熊本大地震 深刻な被害拡大に閉口してしまった 

DSCN4858.jpg
スマホに震度5以上を告げる地震警報が頻繁に鳴り続く。
3.11東日本大震災から6年目。
悪夢がよみがえってきた。余震が1ケ月以上続き、福島県も特に道路や山崩れ、ダムの決壊など大きな被害が出た。現在も当時のままの場所も残っている。
今回の熊本地震のように直接的に建物が全壊してしまうような被害は少なかったが、津波によって流され失われた人命は約18000人。加えて、追い打ちをかけたように福島原発がメルトダウン。
今尚、約10万人が帰還できない漂浪の生活を強いられている。

熊本地震
TVでは目を疑うような大きな被害を報じ、唖然としてしまった。土煙に覆われた熊本城や爆破されたような住宅街。巨大な橋の崩落。比較的新しい建物(新耐震基準)さえ、メチャメチャに崩壊してしまった。
報道によると一夜にして97cmも東西に地盤が広がってしまった活断層地震。
そして震源地が活断層に沿って移動中だという。

私は3.11以来、地震が発生すると「原発は大丈夫だろうか?」と直結的に思うようになっていて不安になるのだ。
熊本地震でも当初から再稼働した川内原発と伊方原発が気になっていたが、川内原発は不謹慎というのか?まだ稼働中である。
かつての菅総理大臣が高浜原発を停止させたような英断を下せない安倍総理。
朝刊にも地図が載っていたが、活断層線上付近には2つの原発が存在する事が良く理解できる。

新耐震基準でできた建物ですら崩壊している巨大地震が目と鼻の先に発生したというのに、再稼働の条件をクリアできた原発だから停止する必要はないというのだ。過信にも程がある!これをバカと言わず何と言うのか???

今、この瞬間も、熊本県や大分県は9万5000世帯、約24万人もの避難勧告を受けた方が西へ東へ奔走されている。
この時点で原発事故が発生したらと思うと・・・恐ろしくなってくる。
東日本大震災では原発事故に関連した死者数は1500人以上もいたのである。避難中の過酷な生活によって亡くなられた家族を持つ同僚もいる。
なぜ!3.11震災の教訓を生かされないのだろうか?

川内原発は即刻停止しなければならない!せめて、余震が収まるまでの間だけでも!

20160417.jpg
2010年5月2日撮影:阿蘇登山の帰路、外輪山の峠から振り返る「阿蘇の涅槃像」

美しい熊本が一刻も早く元のような平穏に包まれますように(合掌)
スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

ススキの荒野が広がっていた

DSC_2122.jpg
ススキの荒野と化した長寿山登山口


気持ちはそのまんまで、気がつけば50代後半になってしまった。
震災後1年7ケ月という時間が過ぎたが、まだ自分自身の日常を取り戻したとは実感できないでいる。
「復興」「復興」とTV等では毎日のように言われているが、視界の中にはそれまでは存在しなかった仮設住宅が建っただけの変化で、それ以外、町並みの景観に変化はない。
むしろ、耕作を断念した田畑や荒れた野山が増えている。
今年もアンポ柿は除染を施しても基準値を大きく越えた放射性物質が検出され、出荷は絶望的である。
また今年も収穫放棄されたオレンジ色の花が咲いたような柿の異様な風景がつくられるのだろう・・・

さて、19兆円の復興予算の使い道が今更のように問題視されTVで騒いでいる。聞いていると、問う方も問われる方も、その成果を短期間で数値で示されなければ不正使途となるような議論が展開されている。

「復興」って、そういうものなのだろうか?違うんじゃないのかなぁ・・・?

防波堤や道路などのハード面の工事は急ぐ必要はあるのだろうが、そんなのは数値にどう置き換えできるのだろうか?
中でも、あきれてしまって心までへしおれてしまいそうだったのが、就労訓練の為に3000万円の重機を買って、復興工事の作業従事の役に立てたいという「お話」
額の問題ではなくて、その発想は被災地の住民の心をへし折る重大犯罪行為である。
マスコミを媒体にしてしか現場を知ろうとしない官僚や議員さんが、頭をひねって出せる答えは、このレベルなのだろう。


「がんばっぺ福島」「頑張ろう東北」  どうやって・・・???
気持ちがへし折れてしまったら続かない。そんなそんな強く生きられるとは思えないのだ。


陽炎(かげろう)のような不安定政権下、ドサクサにまぎれて復興資金が使われてしまう事がないよう、一時予算を凍結してでも、しっかりとした政権下で取り組んでもらいたい。
1円たりとも無駄なく生きた金になるようにしてほしい。借金大国なのだから。














テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

久々に震度4 飛び起きる

saikinnozisin.jpg
3時41分、いわき沖を震源とした地震が発生。
連日の暑さで夜も寝苦しく、ウトウトしていたら前ぶれ無しにドカンと大きくゆれ、3秒後に家がきしむほど激しく揺れた。体感的には震度5程度だったかも。

4時に起床する予定だったので、そのまま起き出してTVの速報を見ていた。
ネットで調べてみると、ここ1週間だけのデータではあるが、まだまだ活発に地震は発生している。

原発、、、? 早く収束してくれないかなぁ・・・

不安は続くのだ。

さぁ、山に出発しよう。
今日は、三倉・大倉・流石山の縦走だ。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

巨大地震の後は火山噴火 過去に例外はなかった・・・(@_@)


巨大地震 第3回 “大変動期”最悪のシナリオに備... 投稿者 gataro-clone


巨大地震 第3回 “大変動期”最悪のシナリオに備... 投稿者 gataro-clone

DSCF8580.jpg
そう言えば、吾妻山の噴煙も以前よりも多くなり、高く蒸気を上げている、、、

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

防災シェルター ノア これがあったら救われていた

2020222.jpg
3shoumei.jpg



詳しくはこちら
ぼんやりTVのリモコンをいじっていたら面白いTV番組がやっていて、くぎ付けになった。

地震と津波から生命を守る家庭用シェルター「ノア」の紹介だった。
1. 2mの球体で、FRP製。4人が入れるタイプで約30万。
床があり、その下は収納できるようになっていて、防災グッズや非常食や飲み水をストックできる。
空気穴があり、栓で内側からしめることができる。
また、小さな小窓(円)もあり、内側から開閉できるので、汚物などを外に捨てることができる。
バッテリーなども備え付けておけば、漂流していたとしても長時間耐えられるだろう。

これが一家に1つあれば、あの津波で多くの人は助かっただろう。
素晴らしい商品だ。
高額な耐震補強などをやるよりも、ノアの方が確実に生命を守ることができそうだ。
大ヒット商品のようで、注文しても納期は1年待ちだそうだ。

ただ、弱点は、火には弱い。それから、直径1.2mあるので、一般のドア幅80cm弱の住まいでは搬入が困難。マンションやアパートではベランダから吊り上げるしかないのだろう・・・

放射線に対しても無力だ。オプションで良いから内側から鉛入りシートを貼り付けた商品があれば良いのだが・・・

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

あの日から7ケ月 合掌

DSC_0048.jpg
25年前、住職が三春の滝桜の種から芽生えた苗木を南相馬に運び、育ったという。

20111016.jpg
あの時から7ケ月ぶりに南相馬に向かった。
緊急時避難区域の指定は解除されたが、広大な農地は手入れされないままだった。今頃は盛んに稲刈りで賑やいでいたに違いないが、雑草が枯れ荒野となっていた。
平地の空気中の放射線量は0.16程度と幸い低いレベルだったが、以前のような町の活気は感じられない。
でも、故郷の土とともに、必ずや昔のような浜の爽やかな空地と光、笑顔が戻ってくるだろう。
強く祈りながら香をたむけてきた。

テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

対応が遅いアスベスト対策

img_30758_2988825_0.jpg

厚生労働省は5月11日、ようやく第1回目となる東日本大震災アスベスト対策合同会議を飛来、、これまでの取組や予備調査結果、今後の進め方についての会議をもった。
アスベスト

アスベストに関して、震災後いちはやく活動が開始されたのはボランティア団体によるマスク支給等の活動だった。
アスベストとは・・・
石綿(いしわた)のこと。髪の毛の5000分の1程度の細さで無味無臭。見えない。同じ見えない放射能線の場合は線量計でその場で有無がわかるけど、アスベストは光学顕微鏡やX線分析をしないと分からないから、対応はやっかいだ。吸い込んで体内に入ってしまうと溶けなくて排出されないで残留し、肺癌や中皮腫の原因となる。
2005年6月、尼崎市にあるクボタ旧神崎工場の従業員とその家族、工場付近の住民が、アスベスト繊維の吸引に起因すると考えられる中皮腫、肺ガンで死亡し、社会問題となった。
現在も、第一原発周辺で連日捜索活動が行われている。作業にあたっては白いタイベックスーツやマスク・手袋に白いタイベックシューズカバー等が使用されているが、それらは全てアスベスト除去等の時に義務化されている装備で、飛散度に応じ3段階の装備が決められている。
photo08_asbesto_l.jpg

吹付け石綿等の除去の場合は顔を全部覆ってしまう装備で行われる。
自分自身も、アスベストの分析や除去工事の経験もあり、その時の肉体的精神的苦痛を思い出し、同情して報道を見てしまう。
実は、このスタイルは、原発周辺だけでなく、震災で瓦礫と化した被災地復興の現場でも行われなければならないと危惧しているのだ。
阪神大震災でも、また9.11テロでも、大量のアスベスト粉塵が飛散して一般市民や消防士が被爆してしまったことが、ほとんど報道すらされていない。
放射能の恐怖は広島・長崎原爆によって全国民が理解しているが、それも正確ではない。
しかし、アスベストの健康被害の認識の低さには相当の温度差を感じてしまう。
f51c64a5.jpg
現在、被災地では、過去に経験したことのない大量の瓦礫撤去が進行中である。瓦礫は被災地で重機によって粉々に砕かれトラックに積まれ、養生シートもなく廃材むき出し状態で街中を粉塵まき散らしながら走る・・・
アスベストは吹付け材だけだと思っているのだろうか?
asbestos_img_01.jpg

アスベストは板状に成型された建材がいっぱいあって、工場や一般住宅にも大量し使用されていた。
9gtrggimagesCAVC2INW.jpg

普段は飛散しないけど、割ったりすると飛散してしまう。粉々に砕かれ粉塵化してしまったアスベスト建材は吹付けアスベストと大差はなく、水などで濡らせば飛散しないけど、乾燥すれば飛散する。
厚労省は、現場や被災地そして周辺に対し、解りやすくポイントだけを絞った説明と広報することは直ぐにでも出来る対策だ。

テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

地震兵器 HAARPって何?




その関連で見てしまったサイト
http://youtu.be/_uormqqiSZ4
http://youtu.be/uQY75yXdaRk
http://youtu.be/0XgBHveRNMU

130333941218416113251_b649ed07d01118e8ca673f2f6630d1a2.jpg
そうだとすると、人災?
誰?
ロックフェラー?
何故?
経済戦争が始っているというのか・・・

また地震だ
これもそうなのか?

テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル : その他

地震直後の雪が気になっている

3月11日の大地震。
大きな揺れが収まったから外に出ると、急に風がでてきたと思ったら大雪となった。
浜でも、郡山でも同じような現象がおきていた。
春先の不安定な気候現象とは思っていたが、地震が発生する前の時間帯は良いお天気だったのに、大きな変化に驚いていた。忘れられない。

テーマ : 生きること
ジャンル : 心と身体

これは使える!緊急地震速報

zisinyoti.jpg
DLはこちら
友人のMさんのグログに紹介されていた緊急地震速報。PCに常駐して、地震発生前に設定した場所(県庁所在地)の地震速報をアラーム音と同時に立ち上がって教えてくれる。
無料のサービスで、確かに作動した。

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

余震!震度6+ 

また大きな余震が発生すると言われていたが、M7.3とは・・・
津波警報が発せされ息を飲んでTVを見ていた。仙台市は停電し、宮城野区では火災が発生したと報道されだ。
また、多くの方が怪我をされたようである。
我家では震度5+で、幸いに茶碗が1ケ棚から落下して割れただけで済んだが、配管接合部や地盤状態が不安定になっているだろう。

ずっと強い余震がまだ続いている。

気になる放射線。今日は強く南風が吹いている。
ようやく日常の生活パターンが戻り始めていたのだったが、まだまだ終わってはいない。

ベル204Bの機影だ

DSCF6342-1.jpg
北の空から南下していったベル204B
2枚メインローターのおたまじゃくし。ベトナム戦争当時から飛び続けているヘリだ。ちなみに福島県警の「バンダイ」はベル206B。
バートル程重い音はしないけど、独特の重厚音が聞こえてきた。
毎日、頻繁に自衛隊のヘリや車両が往来する。被爆しないようにしっかり身を守り任務遂行にあたってほしい。
403.jpg
今日は数値が上昇していた。原発の安定化作業が一進一退しまだ先が見えてこない。放射線飛散防止まで順調に進んでも6ケ月などという報道があった。このままのレベルがその期間続いたら累積で10ミリシーベルトにも達してしまうだろう。大人はともかくも、子供や赤ちゃん、そして妊娠中の女性やこれから妊娠を考えている若い男女に対して真実を伝えてほしい。それとも、もう手遅れなのか?深刻な状況を予想してしまうのは私だけではないだろう。
一般の大人であっても暑い地獄のような夏もやってくるが、窓も開けずに生活しようとすればエアコンもつけっ放しになるだろう。
停電でもしたら脱水症も多発するだろう。出生率は大きく低下し、老人は弱って亡くなっていく。
世界中、有名になってしまったFUKUSHIMA。早く光が射してほしい。

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

屋根に被害が見えた仙台の実家

ガソリン不足と渋滞で途中から引き返してしまい、まだ行けないでいた家内の仙台の実家の様子は、グーグルアースで完璧に確認できた。
wakabayasizikka.jpg
おやじ自慢の寄棟の瓦屋根。下屋は大丈夫だったけど、2階の母屋の棟の瓦だけが崩れてしまい、ブルーシートで覆っている様子が見える。
wakabayasizikka2.jpg
拡大してよく観察すると北側の下屋にもブルーシートがかかっているから瓦がずれてしまったのだろう。それ以外の瓦も光の反射がまちまちだから、ずれてしまったんだなあ・・・
TOYOTAカリーナは無事の様子。物置もしっかり建っている。塀も倒れていない様子で、ひとまず安心できた。
グーグルってすごいなあ
fuzituka.jpg
おやじの実家は名取の海岸端である。仙台空港の北側にある藤塚だったが壊滅してしまっている。家は一軒もない。墓地もさらわれてしまったが、幸いに親族全員無事だった。


tenki331.jpg
昨夜10時頃から朝までの間、の風向きが南南東の風だった。今日は放射線量が多いだろう。憂鬱

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

こんなになってしまった!被災後がわかるグーグルアース

地区の見取り図作成の為に久々にグーグルアースで空から眺めていたら、なんと原発の屋根が吹き飛んでいて、特殊消防車や海水をくみ上げる機器・放水ホースまで見える。
331genpatu.jpg

331genpatu2.jpg



そして潮干狩りで賑やいだ相馬松川浦
matukawaura22

matukawaura06

331matikawaura.jpg

331matikawaura2.jpg
なんと、道路が決壊してしまっているではないか!
内地の道路を越えて無数の船が座礁してしまっている。このどこかにまだ残されているというのか(悲)
恐しい世界が続いている。


fukushima_331.jpg

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

先輩!ありがとうございます

■ 広瀬隆3月24日収録講演ビデオ (約110分)

■広瀬隆3月19日収録インタビュービデオ(約80分)

■広瀬隆3月19日収録インタビュービデオ(約80分)

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: