火災警報器 作動 (@_@)

kahou
聞きなれないケタタマシイ音が鳴った。「何だ???」
めずらしく細君が手作りクッキーをオーブンで焼いていたのだったが、時間セットを間違えて丸こげ
(-_-;)
こんな事があるんだなあ…
平成23年6月1日までに既存家屋でも義務付けとなった住宅用火災警報器。我が家では無関係だろうと思っていたが、万が一を考えて今年1月に屋根裏にモグリ設置工事をやった。
でも、今晩の事件で分かったことがある。難聴の両親は奥の部屋でぐっすり眠り込んでいて、いまだに気がついていないのだ。この設備だけでは避難誘導は無理であることが立証されてしまった。
細君の失敗を責めることはできないなあ・・・
火災警報器だけではダメだから自動火災消火器「ケスジャン」にしようか…(高価)
スポンサーサイト

テーマ : 快適な生活のために
ジャンル : ライフ

半田山

handayama2
新緑のカラマツ林(松なのに冬は葉を落とし、春には新芽に変わり美しい)
昨日、友人夫婦と4人で半田山に出かけた。彼はいつもCANONの一眼を持ち歩くことからCANONとあだ名した。苗字も大体同じだったからご本人も満足している様子だ。ちなみに自分はSONYのサイバーショット。苗字は齋藤なんだけど…
handayama1
半田山は昔銀山として知られ歴史は古い。どこかにカケラでも落ちていないかと下ばかり見てあるいたが、…落ちているわけないよなあ。
handayama3
山頂にあったゴミも入らないゴミ箱 まさに粗大ゴミ
きっと山を愛する方が資金を集めて作られたモニュメントなのだろうが、デザインも無骨だし芸術的価値も感じ入ることも無い。失礼かもしれないが甚だよろしくない。表面を飾った御影石のプレートも落下してきていて危険だ。既に何枚かは姿を消してしまっていた。嘆く山愛好家も多いはずだろう・・・
nirinso-
にりんそうが綺麗に咲き始めていた。
syouzyoubakama
ショウジョウバカマ

CANONさん夫婦は山菜採りをやられていたそうで、大変詳しい。自分にはみつけられなかったが、コシアブラをすぐに見つけてしまう。キノコ採りも同じだけど、目のピント合わせの構造がきっとそれ専用モードのようなものがあり、自分にはまだ機能が備わっていないからなのだろう。
実に楽しい山歩きができた。感謝!


テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

なぜ山に登る?

iwatezan
25日AM6:37撮影  昨年登頂した岩手山。
山歩きを始めてちょうど1年になる。整理すると39登れた。過日「山の何がそんなに魅力なんですか?」と質問されて「感受性が変わったんだよ。」と答えた。かっこよく答えることができないものだ。「山に住んでいてわざわざ山に登ることもない。」と言っている人もいる。
山歩きは細君の薦めもあり心身のリハビリを兼ねて始めたことだった。この1年いろいろな山に案内してくれたSさんにも、また26日口太山登山道の整備をいっしょにやりながら山頂まで登ったYさんにも「Nさんは人が変わったねえ」と言われた。
石・土・木(枯れた木も)・葉・花・昆虫・鳥・風・光・匂い…山にあるものも全てが新鮮に感じるのだ。それらはじっとしていない。絶えず動いているんだ。まるで生きている。どこの山も黙ったまんまだけど、怒ったり微笑んでいたりする。雨が降って遠くの見通しが悪い時でも楽しく感じる。
それは恋をしている時の感覚にも似ているかもしれないなあ。
一言では言い切れない山の魅力。まだまだ答えが見えてこない。
今日もhare
友人と出かけよう。今日は昔銀山だったという半田山(うつくしま百名山)

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

岩木山・弘前公園

iwakisan1
25日早朝、弘前公園の桜を目指して山のメンバーとでかけた。西から低気圧が追いかけてきており雨の予報ではあったが、御岩木さん(岩木山)はそんな我々をやさしく迎えてくれた。
初めて拝む岩木山。津軽の里の恵みを産む山だ。独立峰でなんともいえない均整のとれた景観で津軽富士と言われるのももっともだ。
山頂は3つのピークがあるようで、漢字のの字形をしている。この時すでに心は半分岩木山に奪われていた。
hirosaki1
弘前公園に到着。ナビ通りに事前に調べた公園の真ん前の駐車場にスムーズに入ることができ、料金は2時間で200円ですんだ。
入場料300円。
hirosaki2
桜を愛でる人人人。こんなに綺麗な桜は初めてだった。
岩木神社に御参りして、8合目まで車で行く。雄大に広がる白神山系の峰峯と日本海。iwakisan3
iwakisan2
山頂までは準備も時間もなく後ろ髪をひかれる想いで山を下った。6月にはまた会いに行こう。






テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
リンク
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: