11.22 福島県沖M7.4発生 続く余震

前日から長男家族がやってきて、翌日にせまったマイホーム購入の最終取引の準備確認をして楽しく会食し早めに就寝。
福島第1原発から直線65kmも離れた福島市内でも高濃度の放射性物質が飛散し、特に小さな子供を持つ方が多く県外に去っていかれた。
当時、初孫の出産準備でお嫁さんは実家の相馬に帰省する予定だったが、3.11はその直前に発生した。
2ケ月後に家族が避難した郡山市の病院で無事に誕生。
その郡山市も汚染されてしまっていたので、特に赤ちゃんの健康被害を心配して1ケ月もたたない時期だったけど、孫たちは東京に戻り棟をなでおろした。
でも、5月末に父が亡くなり再び家族や親族が集まったが、都内に住んでいた父の兄弟である親族は放射能被ばくを恐れて来なかった。当時は放射能汚染による健康不安を払拭できる十分な情報は少なく、線量計を見つめ、出来るだけ室内に留まる生活を強いられていた。葬儀の時の室内線量は毎時0.4~0.5μsvをさしていた。
葬儀が終ると、子供たちや孫はその日のうちに帰したが、地元のそして大人たちは、放射能によるガンで苦しむ前に寿命が尽きるなどとお道化ていたことを覚えている。

あの過酷事故から5年半。孫も4人に増えた。原発事故以前の福島を知らない世代である。

子供たちの家族も孫の成長に合わせ借家生活からマイホームを探し始める歳になってきた。
この夏に子供たちが中古物件を見つけ相談を受けた。原発事故後県外に自主避難された若いご夫婦が住んでおられたもので、避難後は空き家状態で、多額の住宅ローンを返済し続けていた。敷地内に埋めた一時保管した除染廃棄物がまだ残った状態だったが、立地が良く、屋外の空間線量も毎時0.1μsv以下となり、また建物も高気密高断熱新耐震基準の物件だったので購入に賛成した。
廃炉作業がどうなって行くのか不安はあったが、3.11のような大きな地震はしばらくは発生しないだろうし、福島の原発は再稼働は出来ないだろうと願っていた。
11.22には残金取引を行い、登記移転して念願のマイホームに初宿泊する予定で、車内には寝具を積み込んできていた。
KIMG1982.jpg
6時前、ガタガタガタガタと揺れが始めどんどん強くなりとび起きて1階に駆け下りた。
(3.11の時は余震でも揺れを追いかけるように山がうなる音も聞こえていたことを思い出す)
既に長男が起きていてTVを見つめていた。
小さな孫を抱いてお嫁さんも起き出して、「どうしてこの日なの!」とやりきれない表情。みんなでTVを見入った。
3.11の時には停電してしまい、TV中継所のアンテナも停止して、一切の情報が途絶えていたことを思い出した。
あの時の津波では親族を2人亡くしていたので、浜の方には自己判断せず避難してほしいと願った。
長男は朝食もとらずに、職場に単身戻っていった。そうするしかない立場だった。
20161122.jpg
飛散物質を覆っていたシャルターが撤去され、むき出し1号炉。建っていた!
20161122_2.jpg
ここは内陸なので津波被害はないが、原発から直線で40kmの位置にある。
インターネット回線も支障なく、ライブカメラで原発の状況を知り一安心。でも1~3号炉の使用済核燃料はがれきの中にそのままm残った状態で冷却し続けていないと過酷事故になる。
我が家の地震による被害は幸いになかったが、職場に向かう途中、浜方向に向かう県警の数台の特殊車両とスライドした。
職場は、2階の会議室の天井が一分落下していた程度で済んだが、3.11の時はガラスも割れ、壁もヒビだらけ。
表面を補修しただけで現在も使用中。危険度判定を希望しても無関心の本部・・・
余震は今でも続いている。幸いに停電は避けられたので、大きな混乱はなく通常勤務ができた。
お昼過ぎに、息子家族から無事に取引完了できた連絡も届き一安心。
11.22(夫婦の日)と言うのだそうだが、「フゥーフゥー」の日となった。


スポンサーサイト

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

リアルタイム線量測定システム、避難区域外は撤去? 逆だろう!!!

DSCN3804.jpg
福島県内約3000か所のリアルタイム線量測定システムが、29年度以降避難区域外の2400基を撤去するという記事が出た。
理由は端的に言いかえると、規制委の田中委員長が、事故前のレベルになっているからだと言うのだ。
KIMG0841.jpg
表示は0.200μsv/h
今日現在の直ぐ近くの集会所のモニタリングポストである。
周辺はまだ雪に覆われているので、積雪前よりも低くなっているが、これでも事故前の線量だと言うのか???
20160211_3.jpg
大雪前は毎時0.24程あり、集会所に住んでいたら年間2ミリ以上にもなってしまう高線量のままではないか!
一向に進展しない廃炉作業や原発再稼働の報道を毎日聞いていると、国の方針には疑心暗鬼になってしまう。
県民の多くは同じ想いであると思うのだ。
昨日から、春風のような強風が吹き荒れているのだが、天気予報では常に風の向きを注視する習慣化されていて、原発まで40kmは離れていても、廃炉の目途がたつまでは安心できない生活が続く。
その間にトラブルが起これば再度放射能汚染のリスクは残っているのだ。
また、除染により発生した放射性汚染ゴミを減量化させる為の中間焼却施設が稼働し始めており、更に5km圏内にも新たな償却施設が建造されようとしている。
今まで以上に目に見えない放射線のモニタリングは重要であり、この地で安全な生活を営み続けていく為のレーダー的価値がある。
むしろ、様々な損害賠償すら見捨てられてしまった避難区域外こそ、もっときめ細かくリアルタイム線量測定システムを拡充していく必要があると思っている。金なんていらない! 線量計を配置してくれ!






テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

こしあぶら 立子山1290ベクレルおとろき




自家用農産物等放射性物質検査結果が毎月2回回覧板で配付される。
山菜は減少している様子はなくて、たけのこ、わらび、こごみ、こしあぶら、てらの芽は広範囲で基準値超。
特にこしあぶらは桁外れの数値。
最近は会津の山歩きで旬の山菜を見つけて採取して食べたりもしているが、よく調べてから食べるようにしよう。
自分自身、緊張感が薄れてきている。

5月1ケ月間の放射能被曝線量結果

20150604.jpg
事t故後5年経過した時期から、自宅にいる細君に常時積算線量計を持って過ごしてもらい、そのデータを集積している。
自宅室内や屋外・畑など、事故前と同じ日課を過ごすした状態での被曝線量が知りたかった。追加除染も終了し、今後は半減期を待つだけの生活が死ぬまで続くのだから、安心して生活を送っていく上では、当たり前の動機だと思う。

結果は、1ケ月平均の単位時間あたりの被曝線量は0.1164μsvだった。
この数値に×24時間×365日≒1年間の被曝線量となり、ちょうど安全の目安である1ミリシーベルト。

データをよく観察すると5月10日が4.33μsvと高い。グラフで見ると良く見えてくる。
この日は、口太山の山開きの手伝いで登山口に長時間滞在していた時だった。

除染が終了しているところは住まいとその宅地、そして主要道路に限られ、それ以外は全く放置されたままであり、安全エリアから少し足を外すだけで2倍近い数値が計測されるのが現実。
DSCN9527.jpg
5月30日は、次男家族がやってきて、その日は真夏のような陽気となり、除染後の庭で水遊び。
毎時0.2μsv程度の空間線量があるので、30分程度で終わった。
やっと歩き始めたばかりの孫ちゃんには全く理解できないだろうけど、そうした気使いが今後もずうっと必要なのだ。

屋外で、楽しい光景を眺めていると、「原発事故は収束した」と言いたくなってきてしまう。
でも、この地から40km離れた福一原発の廃炉作業は、汚染水対策すら抜本的解決の目途も立たず、新たな被曝の懸念は払拭されていないのが現実である事を忘れてはならない。



テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

「・・・体重増えていませんか?」これって県民健康調査なのか? 

IMG_20141216_191332-001.jpg
いまだに、こんなに金かけて、データ採りの健康診断に行く人いるのかなぁ?
今回のキャッチフレーズは「・・・体重増えていませんか?」・・・(笑)
原発事故後の福島県民の健康を真剣に考えての事とは思えない!

たとえ、白血球に異常がみつかったとしても、「直接原発事故との因果関係は認めにくい」で終わるだけだろう。
お飾りはもうたくさんだ!

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

現在進行形 「福島の放射線被曝」

1411596630835.jpg
お彼岸が過ぎ、急に日が短く感じるようになった。
今年も彼岸花はこの時を待っていたかのように満開。
1411596653142.jpg
綿毛のタンポポも健気に感じてしまう
DSC_5436.jpg
さて、事故後3年半経過した我が家の空間放射線量は、室内では毎時0.13μsvから減少しないで経過している。
休日(9月23日)の、ほとんど自宅内か庭先で過ごしていた1日当たりの積算線量は3.00μsv
自宅周辺では除染が終わっても毎時0.7μsvを超える場所も残ったままで、できるだけ避けて過ごしている。
年間に直すと3×365=1095=1.095ミリシーベルト>1ミリシーベルト(安全だとされる年間被曝線量)
1411635076785.jpg
翌日から仕事だったが、24時間後の積算線量は2.36μsv。自宅で過ごすよりも約20%減の数値だった。
年間の職場通いの日数は5×52週=260日
年間の職場以外の日数は365-260=105日・・・いやぁ、、、遊んでいるなぁ
その日数で被曝線量をまとめると
2.36×260+105×3.00=928.6=0.9236ミリシーベルト
積雪期は30%程度遮蔽されるので、0.9ミリシーベルト以下になるのだろうと推測できる。
でも、昨夜10時頃に福島県沖(原発沖)を震源とする震度3程度の地震がたけ続けに2回発生。
線量計の数値だけでは安心しきれない日が今後も続くんだよね~

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

1年前の放射能再汚染を今になって知るとは・・・手遅れだぜ

20140724.jpg
約1年前の昨年8月15日から22日にかけて、ふくいち原発3号機のがれき撤去作業時に1兆1200億ベクレルもの大量の放射性セシウムが空気中に飛散して、福島は再汚染されてしまった。あの時と同じ北西方向の風にのって50km先まで飛散。
ようやく東電はその事実を認めた。
それが解ったのは、米の検査で規制値(100ベクレル)を越えた汚染米の原因究明の中で発覚した。しかし、東電は今もその因果関係を認めようとしていない。
米はもちろんの事、大地は再度汚染されてしまったわけである。
廃炉が終了するまでの長期間、今後も、同様な再汚染はありえるわけで、事故が発生しても1年後に事実を告げられるだけなのだろう想像できる。
このことに関しては、新聞報道で知るだけであり、町からの説明は一切行われていない。
こんなデタラメは危機管理下で再汚染の事実も告げられずに避難区域解除して帰還しろと言うのだ。
再汚染事故が発生しても避難が必要か否かの検討もされないで野放し状態

川内原発再稼動が話題になっているが、ふくいち原発事故の教訓など全く活かされていないだろう。
事故が起ったら、福島のように手がつけられなくなり、帰還は不可能になります。廃炉作業では再汚染も発生し、その時は避難指示などできませんから自己判断で行動してください。まぁ、再汚染した時は教えませんけどね。」と言わなければならないだろう!!

やはり、、、福島は危険だよなぁ・・・風評被害を恐れて汚染まみれになるのは本末転倒ではないか?
トボケの東電と意地悪な政権下では人間扱いされないのが日本なのだろう(悲)
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

テーマ : 原発再稼働
ジャンル : 政治・経済

急性リンパ性白血病の原因は?それって昨年8月19日の放射能汚染?

続きを読む

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

源氏蛍  何年ぶりだったろう・・・

DSC_4888.jpg
毎晩の夜9時のワンコ達との散歩
オヤ?蛍だ。
光の手を差し伸べると、直ぐに手の平に乗った。
子供のように嬉しくなってしまい、宝物を手中にし家に戻る。
DSC_4887.jpg
なんとも言えぬ柔らかな光が手の上で点滅する。
心を明るく照らす光だ。


本日、大手電力会社の株主総会が開かれ、株主からの「脱原発」の議案は例外無しに「否決」された。
大手電力会社の経営状態は厳しく、原発再稼動は不可欠と考えている。
最終処分の回答もできないまま、今日明日の利益のみしか考えようとしない経営ビジョン。
新世界に視線を向けた電力会社は一社もなかった。
目先の利益をむさぼろうとする株主の利益の為に廃炉できない日本の現実に失望してしまった。
この感覚は、放射能汚染を体感しなければ理解できないのだろうか?
原発事故が起れば、東京電力のパワーでさえも元通りの生活と環境を取り戻すことはできないばかりか、国からの援助が
なければ企業自体吹き飛んでしまう程の天文学的な経費がかかる現実を我が身として認識できない。(認識したくない)

原発が文明にとって良いか悪いか?
単純な判断がなぜ人間はできなくなってしまったのか。
それは、サルと人間との違いなのか?
追い詰められた人間は、単純な判断ができなくなる。
それは、単に「金」という価値感の違いなのだと思う。
「金」さえあれば幸せになれるという「幻」(まぼろし)

そんなものは、一瞬で吹き飛んでしまった。

それが「福島人」以外には、解らないのだろうなぁ・・・(解りたくないのだろうなぁ)

「蛍の光」を見て、思うことだった。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

昭和55年ぶりの大雪 でも線量低下はわずかだった

DSCN0862.jpg
昨日からの寒波で、約60cmの積雪となった。
幸いか、土日の休日となったので仕事にも支障なく、連日の雪掃きで終われば良い運動ができたかな?
DSCN0848.jpg
万一の停電に備え、ストーブや発電機の点検までやっていたけど、一夜明けて外を見ると唖然とした。
庭先にあるビニルハウスが潰れてしまっていた。
我が家だけなのかと疑って、近所の様子を見ると、、、我が家だけだった。
ハウスの中心にポールを立てる準備を忘れていた事が原因だった。
フレームは逆に折れ曲がってしまっているので、修繕は困難な状態。
暖かくなった4月頃に撤去するしかない。

1391944226823.jpg
60cmも積雪があるのに、室内の空間線量は毎時0.11μsv
そんなものなのか・・・
放射線って、どうやったら遮ることができるのだろう?
でも、いつも0.14程度だったのが0.11になるのだから凄き低減なのだから大雪に感謝しよう。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

放射線モニタリングポストが増設された

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

DoseRAE2 線量計 そろそろ寿命だろうか

DSC_0659.jpg
原発事故後、直ぐに購入した線量計
とはいっても入手が困難な上、初めての特殊な機器の購入だったので、ずいぶん迷って購入した。
届いたのは6月上旬で、価格も当時は7万円程度だった。
今調べてみると3万円以下で購入できる商品だった。
一回の充電で連続200時間程度動作でき、2年3ケ月の間、OFFになる日はなく、ずっと日々の積算線量等の記録に活躍していた。
でも最近、突然2日間程度でバッテリーが無くなってしまい、充電すると、1時間程度かかっていたのが3分程度で終わってしまうようになった。
連続使用したかったが、いつバッテリーが切れてしまうかわからないので、空間線量を知りたい時だけスイッチを入れる利用にとどめるようにした。
リチウム充電器内臓の機器はデジカメ等も小型軽量で便利なのだが、バッテリー交換が必要になる時期が必ずくる。
でもこの線量計はバッテリー交換できるのかが不明。
でも、2年以上も休み無く線量をカウントし続けてくれたので、満足している。
お疲れ様でした。


バッテリー交換を思いついたが、難しそうだ
20131002.jpg
コイン型のリチウム電池がハンダ付けになっているようだ。
やめた やめた

テーマ : 環境問題・地球温暖化
ジャンル : ライフ

「原発30km 大滝根山」デジブック公開しました

DSC_0607q-001.jpg
大滝根山で採取したムラサキシメジの放射性物質検査結果が出た。
セシウム134  138Bq/kg
セシウム137  294Bq/kg
合計432Bq/kg
基準値超過という結果だった。
それぞれの半減期を計算してみると、60年後にならないと100Bq/kg以下にはならないという事だ。
ムラサキシメジ以外のキノコも同様なのだろう。もう、生きている間は福島県地物のキノコは食べられないという事が明確に解った。
もちろん100ベクレル以下なら安全だという確証などない暫定基準にすぎないから、癌になりたい人だけが食べられる。
キノコが食べられなければ生きていけないということではないが、以前は道の駅などで旬の野菜や山菜がてんこ盛りに販売されていたが、そうした風景は消えてしまった。
なんとも虚しく悲しい現実である。
安倍総理には是非とも福島のキノコを食べてほしいものだ!


テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

プルーン 検出せず

DSC_0012.jpg
梅雨がまだ明けない。異常に長く感じる今年の梅雨。
気がつくと、プルーンの実が色付き食べごろになっていた。
長い雨が原因で、カビが出てしまい、実の中からゼリーが垂れ落ちてきている実もいっぱい。
先ずは熟した実の収穫。
皮を剥いて1kgを放射能検査に出した。
DSC_0051.jpg
検査結果は「セシウム134検出せず」「セシウム137検出せず」だった。
ただし、測定機器の精度の問題があり、合計25ベクレル/kg以下は不明。
以前と違って、各地区の公民館等に測定機器が設置され、専門の検査員が常駐しているので、検査依頼すると、その日のうちに検査結果がわかるようになった。

食物繊維が多いプルーンは便秘がちの家族にはありがたい果物で、原発事故以前は、この時期毎日食べていた。
3年ぶりに口に入れる。
「うん、うん!この味だ!」と思い出し、楽しく食べた。

実のなる果物栽培が楽しくて、ブドウやキューイ、ブルーベリー等、いろいろ作ってきたが、今後も放射能検査を怠らないように確認していきたい。

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

ヤマレコで知る放射線量 大嵐山山頂は0.22~0.24

yamarekonodareka-001.jpg
ヤマレコで「最近の登山で会ったかも?」という山案内があり、訪ねてみると同じ大嵐山山開きに参加されていた方のヤマレコの登山記録だった。
写真を見せていただくと画面中央に確かに自分自身が写っているではないか。
一人旅だったので、自分を撮影するには苦労するのだったが、このようなことで自分の姿を確認できるなんて、素晴らしいと思ってしまった。
DSCF7539.jpg
そして気になった記事であったが、同じく放射線量を計測されていて、山頂では0.24μsv/hあったという。
自分も計測していたのだったが、0.22μsv/hあり、隣接する佐倉山では0.05μsv/hだったので、誤動作していたかと思って未公開にしていた。
でも、、、この方の計測とそう変わらなかったので正しい情報なのだと思う。
標高も1500m級あり、高い所の方が放射線量は残っているのだと改めて実感してしまった。
登山後にふるまわれたすいとんには地元のワラビがいっぱい入っていたし山菜の油炒めもふるまれていて食べてしまったのだったが、、、やはり、、、そうか、、、

 


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : ライフ

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: