでの間は、30秒で20円の通話がかかるけど、不便は避けられる。

ようやく、一山越えたかな。


スポンサーサイト

テーマ : スマートフォンライフ
ジャンル : 携帯電話・PHS

G-Call の解約は電話  つながらない・・・ 解約続きか?

Screenshot_2017-03-15-12-03-42.jpg
お昼休みの何度電話しても話し中。
オペレーションは全国のユーザーに対し、1人で対応しているのだろうか?
解約しないと、マイネオの5分間かけ放題ができない事情があるので、電話をする×56回。

申込はオンラインで簡単にできる仕組みなのに、解約は電話対応である。

結婚よりも離婚は難しい。なるほどね!

テーマ : スマートフォンライフ
ジャンル : 携帯電話・PHS

7年目の彼岸

KIMG2715-001.jpg
3.11の命日
KIMG2716.jpg
間もなくお彼岸を迎える南相馬の墓地
今年は一人で焼香。 忘れることなどけっしてできない。
KIMG2719-001.jpg
海沿いにあった住まいを訪ねる
KIMG2720-001.jpg
昨年は、一面荒野化し庭先にあったケヤキの木だけが場所を教えてくれたのだったが、工事が始まっていた。
KIMG2723.jpg
道路の反対側も。
KIMG2721.jpg

KIMG2726.jpg

KIMG2727.jpg

KIMG2722.jpg
防波堤近くに見える一本松
KIMG2729.jpg
巨大な防波堤が太平洋を遮断
平成の万里の長城
KIMG2728.jpg
原町火力発電所の煙突
KIMG2730.jpg
一本松
KIMG2732.jpg
昨年5月に工事が始まった県内最大規模の太陽光発電事業で、60メガワットのメガソーラー発電設備。
総事業費約220億円、来年3月に商業運転開始するそうだ。
発電する電力は一般家庭約2万世帯の使用電力量で、南相馬市は再生可能エネルギーの導入比率をほぼ100パーセントとすることを目標としている。
KIMG2733.jpg
震災前、南右田行政区には70戸約330人が暮らしていたが、津波で全戸が流失。54人が犠牲となった。地区の大半が住宅を建てられない「災害危険区域」に指定され、ほとんどの住民は別の場所での生活再建を余儀なくされた。このため、住民は平成27年3月の総会で、行政区の解散を決めた。

南右田は、昨年まで海抜ゼロメートルとなり、荒野と化していたけど、生まれ変わりつつある。
少しだけほっとした思いにもなれました。

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

mineoに「5分間かけ放題月額850円」サービス開始していた

mineoの格安simに切り替えて2年目。
データ通信料金は毎月はわずか1,635円。(1Gの契約で十分余る)
でも、電話料金がかかるようになってしまった。
電話はGコールを利用しているので、通常の半額(30秒10円)で済んではいるのだったが、職場を離れて外に出向く時間が多くなると、どうしても電話を多く使うようになり、月額2,000円以上の月が続くようになった。

楽天モバイルに乗り換えしたいけど、キャリアが対象外(トルク)なのでNG。

なんとなくmineoのHPを見てみたら、3月1日から楽天電話並みに「5分間かけ放題」のサービスが開始されていた。
しかも月額850円(税別)。
これならば気兼ねなく電話ができる。データ通信料金と合わせても月額2,500円程度で終わってしまう。

ただ、電話の相手先が一般電話の場合、非通知となってしまうようだ。
この場合はGコールでかければ対応できるだろう。

あまりにも私生活や仕事や趣味に深く浸透してしまったスマホを手離せない。

今日オプシュン申し込みをしたが、利用開始は3日後との事。
音質はどうなのか?使ってみなければわからない不安も少々あります。

テーマ : スマートフォンライフ
ジャンル : 携帯電話・PHS

体調不良は2日間の畑仕事で完治

KIMG2665.jpg
体調不良の悪夢の金曜日。入浴して、転げるようにベッドに潜る。
土曜日は当番の予定だったが、ISHI君が代わってくれた。
寝ていても納まらない目眩。
お天気が良かったので、畑仕事でもやってみようと、午後から動いてみた。
やり残していたニンニクのマルチかけ。南風が強かったのでマルチが風であおられてしまって思うようにはできない。
でも、たっぷり時間だけはあるので、コツコツ作業をする。
KIMG2666.jpg
だんだんコツを掴んで、作業が進んだ。
KIMG2668.jpg
ニンニクのマルチかけ全部完了!
来年は、絶対にマルチをかけてから植えるようにしよう!
DSCN7210.jpg
昨年は大豊作だった葡萄の3種
食べきれない収穫で、子供たちや職場の人たちにも毎日食べていただいた。
KIMG2672.jpg
日曜日の2日目は、葡萄の剪定と幹の皮剥ぎをやる。
冬期間、害虫が皮の中に入り込んでしまうので、皮を剥ぐと良いらしい。
百日紅のように綺麗に剥けるというが、苦労した。
KIMG2673.jpg
垂直の幹は気持ちよく剥けるのだったが、肝心の横に伸びる主幹は作業がやりにくい。
KIMG2674.jpg
思い切って、余計な幹も落とした。
たっぷり1日かけた葡萄の手入れが終ると、目眩の自覚は全く消えた。
でも、花粉のせいなのか、くしゃみと涙が止まらない。(笑)

体調不良は、2日間の頭の中空っぽ生活の畑仕事で完治!

テーマ : 毎日を楽しむ♪
ジャンル : ライフ

富士山ポーズでこんにちは!広報かわまた3月号 花塚山富士遠望挑戦の特集でした

20170304_1.jpg
7年間におよぶ仲間たちの富士遠望挑戦が特集されました!

PDFでダウンロードできます。是非ご覧ください!
20170304_2.jpg
20170304_3.jpg
20170304_4.jpg
20170304_5.jpg
やったね!おめでとうございます。

デジブックを鑑賞する

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

ニンニクと玉ねぎの成長日記 追肥と今頃マルチ

KIMG2575.jpg
暖冬の為、雪がなくて寒風に吹きさらされてしまい、土も凍み上がり、ひび割れだらけの畑となってしまった。
苗も持ち上がってしまい、特に玉ねぎはほぼ全滅。( ノД`)シクシク…
ニンニクは根が太い為か、かろうじて土の中にとどまっていてくれた。でも地温が上がらないので成長不足の状態。
化成肥料を追肥して土で覆い、水をかけてマルチで覆うことにした。
縦横約15cm間隔で種を植えたので、約10cmに成長した葉をカッターで開けた穴に一本一本通しての作業は、想像以上に手間と時間がかかってしまい、三列の半分しか完成できなかった。
あとは、次に週末しかチャンスがない。積雪となればマルチかけはできないので、お天気次第。
これが「農」の難しさである。
寒さに耐えて大変な作業をやるのだろう・・・ 単に収穫が楽しみだからなのだが、一晩過ぎれば疲れは忘れる。
来年は絶対マルチを張ってから植えるようにしよう!教訓!

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

還暦のバレンタインディ

_20170214_200617.jpg
還暦のバレンタインディ
この年齢でもプレゼントいただけるだなんて、、、、、あと10年仕事しようかな???

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

会話成立

KIMG2480-001.jpg
退所してちょうど1週間が過ぎた。
昨日、帰宅してすぐに寝室に入ると、私の顔を目でおっているし、顔も左右に動かして「・・・・・」と何かを言っているではないか。
手を握って、簡単なやりとりをしてみると、その都度、何かを語ってくる。とても小さな声で活舌も悪いが、コンタクトできたのは間違いない。
今日は訪問入浴の実調があり、明日には入浴もできるようになるだろう。
どんどん回復していく母。そして、愛しくなってくる。

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

暖冬 タマネギとニンニクの越冬が心配

KIMG2460.jpg
楽しみにしているニンニク
例年であればたっぷりの雪に覆われ、雪の下で寒風を免れてしっかり根をはらす時期だけど、むき出しになった土は凍結してひび割れの中から苗が出ている状態。

KIMG2458.jpg
こちらは、タマネギ。 昨年は苗不足で、やっと見つけてきて植えたのになぁ・・・
10本に1本程度の割合で、実の部分が完璧に地表に露出していて、中には枯れてしまったものも多い。
土をかけてあげれば良いのだろうが、コチコチに凍結しているのでできない。

昨年は、マルチを張って栽培したのでこのような状態にはならなかった。これからマルチを張ることも出来るだろうが、苗を穴に通すだけでも手間が大変そうだ・・・

それから、追肥をする時期なのかもしれない。 この時期が一番大事なのだろう。


テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

日本最北限「花塚山からの富士遠望達成」おめでとうございます

DSCN0127.jpg
昨夜、富士遠望達成祝賀会だったけど、参加できず。
今日、帰りがけにお二人組のご夫婦で寄ってくださり、記念品をいただいた。
もったいなくて、なかなかごちそうできそうにないなぁ。
そして、戻ってきた母にも会っていただけた。
山男山女たちが声掛けしてくれたら、しっかり反応してくれてホッとした。
「富士遠望達成おめでとうございます」と言いたかったのだろう・・・

母、特養退所の準備

24217.jpg
3.11震災直後に父が亡くなり、四十九日が過ぎると、母の様子に変化が始まった。
あの時から5年半が過ぎた。レビー小体型認知症の特徴と言われる幻聴や幻覚そして徘徊に振り回され介護申請。
深夜に家を抜け出してしまう事がないように家中の出入り口に細工をしたり・・・
投薬が合わない度に体調や表情もどんどん変化し、母ではなくなっていった。
母も変わったが、自分自身も怒りっぽくなり大声まではりあげてしまう程変わってしまった。
職場はありがたかった。一時でも解放され普段通りの自分に戻れていたが、帰宅する頃には憂鬱になる。排尿や排便の失敗も始まって、休日は見守りを細君に押しつけて、自分だけ登山にでて気晴らし三昧。
デイサービスやショートステイを限度額ギリギリまで計画していただき、細君の負担も和らげることができた。

介護職に身をおいていた自分であったが、母にはどうしても優しくできず、顔を見る事もイヤになっていた。
心の中では死ぬまで在宅介護をと思っていたのだったが、ショートステイの年間利用日数限度の180日間の枠がいっぱいになってしまった時、要介護3以上だと特養の入所申し込みが可能なので、町内にある3施設全部の特養に入所申し込みをした。と、言うか・・・、せざるを得ない心境だった。
CMから区分変更のアドバイスがあり、要介護3から要介護4に改められた。認知症の進行が認められたのだった。
それでも入所待ちは250人を超えていたので、いつ入所が決まるかは亡くなる方を待つだけで、全く先が見えないし途方に暮れた。
老健に申し込んでも施設が少なく、それも順番待ちの状況で、我慢が強いられる日が続いていたが、新しくできた老健で空きがでて3ケ月間だけの入所がきまり、デイサービスから帰宅せずに直行で入所。3ケ月間は「自由」になれると安堵した。
それから先のことなど考えてもしょうがない。退所が迫った時まで考えないように蓋をした。
週1回程度着替えや洗濯物の届けを細君にお願いし、細君に様子を聞く日が続く。
その施設も、普段の仕事で頻繁に出入りさせていただき職員さんとも顔なじみではあったが、母にはいつも会わずに職員さんに「よろしくお願いします」と告げて出てきていた。

(・・・親不孝な息子さんだよね?)って言われていたに違いない。

仕事では同じような方々に優しく接することができ、自己採点でもAランクだろうと自負さえしていたが、母にだけは、ずうっと冷酷な自分だったと思っている。

在宅介護の福祉用具専門相談員という立場で介護現場に訪問する毎日で、親の食事やオムツ交換を献身的にやられている家族も多い。私と同じくらいの息子さんもお母さんのオムツ交換も笑いながらやられているもを見ると愕然となった。
その度に、自分は専門家でありながらそれができない。とても情けなく感じてしまうのだった。

老健に入所して約1ケ月半が過ぎた時、入所申し込みをしていた特養から突然電話が入った。
要介護3から要介護4になったので、どんどん上に繰り上げられて入所できるという事が真相だったのだ。

もう少し在宅介護もできるかもしれないと細君も言ってくれたが、断ると、いつまたお声がかかるか不明である。
母の希望など聞けば「住み慣れた家で過ごしたい」と言うに決まっている。心を鬼にして入所の返事をしたのだった。

入所契約で施設に訪問。膨大な書類の説明を受けたが、署名押印をどんどん進めた。すると、終末期の対応をどうするかという「誓約書」だったかと思うが1枚の書類の説明でストップする。
死ぬまで施設にお願いするか、終末期は在宅で看取るかというもので、またそこで悩む。
その書類が無いと契約が成立しないのだ。

終末期の状態って?
仕事で接する方々の顔がうかんだ。

あのように寝たきりになれば徘徊の心配もないだろうから、ヘルパーさんの力を借りれば在宅での看取りも可能かもしれないと思って、それにチェックを記して渡した。

それから1年半が過ぎた。

突然、施設から携帯に電話が入ったので、何か大問題が発生したと直感。
それは予想を超えていた。
「食事が摂れなくなり、口径摂取が困難で点滴治療をしています。現在の体重は29kgで、終末期と判断しています」
との連絡だった。

施設に電話をかけなおし担当CMと翌日10:00のアポイントをとる。
相談室に通されると、次々に職員さんが入室されてきてた。CM・相談員・看護師・担当介護士・栄養士の方々で、状況説明を聞く。
そして、終末期を迎えているとの事で、入所時の在宅での看取りの意志確認がなされた。
この特養では、最後まで施設にお世話になりたいという方がほとんどであり、在宅で看取りを希望する方は稀であり、家族の気持ちが変わったとしても今からでもOKですよと言われた。
でも、気持ちは固まっていた。「在宅での看取りをしたい。2月10日が87歳の誕生日なので、その日は自宅で祝いたい」と告げる。
職員さんが心配されていたもう一つの事は主たる介護者となる細君のことだった。
一晩負担がかかるので、「奥さんともしっかり話し合いされて、今後をどうするかのご返事をください」と言われた。
約1時間の打ち合わせが済むと、母の部屋に連れていっていただいた。
私は息子でありながら細君任せで、恥ずかしい限りであるが、入所後1年半、一度も母の部屋を訪ねた事がなかったのだ。
デイサービスやデイケアが併設されている施設で、仕事では毎日くらい仕事で訪問する施設だったが、母には会わずにいたのだった。
部屋は個室になっていた。小さい!もとより小柄だったが、あまりにも変わってしまった母の顔を見て愕然とする。声掛けしても反応すらない。口元に耳を寄せてやっと聞こえる吐息。
できるのなら、このまま連れて帰宅したいくらいのショックを受けた。
介護職員と施設看護師の方から更に詳しく経過を教えていただく。
2ケ月前からきざみ食に変わりなんとか食べる事ができていたけど、口に入れても飲み込まないで口の中に残ったままで、目を閉じてしまう。食事介助に約1時間かかっても2割程度の量。
水分もトロミをつけて吸い飲みで少し摂取できる程度で脱水症ぎみ。
点滴を繰り返すようになったという。
手引きでトイレまで歩けて、一部介助で済んでいたけど、水分も足らないので少量の排尿。
2-3日前からは寝たきりとなり寝返りもできないので、2時間おきにに体位変換していた。
いつ床ずれが発生してもおかしくないという。
きざみ食も危険なので、エンシュアリキッドにトロミをつけて、なんとか1日3缶程度は摂取できている。
冷たいポカリスエットやヤクルトなら少し飲めるとの事。
オムツは1日4回の交換。
入浴は体重が軽すぎて浮いてしまうから機械浴で介助も必要。
ヘルパーさんの入浴介助ができれば自宅での入浴もできるかもしれないとも言われる。
大急ぎ事業所に戻り、以前お世話になっていたCMさんに相談し、在宅に向けた準備を依頼。
その夜、細君との話す。「悔いが残らないようにして」と短い返事をもらったのだった。
翌日、その結論を施設CMに連絡し、退所前カンファレンスの日時を決めていただいた。
1週間が過ぎて、施設関係者と在宅介護に必要な訪問介護・訪問看護・福祉用具と家族(私と主たる介護者となる細君)が集まり1回目のカンファレンスがあった。
会議終了後に母の部屋にみんなで行き会っていただく。
2日前と同じように口を開けたまま眠っている。でもマットレスはエアマットに変更されてた。
大きな声で施設看護師が声掛けすると、少し反応があった。
難聴でほとんど聞こえない様子だが、左耳ならば大きな声は聞こえるらしい。
関係者が大勢ベッドを囲んでいたので少し照れくさく思ったが、自分でも声をかけてみたら、確かに少し反応があった。
「息子の声はわかるんだよ!」と訪問看護師のUさん(顔なじみ)が笑顔で教えてくれた。

翌日、往診に来た先生からもお話しがあると聞き伺うと相談室に通された。前回と同じ顔ぶれの職員さんが集まられていた。
在宅支援のCMさんにも同席していただき、少し待つと病院の医師と看護師が入室。

主治医からは現在の病状説明が詳しくあり、在宅での看取りを希望する私に対し、「大変だと思いますが、終末期を住み慣れた自宅で過ごす事は本人にとっても幸せだと思います。在宅では家族といっしょに良い時間をお過ごしください。在宅では山口鶴子医師が伺がうんですよね?」と言うだけだった。遺漏や経管栄養などの延命治療の話があるのだと思っていたので拍子抜けしてしまい、私から主治医に聞いてみた。
「経管栄養も考えましたが、必ず看取りの時がくるし、本人が苦しむだけだと思うので、このまま看取りをしようと決めました。」
主治医からは何も返事がなく、「それ以外に何かありますか?」
「投薬に関して、便秘薬と胃腸薬とアリセプトの3種処方されているのですが、在宅ではアリセプトを止めたいと思っています。入所前にもアリセプトを処方され飲んでいたのですが、よだれが出て食欲も落ち、表情もなくなり、M病院の医師にアリセプトを止めて良いかと確認して止めた経緯があります。そうすると、それらの副作用がなくなり、表情も戻りました。今は、食欲を取り戻す策が大事だと思うので、そうしたいのですが、ダメですか?」
すると、主治医は「そうした過去の経緯や記録がなくてわかりませんでしたので、アリセプトは止めても良いです。」
(・・・何の為に処方をいつから再開していたんだよ!)と内心は不信に思ってしまったが、時間は巻き戻しできないから不問とした。
山口鶴子医師は高齢者終末期医療の第一人者として知られた大先生でした。
順天堂大学におられたが、震災後に故郷の町内に診療所を開設され、終末期ケアに親身に取り組みされている医師で、利用者さん宅で何度かお会いさせていただいていた。

その山口先生のお力も得られる環境となり、心強く思っている。
高齢者終末期に関わる質の社会医学的研究

主治医との在宅での看取りの確認が為され、施設職員との具体的な退所日を決めることになった。
緊急電話が入った時からちょうど10日間。
物的人的な準備もほぼ整い、明後日施設の在宅介護の設備や環境面の実調が予定され、問題がなければ2月1日には退所できる。

主治医と会うまでの間、経管栄養で元気になり、食欲も出て改善できた方にも何度も会う機会があったので、母ももしかしたら回復できるのではないか?せめて春まで、せめて90歳まで・・・ 自然な看取りをすると決めても、一方では延命策も考え始めていたのも事実だった。

いざ、せまりつつある母の死を受け入れることができないでいる自分。・・・弱い!
ふと、ブログを見つけた。「人生いろいろ介護」

自宅で死ぬということ
・・・自宅には過去とのつながりや自分の存在を確認できる空間と時間があります。
何者にも邪魔されない自分だけの世界で人生を振り返ることが出来、納得出来た時に、自分を許し他人を許す事が出来るはずです。

この世で大切な人に出会えたこと、さまざまな経験、人生における苦しみや悲しみさえ、旅立つ時には全てが感謝になり、心から「ありがとう」と言えると思うのです。


死はゴールでなく、命のバトンタッチです、命が自分だけのものでないという気づきが、心豊かに生き抜き、愛とエネルギーを次の命に注ぎ込む事を可能にする事が出来るのではないのでしょうか。
自宅で死ぬ事の真の意味はそこにあるのではないのでしょうか。


筆者の方と何度かコメントをやりとりする。励ましもいただき、私自身の心も整理できた。
DSC03562rr-001.jpg
施設のエレベーターの中で相談員の方に「・・・お母さんは、踊りの先生もしていたんですよね?」と聞かれた。
母がしゃべっていたのだろうか?
花の手入れや畑作業、そして踊りの指導など、毎日忙しく活動していた時を想い出す。

テーマ : 幸せに生きる
ジャンル : 心と身体

ありゃぁ~Σ(・□・;)

KIMG2363.jpg
なんと!ひび割れ!
年取ったなぁと実感の瞬間!
昨日まではなかっら左足の痛み。ぶつけた記憶はないし、その記憶すら忘れてしまっているのかとさえ自分を疑っていた。
そろそろ風呂に入って寝ようと靴下を脱ぐと、痛みの正体が分かった。
これでもクリームを塗ってスベスベ状態。その前の状態はとても公開できないパサパサの皮膚。

油っ気がなくなってきているのだなぁ・・・
中性脂肪はたっぷりあるのに、皮下脂肪は・・・
間違いなく老化傾向にある。ビックリポン!

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

「毎時0.52μ花塚山」デジブック公開


デジブックを見る
除染も終わり綺麗になったのだから線量計なんて不要だと言う人までいる昨今・・・
見えない放射能汚染
線量計だけが闇を照らして道を教えてくれる
盲目的に生きて行ければ幸せかも知れない
でも、線量計の数値が示す事は、現実逃避だと思う

これって、安全なの?

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

初登山は「花塚山」竪岩に会ってきました。

DSCN9989-001.jpg

DSCN9942-001.jpg

DSCN9941-001.jpg



ヤマレコを見る

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: