Makitaの充電式草刈り機届いた♪

KIMG4286.jpg
畑仕事の他に、道路や河川、登山道の草刈り等、一年の中で春から秋までの間、頻繁にある草刈り作業。
いつ購入したのかさえ記憶にない背負い式の2サイクルエンジン式の草刈り機を長く使ってきたが、iスタートで比較的簡単にエンジンがかかる機種だった。
でも、斜面などで少し前かがみになるとエンジンが停止してしまい、背負い式なので一度下ろしてから再度エンジンをかけなおしたり、草刈りの刃を交換しようとしても止めナットの角が擦り減ってしまい丸くなって外すことができなくなって修理に出した。
パワーは十分だったけど、約1時間程度連続作業すると、コタコタに着かれてしまい、朝など作業すると、その日一日だるくなりテンションは下がりっぱなしだった。
振動や機械の重さに以前ほどの体力がなくなってきたのだろうか・・・

そこで、軽量の草刈り機に買いなおそうと、あれこれネット検索すると、充電式草刈り機の存在を知った。
なんとバッテリーを搭載しても3.3kg。エンジンではなくてモーターなので静粛で振動がなく、面倒な混合ガソリンを入れる必要がない。

18Vタイプの機種にしたが、三段階のスピードを選択でき、運転時間は低速の場合約110分。中速45分。高速35分。
トリガーレバーから指を外すとモーターが停止するので、作業中、移動する場合はスイッチを簡単にOFFにできるので、自分の作業規模では途中でバッテリーがきれてしまうようなことは少ないかもしれない。
予備のバッテリーもあれば良いのだろうけど、1ケ14000円程度するので、しばらく様子をみようと思う。

早速、庭の長雨でのび放題の芝生で試運転してみた。
低速モードでやってみた。一切振動が感じられなく、刃が回転するヒューンという音だけで、静かだ。
新しい刃なので面白いように切れた。
スイッチから指を放すと、回転していた刃はブレーキがかかってすぐに停止した。

混合ガソリンは1リットル当たり約300円し、作業時間は約1時間で補充していたが、これからは充電で済む。充電時間は22分程度。
その間は休んでいれば良い。
明日、雨が降っていなければ、草だらけになってしまった裏の公園のボランティア草刈りでもやってみよう。
スポンサーサイト

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

雨でも収穫。農は楽しい

KIMG4272.jpg
長雨が続く。そして、こんな低温が続くお盆って今まであっただろうか・・・?
キュウリの曲がり具合いで確かに異常を感じるけど、毎朝、トマトやブルーベリーは収穫で忙しい。
KIMG4270.jpg
生産農家ではないのだけど、NHK教育放送の「野菜の時間」が楽しくて、そのまま実践した結果、大量に収穫できるようになってしまった。
鈴なりのトマトの収穫は実に楽しい。その場で洗わずに口に入れてしまうこともしばしば。
KIMG4275.jpg
幸いに、お盆で2組の子供たち家族がやってきたので、採りたてのトマトやメロン・スイカを持たせて帰した。
頂き物の熊本産晩柑も添えた。
KIMG4277.jpg
自家製としてはほどほどに出来たメロンは兄弟喧嘩がないようにサイズをチェックして準備。約直径12cm(笑)
来年はもっと大きなサイズの物を作りたい。

自己満足だけど、食べる喜びよりも、喜んでくれる子供たちや孫たちの顔を見たいのかな?

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : ライフ

いよいよメロンの収穫 上出来!見とれてしまう(笑)

_20170811_192428.jpg
2年前に苗を購入。そして3年目の夏。
直径5cm程度のメロンが二つ収穫できただけだったけど、家内がその種を保管していた物を翌年に撒くと、なんと期待してはいなかったけどたくさん発芽し、ビニルハウス内と路地で育てるようになった。
昨年の栽培結果は、ビニルハウス内の物が病気の発生もなく、我が家で味わう程度の収穫ができた。
そして、また種を採取しておき、今年はビニルハウス内オンリーで20本植え付けできた。

完全無農薬栽培

受粉は天然の蜂に仕事を任せ、結実した孫弦の実だけを残して摘果。
その結果、1本の苗に約5個のが実った。

でも、各個の成長には差が生じて、主弦が枯れてしまい、小さなままで萎れてしまったりする物も多く、難しい果物だった。

数打ちゃあたる!・・・素人ですからね。

でも、数は少ないけど、こんなに立派なメロンが出来ただけでも大満足!

良い物は仏壇とご贈答用に使うようにし、少しずつ収穫を始めた。
KIMG4262.jpg
成長途中、網目も不十分なまま墜ちてしまったメロン。
捨てきれずに縁側で熟成。
色が飴色になるのを待って家内と二人で食する。それでも甘くて美味しくて、楽しいのだ。

一番大きく綺麗に成長中の物だけは家内へのご褒美にとっておこうと決めている。(自家用・・・(笑))

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

農は楽しい

KIMG4240.jpg
本来は野菜嫌いで今でも大根だけは食べないけど、栽培し収穫する楽しさを知ってしまい、気が付けば、立派な野菜や果物を人にプレゼントすることにも喜びを感じているようだ。
先生はNHK教育TVの藤田先生が出てくる「野菜の時間」なのだが、畑仕事って、無心になってうちこめるので、ストレス解消が出来ているのだと思う。
家内と寝たきりの母とワンコ3匹だけの生活なので、食べる量を考えると買って食べた方が経済的なのだが、毎年冬が終わるとその年の作付け計画を家内と話すのだ。
仙台市の街中が実家だった家内は、今では百姓のおばちゃん。毎日、仕事の合間をみては畑に出て、楽し気に種々の野菜や果物や花の手入れをやる日課だ。
素人の二人も、今は人並みに物を言えるだけの経験者になれたのかなって思えるようになった。
地域的な問題なのだろうが、放射能汚染物質の心配はほぼなくなったので、害虫やイノシシやハクビシンやサル等の被害対策も知恵比べ的な感じがあり、効果が確認できた時には制覇できた喜びに浸れる。

農業ってなると、数字が重なってくるので深刻になってくるのだろうが、花を楽しむ感覚で野菜や果物を好き勝手につくるのだから、失敗しても死活問題にはならないし、気楽に真似事レベルで楽しんでいる。

昨日、採りたての金山カボチャを1個仕事の得意先の職員さんに「食べてみてください。私が作りました」とプレゼントさせていただいたら、今日、「みんなで分けて食べましたが美味しかったですよ」と電話をいただけた。
それが、たまらなく嬉しいんだよなぁ・・・

正に生産者の心境になっている(笑)

更に念押し的に「・・・栗のような感触で美味かったでしょ?!!!」と私は言ってしまった。(あつかましいけど・・・)

花でも野菜でも果物でも、心を伝え、そして食した方は心を返してくれる。

そのバトンタッチができると農は止められなくなってくるのだ。

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

2017産 金山カボチャ初収穫

_20170805_073755.jpg
今年も金山カボチャ 初収穫
_20170806_191741.jpg
楽しいななぁ・・・
ホクホク感は栗のような感触で甘くてケーキのようだ!

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

野鳥との知恵比べ

KIMG4165.jpg
最近、庭にやちょうが多く来るようになった。
気が付くと、花壇に植えたブラックベリーの実がお目当てだったようである。
防鳥の為にネットで覆ってみた。
KIMG4166.jpg
既に黒く変色した実もあり、黒くなってから3日目が収穫時期らしい(・・・趣味の園芸で放送されていた)
でも、房ごとに進み具合が違うので、その度にネットを外さなきゃならないのかぁ・・・
KIMG4124 (1)
鳥に狙われるのはスイカも同じ。あと10日過ぎれば採り頃なのだけど・・・。スイカもネットで覆うしかないかな?

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

丸い果物と野菜 順調に成長中

KIMG4019.jpg
ビニルハウス内のコロタン(メロン)
ソフトボール程度の大きさになり、そろそろ独特の網目が入ってくる時期かな?数えると87個♪
KIMG3956.jpg
その約1週間前の様子
KIMG4090.jpg
大玉スイカは恐ろしいスピードで肥大化し、直径20cm超。天地変え。
一本の苗から4個実がついて成長中。
KIMG3945.jpg
12日前は、まだこんなに小さかった。
KIMG3941 (1)
この時に、大雨で畑の土があまりつかないように茣蓙を切り取って専用座布団をつくってみた。
KIMG4016.jpg
茣蓙の座布団は路地栽培の金山カボチャにも敷いてあげた。
KIMG4091.jpg
12日経過の金山カボチャ。
また大きくなり、オレンジ色化し独特の縞模様も現われてきた。

KIMG3982 (1)
メイクイーンと男爵と紫じゃがいも
KIMG3986 (1)
スギナだらけだった荒れ地を耕して作ってみたが、豊作でした。
KIMG3948.jpg
剪定を失敗した、あまり数がならなかった葡萄。
でも、3種類合わせると300枚程度の袋かけだった。
収穫はあと2週間先だろうかな?

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

黒ニンニク製造開始

KIMG3909.jpg
ニンニクの収穫から約1ケ月間を自然乾燥した。
KIMG3908.jpg
どの程度まで乾燥すれば良いのかは手探り状態。
KIMG3907.jpg
7月7日の七夕の日に電気釡に入れて黒ニンニク製造開始。
KIMG3920.jpg
それから3日が過ぎ、蓋を空けて確認すると湯気とニンニクの匂いが吹き出した。
色が少し茶色っぽくなっていた。

いろいろネットで調べると概、2週間程度電気釡で保温状態を続けるようだが、完走が不十分の場合、ゼリー状になってしまい風味も墜ちるらしく、時々蓋を空けてチェックしなければらならいようだ。

何と言っても素人。今年で2年目のチャレンジの黒ニンニク製造。悩んでしまうのだが、それもまた楽しく感じるのだった。




テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

福岡産ニンニクに異変!紫色に変色!

_20170625_082440.jpg
中国産ニンニクの収穫から1週間遅れで収穫した福岡産ニンニク。
同じように乾燥させたのだったが、真っ白だった実が紫色になってしまった。
_20170625_082506.jpg
大きな実を1個剥いてみたら紫玉ねぎと同じ鮮やかな紫色。
更に抜くと、純白のつやつやした実がでてきた。
「ニンニク 変色 紫色」とキーワードで調べてみると、ニンニクに含まれるアンシトンやアルキルサルファイドがニンニクの鉄分と反応してできた現象で、鮮度には問題なく、食べられるようだ。
アルゼンチンニンニクは紫ニンニクと言われ、甘味が多く美味しいらしい。
KIMG3797.jpg
大きさ別にクリネットに入れ直しして乾燥保管するようにした。
福岡産ニンニクも約30個は種用に保存して来年の栽培に使うようにしよう。

農業って、奥深くで楽しいなぁ~。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

自家製ニンニク 仕分けと黒ニンニク加工の準備

KIMG3776.jpg
中国産ニンニク(国産化)、収穫後テラスの軒下で乾燥、約3週間が過ぎた。
KIMG3778.jpg
茎を切り落とすと、宝の山!
KIMG3780.jpg
200個のニンニクを大きさ別に並び替えた。思ったよりも少なく感じた。
KIMG3781.jpg
中玉程度の35個を手前に選別する。これは次年度用の種として活用する。1個あたり6片の種となるので、約200個分となる。

あまりにも小さいものは黒ニンニクには適さないと直感。小粒でもニンニクなので、日々の料理用に消費しよう。
本番はこれかたの2次加工である。

次は福岡産ニンニクが約200個あるので、同様に仕分けして楽しんでみよう。黒ニンニクを楽しみに待っている友人の為にも・・・

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

じゃがいもの追肥、そして孫と福岡産ニンニクの収穫

KIMG3663.jpg
早朝の庭のポピー  逆光って素晴らしい
KIMG3657.jpg
6時過ぎにワンコ達も起き出してきて、庭で排泄開始。
どこにやるかを観察して後始末する。(オシッコで芝生が枯れてしまうので大量に水をかける)
KIMG3660.jpg
バラのアーチは満開となった
KIMG3665.jpg
バラふぶき
KIMG0003_2017061222123478b.jpg
ローズマリーが巨木化してしまい、バラが隠れてしまったので剪定しよう
KIMG3671.jpg
今まで、じゃがいもの追肥はやってはいなかったが、調べると花が直前に追肥と土寄せはするようだ。
母が栽培していた頃は大きなじゃがいもがいっぱい採れていたけど、自分の代になると小粒な物ばかりだった。
KIMG3672.jpg
追肥は、畝に沿って溝をほり、そこに追肥をする
KIMG3673.jpg
追肥の量は適当にやってしまった。追肥した溝を土で覆う(土寄せ作業)
KIMG3681.jpg
畝と畝との間隔が狭すぎてしまい、ジャングル化してしまっていた。
密林に入るような追肥作業に3時間を要した。
KIMG3674.jpg
午後から仙台からやってきたヤンチャ孫といっしょに最終のニンニク収穫
KIMG3679.jpg
先週は中国産ニンニクを約200本収穫したが、今回(最終)は様子をみていた福岡産ニンニク。
垂直に引っ張るんだよ!と孫に言っても、斜めから引いてしまうので、途中からプツンと茎が切れてしまう。
孫が「重~い!」と叫ぶ。「・・・これは、大きいのが採れるぞ!」と教える。
孫たちは楽しかったのだろう。
「ボク、農業やりたい・・・」と言うのだ((笑)KIMG0004.jpg
収穫は、今回も約200本。粒の大きさは不揃いで、既に実割れをおこしてしまった物も多かった。採る時期が遅かったのだ。
KIMG0006.jpg
乾燥は根を切断し、薄皮を洗い落としてから紐で結んでつりさげる。洗わずに乾燥でも良さそうだったけど、ホワイトニンニクは手舵をかけても、洗うと真っ白になり、綺麗だ。
KIMG3670.jpg
寝たきりの母に完成報告。
目を閉じたままだけど、指先はしきりに動いていた。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

好天に感謝 収穫と鑑賞の休日

KIMG3574.jpg
今週の天気予報を調べると、2~3日は好天が望めそうなので、今日は玉ねぎの収穫。
大き過ぎると日持ちせず傷みやすいのが玉ねぎ。予想外に粒揃いのまん丸の玉ねぎだった(嬉)
http://ookomachi.blog22.fc2.com/blog-entry-1554.html
3週間前に「カキ殻石灰」を蒔いて、長期保存ができるように工夫してみたけど、撒く時期が遅かったので効果は疑問。
KIMG3575.jpg
隣はホワイトオニオンなのだが、冬期間、霜柱で苗も一緒に持ち上がってしまい、雪も少なかったので寒風に吹きさらされてしまい半数以上が消滅。玉はとっても小さく失敗!
あと1週間様子をみよう。

次に、昨日に続きニンニクの収穫。中国産の残りを収穫。
水洗いして吊るして乾燥させる作業。
KIMG3551.jpg
大きいなぁ
KIMG3552.jpg
大きなニンニクは根っこの数も多く、そして長い!
KIMG3573.jpg
昨日が90本。今日は110本の収穫で合計200本。
4-5本を紐で1束にして吊るし終えたが約3時間要した。

福岡県産のニンニクはまだ葉の青く、仮採りしてみたら、玉が直径3cm以下でとても小さい。
形は玉のお尻が平らになりつつあるので、頃合いは良さそうだったけど、あと1週間後に収穫しよう。
昨年は宮崎県産と青森県産のニンニクを栽培したけど、玉はいずれも小さかった。
気候風土の違いもあるのかなぁ?

ニンニク栽培2年目で4種のニンニクを栽培して思うことは、味はともかく、中国産のニンニクの方が成長が良く、川俣には向いているのかもしれない・・・。
KIMG3568.jpg
午後の時間は旬を迎えた花々を楽しむ。
KIMG3563.jpg
KIMG3565.jpg
KIMG3564.jpg
KIMG3562.jpg
KIMG3561.jpg

続きを読む

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

誕生日は終日畑仕事。2年目のにんにく収穫

KIMG3544.jpg
晴れた!
多忙だった1週間。疲れも出たのか?起きると7時を過ぎていた。
日課である畑をモニタリング。玉ねぎのほとんどが倒れていた。
昨年よりも1週間遅い感じがした。収穫は次の週末だろう・・・晴れてほしいなぁ~
KIMG3545.jpg
その隣のニンニクは?
トウ立ちして約1週間後が収穫時期らしい。既に、経過していた。
KIMG3548.jpg
昨年は高温障害もあり実割れしてしまった物が多かったが、今年はそれがない。
根の張りが凄くて、引き抜くにも力がほしかった。KIMG3550.jpg
今年は中国産と福岡産の2種を栽培していたが、試掘すると福岡産は玉が丸くてお尻部分も丸く時期尚早と判断。
来週にした。
中国産のみの約半分の約100本だけ収穫。
KIMG3553.jpg
簡単に洗ってから、根を切り落とす
KIMG3555.jpg
中国産の方が風土にマッチしているのだろうか?
KIMG3556.jpg
お見事!
KIMG3558.jpg
美しい!
KIMG3559.jpg
KIMG3570.jpg
黒ニンニクにする予定で、そのまま乾燥。
中国産の種でも、国内で栽培すると国産(川俣産)となる・・・(笑)
中国産は農薬を過剰に使われているので遠慮されがちだ。でも、完全に残留農薬を無くす方法もある事をネットで知った。
薄皮も剥いでしまい、重曹を加えた水に数分漬け込んでから洗って、真水に1日浸してから植えこむと良いとの事。
来季は是非そうやってみよう。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

トウモロコシの脇芽かきは不要だったという・・・

KIMG3485.jpg
朝日を受けてどんどん成長しているトウモロコシ。
気がつくと脇芽が出てきたので、例年通り、脇芽かきを行った。
KIMG3486.jpg
きれいサッパリとなった。
・・・が、家内が言うには、脇芽を残しておく方が光合成が良くなり、実も肥大化するのだという。もう、遅いよ!
そんなハズは無いと思いネット検索すると、最近の栽培方法は家内が言う通りで、ハニーバンタムの場合以外はその方が良さそうなのだった。
なあんだ!手間かけて、失敗した!
第2第3に定植したトウモロコシは脇芽をそのままにしておこう。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

ニンニクのとう立ち

毎日、朝夕畑の様子を見回す。
帰宅後、いつも着替えする時間もなく畑のモニタリングをする日課だった。
KIMG3433.jpg
ニンイクの芽 とう立ち

そろそろの時期かと思っていたら案の定、「とう立ち」を確認。KIMG3434.jpg
とう立ちは速やかにカットする事がニンニク栽培のレシピに書いてある。
帰宅後に、早速カット
KIMG3436.jpg
「ニンニクの芽」の自家製
勿論、焼肉にはかかせない食材である。
手前の左は中国産、右が福岡産のニンイクの芽。中国産は芽がピンク色なのだ。
食べての印象の違いは微妙で、、、よくわからなかった。KIMG3431.jpg
震災後6年間、口に入れる野菜を断念していた畑はスギナ畑と化していたが、余ってしまった金山かぼちゃの苗を定植。
予想以上にフカフカした土で、スギナは楽々退治。
多分、雑草が朽ちて微生物で良い土に激変したのだろう!

面白いなぁ~  だから、楽しい!

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: