KIMG3613.jpg
平壌から約1250kmの距離にある我が家
緯度のほぼ同じであるので真東にミサイルは発射されれば射程圏内の位置にあるのだ。
でも、その時にどうしたら良いのか?
寝たきりの母がいる。在宅介護の為に家内がいる。
結論は、換気扇を止め、窓を閉め、見張りして室内を密閉する・・・だけか。
_95008309_cf62329c-d244-4fd5-ba95-87d6e0bdb266.jpg

地下室なんて、町中探してもどこにも無いし我が家は山を抱いていないので洞窟もない。
丸裸状態で北朝鮮のヤンチャに準備しなければならない。
念仏しか、他には方法はなさそうだ。

スポンサーサイト

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

G-Call の解約は電話  つながらない・・・ 解約続きか?

Screenshot_2017-03-15-12-03-42.jpg
お昼休みの何度電話しても話し中。
オペレーションは全国のユーザーに対し、1人で対応しているのだろうか?
解約しないと、マイネオの5分間かけ放題ができない事情があるので、電話をする×56回。

申込はオンラインで簡単にできる仕組みなのに、解約は電話対応である。

結婚よりも離婚は難しい。なるほどね!

テーマ : スマートフォンライフ
ジャンル : 携帯電話・PHS

キンモクセイが香る

DSC_0651.jpg
昨日からキンモクセイが香りだした。一枝切り取って花瓶に挿した。部屋中が秋の香りになる。
DSC_0639.jpg
秋咲きのパッションフルーツも実が大きくなってきた。開花を待つ蕾がいっぱい。
DSC_0638.jpg
パッションフルーツは南国の植物なので、冬越しするには摂氏5℃以上ないと死んでしまう。ハウスとはいっても、冬越しは絶望的なので、新たに挿し木を5本。屋内で越冬させようか?
DSC_0640.jpg
ローズマリーを挿し木していたが、しっかり根が出ていた。
DSC_0636.jpg
成功率99%の99本
3行33列で99本ハウス内に定植。
これをどうするか・・・
欲しい方もいるのであげてもいいが、ローズマリーの垣根をつくろうかと思っている。
DSC_0637_201309281944485a4.jpg
もう挿し木して1ケ月になるブルーベリー100本
まだ根が付かない。
半日仕事となってしまい、午後からあれやこれやと庭先に出て、枯れ葉拾いや芝の手入れをやっていたら暗くなってしまった。
彼岸が過ぎると、日暮がはやい。

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

白菜栽培はどうやればよいいのか

DSC_0545.jpg
昨年までは母が作っていた白菜。
野菜嫌いの自分だったけど、耕運機で耕し、畝(うね)立てするまではやっていたが、肥料は何をどの位使えば良いのかも分からず、JA(職場)の係りに相談。
あまり本気にしてくれなかったのか、この堆肥が良いよとか、化成肥料はこちらをお勧めしますといったアドバイスは無くて、オヨヨ・・・
その足でホームセンターに寄ってみると、安く堆肥が販売されていた。

夕方帰宅してから屋外の仕事を1時間程度やっていたけど、日が短くなり、午後6時半になると真っ暗になる。

そこで、早起きして午前5時から出勤前に野良仕事を開始。
2週間ほど前に苦土石灰を撒いて、酸性化した土壌をアルカリ化する作業をやっていたので、牛糞の堆肥を適量(15㎡あたり40リットル)を撒いて耕運機でまぜる。
鍬で畝を作る。これが重労働である。ちなみに畝幅は90cm
DSC_0542.jpg
中央に深さ30cm程度の谷を作って化成肥料を筋に撒いた。
DSC_0552.jpg
JAのNN-444という化成肥料だが、20kgで約3,000円。高いけど、評判は良い。
DSC_0544.jpg
また土をよせて埋めて平らにした。
DSC_0546.jpg
ゼオライトやカリを使って除染した畑だったけど、まだ空間線量は毎時0.4マイクロシーベルトあるので、白菜に土が付くのが気になり、この畑だけはマルチを張ってみた。
DSC_0551.jpg
こちらの畑は、大汗かきながら表土を5cm剥ぎ取った畑だったせいか空間線量は室内並みに低くて毎時0.18マイクロシーベルトだったので、マルチは張らないで、化成肥料は全面に撒いて耕耘し畝立てした。
帰宅すると、既に白菜等の苗が定植されていた。
苗の間隔は40cmちょうどに均等に配置されていた。(やるじゃないか、(笑))
朝仕事は午前7時40分までかかり、汗だくになったので朝風呂に入ってから朝食。
5分で食べ終えて出勤。
体重は一気に56kgを切ってしまった。

大変だったけど、どこかで楽しいのだと思う。
定植する準備は整った。あとは苗の成長を待つばかり。


テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

McAfee 自動更新案内が届いたけど、解約はどうやるの?

壊れたしまったDELLのPCに最初から入り込んでいたMacAfeeというウイルスソフト。
まじめに契約して5年。毎年契約が自動更新されてきた。
でも、今はTOSHIBAを使っており、別のセキュリティソフトを利用している。
解約したいのだが、案内通りに進んでも、「解約する」とか、「自動更新をやめる」とかのメニューにたどりつけない。
あくまでも自動更新させようという仕組みだ。
マカフィのHPからようやく解約の流れが解った。
20130324qqq.jpg
そして解約完了!
20130324qq.jpg
最後には、未練がましく「貴方のPCは脅威から免れません」的なメッセージがあり脅されたけど、
自動更新って、賢い商売だなぁ・・・


20110211.jpg
グラフを見て、改めて事故直後の被曝量が大きかったことがわかる。
3月12日からの積算で約1ミリシーベルトだった。
何も情報が得られない中南相馬市を走っていて、わずか半日足らずで160μsv被曝してしまったのが大きい。
少しずつではあるが線量は低下傾向にある。
試行錯誤を繰り返し行ってきた除染。
特に効果が大きかったのが芝生の除染だった。
12月に本格的に除染して、地表面で1.6μsv/hだったものが0.6台まで低下。
その結果室内の線量が0.3台から0.2台まで下がったことが大きい。
残す部分は屋根なのだが、焼き瓦(焼き物)なのでコロニアル瓦と違って内部までは深くセシウムが浸透していないと思っている。でも、分らない・・・
急勾配なので、普通には登れないし、・・・若くない・・・
朗報だが、ようやく川俣町でも一般家庭の除染を町の事業として着工するようだ。
これにあやかるしかなさそうだ。
総予算が100億円だという。
でも、戸数で割ると1軒30万以下の予算だから、福島市大波地区で行われている除染の半分程度。

いかに効率的に作業ができるかどうか?
事前調査をしっかり行って、作業計画をたてて行うように願いたい。
我家の場合は屋根だけを丹念に除染してもらえるよう希望したい。
外壁はすでに除染しており、地表面に洗い流れた汚染水がしみ込んだ土は表土をとってしまっているので、また汚染水が落ちないようにしたい。

そんな中で、悩ましい状況が報じられている。原発2号機がまた温度上昇し75度を越えた。
3.12以前の時代に、もしもこの程度の事故が発生していたら、連日特別番組で報じられていただろう。
でも、定時ニュースで取り上げられる程度で、ずいぶん原発事故慣れしてしまったものだ。
もし新たな事故が起これば今までやってきた除染も水の泡。その時の絶望に立向かえるだろうか?どうしても避けたい。


DSC_054320120211.jpg
「純米焼酎 白岳」熊本県    「芋・米焼酎 天文館」鹿児島県   「むぎ焼酎 日田全麹」大分県

ホォ~ (~o~)  酒好きにはたまらないプレゼントをいただいた。 

先ずはさつまいもと米こうじのMIX「天文館」をいただこう。

旨い!

また九州に行きたいなぁ~ 
大分にはまだ行けていない。
九州の登りたい山は大崩山・九重連山・祖母山。

膝の調子を治さないとなぁ・・・

犯人はコガネムシ

DSCF9120.jpg
土コブという
DSCF9121.jpg
朝起きて庭に出ると無数の土コブ
最近ようやくわかったのだが、コガネムシの幼虫が芝の下に生息していて、好物の芝の根っこを食べているという。
250px-Mimela_splendens_1.jpg
2-3年前から発生してきていたが、ミミズ君の仕業なのかと思っていたが、芝が枯れてしまったところもあり、よく調べてみた結果、コガネムシだった。
0ec3ce21edb0082ab26badf2dfc861f3.jpg
こんなのが、地中にいっぱいいるようだ・・・
komeri_4571237701115.jpg
ホームセンターでみつけた薬剤
DSCF9122.jpg
地中に穴を開けて、粉末の薬剤を散布してみた。コガネムシが食べると効果的らしいが、どこにいるのか分らないので、水をかけて浸透させてみようかと考えている。
散布はまだまだ半分以上処理が残っているので、明日も観察しながら対応してみよう。
手間のかかる芝生。
放射線量も高いままなので、いっそのこと剥ぎとってしまい、コンクリートにしてしまおうか・・・

でも、なぁ~~~~

テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

異変 ?

DSCF9112.jpg
朝起きて芝生に落ちた枯れ葉をはいていたら、なにか変な跡を発見。
DSCF9114.jpg
なんだ!これは!(@_@)
気持ち悪いが、何かの幼虫が一箇所にダンゴ状態になってうごめいていた。
塵取りに履こうととしたが、何十匹も芝の中から垂直に出て出てきていて、まだ半分以上土の中に身体が残っていて、箒でははけなかった。止む得ず、スコップで芝ごと剥ぎとって捨てた。
いったい、何の幼虫だったのか?
もしかしたら、芝生の中には、まだまだいっぱいいるのかとしれない・・・(@_@)ギョ!

DSCF9115.jpg
お天気が良かったのでサッシを開けたら、てんとう虫がパラパラと落ちてきた。
上のサッシ枠を見たら大量のてんとう虫!(@_@)ギョ!
掃除機で全部吸い取った。
DSCF9117.jpg
次の仕事は放射能汚染物質除去。一輪車に積んで、100m先の畑に捨てる。
昨年まではサツマイモを入れて、焼いていたのだったが、、、世界が変わってしまった。
DSCF9118.jpg
まだまだ大量に残っている汚染物質。
少し風が吹くとサワサワと落ちてくる。

そうだ!、町内に「東京電力現地相談所」が開設されて、東電社員が駐車場でいつもタバコ吸っているから、枯れ葉を袋摘めして「枯れ葉爆弾」作ってぶんまいてくるか!

テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

草刈りの被爆量は1.80μsvでした

2011019.jpg
DoseRAE2は計測データログが記憶でき、専用ソフトで累積線量をグラフ化できる。
記録間隔を1分に設定して、道路の草刈り団体作業に参加した約1時間の結果である。
これを見ると、記録設定間隔は5分でも良いように思った。
X軸が時間、Y軸が線量である。Y軸の格差が大きい部分があればその時刻にいた場所の線量が高いということになる。
GPSのログと対比すれば具体的な場所も特定可能だろう。
これは使える機材である。

昨日の口太山の記録では間隔が1時間に設定されていたので、記録は3ケしか保存されていなかった。

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

草むしり

終日、野外で草むしり。
7時間やってしまったので、被爆線量は1.52×7=10.64μということだな。
いずれ割安な線量計が発売になるだろうから、しっかり携帯してやるようにしよう。
それにしても、畑は大変な状態になってしまっていた。
放射線を恐れ、3月11日以降は一切草むしりをやっていなかったので、ラベンダーは雑草に覆われて呼吸困難な状態だった。外来種の??オドリコソウとカラスノエンドウが一面に広がってしまっていた。
ニゲラやミントも同様。
とりあえずはラベンダーの周りだけは綺麗にしたのだったが、他はあきらめたのだった。草をとってしまうと、土に直接放射能が蓄積されていくだろうから、今年は雑草に覆われていたほうが良いとおもうからだ。
葉物野菜は作れないというので、今年は一切野菜は諦めた。
近郊の田んぼも、耕運作業は一部のところで開始しているが、7割は作付けしないようだ。
雑草に覆われた水田地帯はかつてなかったので、今年はどんな風景になるのだろう?


テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

24日の放射線予報

re0424.jpg
西風で太平洋側に流れるようなだ。
原発の1号機では「水棺」が進んでいる様子だ。成功してくれぇ!

無断占拠一掃

SA3A0408.jpg
朝から春を思わせるような好天。
データ入力作業にも飽きてしまったので、庭に出て「無断占拠」しはじめていた芝の雑草駆除をやった。
約40坪の芝面積があるので1時間かかってもせいぜい1坪程度しかできなかった。
ガーデンニッパーはとても使いやすい。ただ膝に負担がかからないように箱車に座りながら注意して施工した。
昨年は芝を焼かなかったので雑草の種がいっぱい生きているに違いない。今年の手入れは大変そうだぁ・・・

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

石灰硫黄合剤

d0133125_1921850.jpg
2月に入ったので、果樹とさるすべりの剪定をやり、ご丁寧に殺菌消毒をやった。
使用した薬剤は石灰硫黄合剤。500ccを7倍に希釈。わずか3.5ℓしか薬剤ができなかったので風向きを考えながら大切に噴霧した。
まだ雪が残っていて、けっこう広い範囲が真黄色に染まった。
やっているうちに、腰から下が冷たい。そして臭う。真黄色の薬剤が背中にもれ背負った噴霧器から漏れでしていたのだった。
少々眼にも入ってしまったので、風呂に入り全身洗浄。
午前中の作業で、疲れてしまった。
でも、この苦労が、美味しいプルーンやブルーベリーの収穫にはかかせないのだ。

テーマ : 園芸
ジャンル : 趣味・実用

鬼ケ城の風車


テーマ : 福島県『ど真ん中周遊情報発信センター』
ジャンル : 地域情報


FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: