会津浅草岳 6月28日  32000歩

asakusadake01 AM5:50発 只見駅

宿では畳に3組の布団を敷いて寝たのだったが、Iさんはイビキをかくと言っていたが、なんと寝相も悪かった。真ん中に寝ていた私は蹴飛ばされて目を覚ますと目の前にはデカイCANONの顔があった。まだ深夜の2時半。起きるには少々早かったが5時間は寝ていたのですっかり目が覚めてしまった。タバコを取りに駐車場に出たら空には星が光っていた。今日も天気は良さそうだと一安心。
宿の朝食は7時からというのでおにぎりを昼食分も合わせてお願いしていた。5時に食べて準備を整え宿を出たが、いつのまにか朝霧が立ち込めていた。

asakusadake02
田子倉駅
電車は2両編成で約150人の登山者でほぼ満席になっていた。約10分の乗車時間だったが半分くらいはトンネルだったと思う。田子倉駅のホームに下りると地下鉄駅のように階段を3階くらい折り返して登り地上に出た。黙々と早足で進む。ラッシュアワーにも似た雰囲気がした。外は霧もなく目の前に「鬼が面山」の一角が朝日に輝いていた。
asakusadake03
会津浅草岳
山開きのイベントが行われ記念バッジとお神酒がふるまわれ、いよいよ登山開始となる。山頂までは3時間半から4時間という説明を受けた。
asakusadake04
登り始めて1時間半くらいで尾根に出る。あと2時間で山頂に着くのだろうか?とても遠くに感じた。
asakusadake05
花がいっぱい咲いていた。そして変化にとんだルートは疲れた飽きさせない。暑かったが快適に登って行く。
asakusadake06
鬼が面山 圧巻!
asakusadake07
浅草岳山頂
ちょうど3時間半で山頂に立った。新潟方面から登ってきた登山者と合わせて山頂は人で溢れた。予想以上に女性と高齢者が多くて驚いた。途中親子で登られていた方がいたが、おじいさんはなんと80歳だったが山頂でも会うことができた。
asakusadake08
ヒメサユリ
7合目から咲き始めていたが山頂付近に多く群生していてちょうど見頃で、なんとも優しさを感じさせてくれる花だ。
asakusadake09
天狗の庭
入叶津に下山する予定で天狗の庭を通る。ここで絶景をおかずに宿の固くなったおにぎりを食べた。
今年は雪が少なくて、例年はこの天狗の庭はまだ雪に覆われているそうだ。やはり温暖化なのだろう。
asakusadake10

山頂から入り叶津までは登り4時間、降り3時間半だという。距離にして約7KMだろうか?シラネアオイやマイズルソウ・サンカヨウ・コケモモゴゼンタチバナ・etc・・・ 花がいっぱい!山開きの記念バッジはシラネアオイがデザインされていたが花びらの数がなぜか5枚。間違ったの?
約50m幅の雪渓を横断すると退屈な雑木林が時間くらい続いた。すると気の上に消防ヘリが飛んできて救援依頼者を探している様子だった。7合目あたりで足にの肉離れをおこして動けなくなっていた人がいた。その人だったのだろうか…?
13:30 入叶津登山口に下山。正味3時間の所要時間だった。婦人会の方々が冷たい甘酒とウーロン茶を準備して出迎えてくれた。お新香もごちそうになった。入叶津登山口からはジャンボタクシーが只見駅までの間をピストン輸送してくれた。
「うつくしま百名山」では星3つの上級者コースと紹介されていて、私にとって星3つの山は初めてだったが、なんとか無事に踏破できた。もちろん同行メンバーの協力があってこそのことである。
さあて、次は会津朝日岳かあ?? 
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

会津蒲生岳 6月27日

gamou01
会津のマッターホルン 蒲生岳
2000年10月に初めて登った蒲生岳。9年ぶりにまた登ることになった。梅雨のこの季節であるので天候が心配されたが、無風状態で雲ひとつない大快晴となり、登山口の気温は既に26℃になっていた。一度登った経験がよみがえり、私は最初から登山シャツ1枚でスタートした。つばの大きい新しい登山帽も大いに役にたつことになった。(次男夫婦からの父の日プレゼント)
 
gamou05
JR只見線 会津蒲生駅
無人駅で9年前は駅より会津寄りの方に下山して線路を歩いて駅まで戻ってきたことを思い出す。

gamou02
「鼻毛通し」
8合目あたりだろうか。大きな風穴があり中には祠が祭られている。同行のリーダーIさんはバテバテになってしまった。きっと脱水状態になっていたのだろう。風穴の中で小休止をとった。雪渓が残る浅草岳から風が流れてきて爽快だった。Iさんもみるみる回復でき山頂までの急な岩場を登っていった。
gamou03
山頂から小蒲生方面に下ってすぐのとことから撮影
只見川が一望できる。SLが橋を渡る写真の撮影ポイントらしい。SLは何かのイベントで今でも走るらしいが、電車でも走ってくれれば絵になるのだろう。
gamou08撮影CANON
しばし待っていたら物凄い轟音がどんどん近ずいてきた。ジェット戦闘機が2機超低空で目の前を北上していったのだ。瞬間的にパイロットの姿が見えた。北朝鮮機を追う自衛隊機だったのだろうか?山頂からは暑さを忘れて360度の大パノラマと想定外のスリルを満喫した。
gamou07
クサリにぶら下がる
この日は只見町に一泊するので十分時間があるので、下山は別ルートを選んだ。ネットで調べた地図を持参していたので心配はなかった・・・はずだった。
山頂には「宮原登山口」方面の道標もあり迷わず下った。尾根幅はものすごく狭く、岩は思ったよりのもろい。クサリ場が続き角度も60度超でぶら下がるような感じだった。高所恐怖症のCANONが心配された。…やはり彼は青ざめていた。 

gamou04
迷走する
クサリ場をやっとの思いで無事におりて五葉松通りを過ぎブナの樹林を進んだ。さすがに涼しく感じ身体も口も快適になった。
が、突然と道が消えた。
???(携帯にはGPSもついているし、無線機もある。レスキューシートも非常食もライトもある)頭の中では装備品の確認をし始めていた。リーダーのIさんの表情と言動も厳しくなってきて、地図を何度も確認した。コンパスで見ると方向が全くちがうのだ。周りは樹林で展望が得られない。地図上で降りようとすると山を登るようになる。ありえない。途中に分岐点はなかったし理解できない。
「ちょっとここで待っていて!先を確認するから」とリーダーは告げて先を確認に行った。
山はセミの声が聞こえたが静まりかえっている。沢を下ればどこかには降りれるだろうが・・・とも思い始めていたら「こっちだ!こっちだ!」とリーダーが叫んだ。進むとやがて明らかな道があり下った。ほどなく道標があり「小蒲生登山口」と書いてある。「宮原登山口」ではないが他に道がないので下っていった。心に不安を残していたので時間が長く感じられた。すると女性の声が聞こえてきた。それも大勢の声だ。だんだん大きく賑やかになってきた。そこでやっと安心できたのだった。20人を超える中高年女性の団体だった。すれ違うときに先頭の道案内人の男性に地図を示して確認すると、全く違うルート図だったのを知る。
結論は、山頂にあった道標が間違っているとしか考えられない。私たちが降りたルートはその地図に表示されていなかったのも原因のひとつだ。
後で知ることになったが、「宮原登山道」は現在廃道になっているそうだ。山頂を思い出すと、もうひとつの登山道らしき薮があったような気がする。きっとそこが地図にあったルートの起点だったのだろう。
下山して駐車場まで戻ると30人乗りの足立ナンバーのマイクロバスが我々も車の隣に駐車していた。
フロントガラスには「会津蒲生・会津朝日岳登山」という紙が貼ってあった。山中ですれ違ったあの団体さんのバスなのだろう。あの時間にあの急なクサリ場を登っていくことができたのだろうか?心配になった。そして明日は☆☆☆の会津朝日岳に登るのだ。東京の女性はパワーがあるなあ!
我々は3時に早々宿に入り温泉に浸かり興奮残る蒲生の体験話と明日の会津浅草岳の準備をした。




テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

ムー

気が付いて1週間くらいだろうか。
また我が家に迷い猫が居座った。白い子猫なのだが、ついに餌を与えてしまった。どんどん距離が短くなってゆく。
携帯で写真もとったが、かわくない。古い家(隣接)にねずみがいっぱい出るのでベタベタする罠をしかけていたが、この猫がハマッテしまったようで、耳・顔・両手両足・ひげ等ほぼ全身がベタベタ状態になりゴミがいっぱい付いてしまい動けない状態だったところを見かねて救ってやったのだ。
あのベタベタは以前自分でも経験している。仕事で屋根裏に登った時にはまったのだ。強力な接着力があり、石鹸では絶対にとれないのだ。他に思いつけず石油で子猫を拭いてみたらなめらかに溶けた   が、何度も犬用シャンプーで洗っても泡がでない。石油が落ちないのだ。終始犬とは違う叫ぶような声で泣き続ける。どうしてもベタベタがとれなかった。毛が生え変わるまで我慢してもらうしかないのだろうか…
異常に耳が三角でデカイ。つり目で痩せこけていて可愛くない。
でも居座ってしまったので名前をつけてやろう。愛情0で無。それで「ムー」でいいや。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ウ~ン…


早朝、嫁にやるオヤジの心境でハッピーを膝の上で撫でる。本人はまだ全く訳がわからないけど、2泊3日のデートに連れていくのだ。細君とペットショップに約束の9時半に着いた。
ハッピーは外ではおとなしい。「内弁慶外ミソ」なのだ。絶対に美女系だと自負している。ダンデイは相手(キムタクみたいなのがGOOD!)であるようにと願ってしたが、「…どうも…弱い娘なのかもしれませんねエ~…もう節が過ぎてしまっているようで…どうしても赤ちゃんがほしいのなら体外受精という方法もあるのですが…」   「(@_@;)」  
ハッピーのデートは四度失敗に終わる。
また半年後にチャレンジだよ ハッピー!もう4.5歳だから人間だと30歳位かなあ?
まだまだ大丈夫かあ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

八幡平

hatimantai01
雲の上の岩手山
3ケ前に予約していたバス旅行。山の会「にりんそう」総勢9名で「八幡平ハイキング」に参加した。
大型バスは二本松市をスタートして松川~福島駅前~飯坂と参加者を拾い、47名満席となり高速を4時間北上した。天候は晴れの予報だったが松尾八幡平ICを下りてもどんよりした曇天。添乗員さんもなんとなく曇天。
でも雨が降らないだけでも有難い。
一般道をどんどんバスは登っていき松尾銅山のシェルターをくぐったあたりで突然雲海を突き抜けて顔を出した岩手山が車窓左側に… 
バスの中は ブラボー!!
hatimantai02
シラネアオイ
hatimantai03
ガマ沼
hatimantai04
八幡沼
hatimantai05
八幡沼湿原
hatimantai06

天国を見てきたことはまだ無いが、きっと八幡平のようなところなのだろう。時間が止まり花に包まれた天空公園だった。
1時間45分と短いハイキングだったが充実した時を過ごせた。
matukawaonsen
八幡平からバスで20分程度の秘湯「松川温泉」で疲れを癒す。
途中にも温泉があり車窓からは露天風呂が丸見え状態のところもあり車内は大笑い。
松川温泉はやはり露天風呂がいい。やや青みがかった乳白色で硫黄の匂いがすけど、程よい刺激。100人は入れるだろう広い露天は隠れ石が何箇所かにある。尻を底に着けようととすると顔の半分は湯の中に沈んでしまう感じかなあ。混浴と聞いていたが、「トド」や「アザラシ」に似た男性しか入っていなかった。 
半分透け透けの囲いの向こうには女性専用露天があるようで、逆に男性側を覗かれている感じだった。風呂から上がる時に念願の女性の声。KINさんが対応するが、KINさん「もう上がるんです」女性「何だべ!残念ダゴドオ」
その後、バス内で同じ女性の声を聞いた。… 混浴も良し悪しかなあ    

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

tanuki
八甲田山手前の城ケ倉大橋の狸君。どこかで見たような…
hapy
そうか!ハッピーに体型がそっくりだったのだ。まだ妊娠していないのに太ってしまったあ。ハッピーは今度の日曜日に初デートだ。(3回目のアポイントでやっとデートできる)
美容しないとダメかなあ?ワンちゃんの世界では相手はどこを見るんだろう?顔だろうか?足だろうか?それとも???
これからはハッピーの介護もあるので、ますます時間がなくなりそうだ。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

リベンジ 岩木山

iwakisan_201
6月14日(日)AM6:00 岩木山の朝
朝食後、出発まで時間があるので細君と「アソベの森」の坂道を5分程登ってみると百沢スキー場にでた。宿からは見ることができなかった岩木山がドカンと綺麗な姿を見せていた。後で知ることになったが、岩木山神社の登山口からは20分のところだった。ゲレンデをそのまま登ってみた。鬱蒼とした樹林帯に傾いた案内板があり既に3台の車が駐車していた。
予定では8合目までバスで行き、山頂から百沢コースを下り岩木山神社に降りることになっていたが、この時刻ならまだこの場所からのチャレンジもできると思ったが、昨日の疲れもあるのか大多数は予定通りにしようと却下された。…それは大正解だったのだ。
iwakisan_202
ゲレンデから見た雲海 
朝日が雲の端から昇ってきて雲は白く輝いた。息をのむ美しさだった。
iwakisan_203
出発前に岩木山神社にお参りした。やはり、罰があたった。この後右足がつるようになってしまい反省する。
iwakisan_204
岩木山山頂
ガスがどんどん濃くなってしまい、残念ながら展望は得られなかった。
iwakisan_209
が、風もなく、ミヤマキンバイやミチノクコザクラ等の高山植物が一面に咲き感動した。
iwakisan_205いよいよ岩木山神社まで1400mの百沢コースを下山した。種蒔苗代の下からは「坊主ころばし」という沢で大問題発生。
全員アイゼンを持って来なくて立ちすくんでしまった。用心はしていたものの予想以上の急勾配で下が見えない大雪渓だった。下から登ってくる方に聞くとアイゼン無しでは危険だと口をそろえて言うのだった。
リーダーは踵で雪面をえぐるようにゆっくり下るしかないと判断。そして全員後に続いたのだった。iwakisan_206
この後、右のメンバーが約20m滑落するが、リーダーがちょうど下に位置していたので助かった。
良かった!良かった!…怖い…怖い!
iwakisan_207

まだまだ雪渓は続く。雪渓の長さは正確にはわからないが約1時間奮闘し脱することができた。
無事に下山。岩木山神社の鳥居の下でアイスクリームを売っていたのでごちそうになる。「ごくろうさまでしたあ」と津軽弁であいさつをうけたが、「雪渓は大丈夫でしたかあ?1週間前には先にも後にも動けなくなった方がいてヘリコプターを呼んで救助されたんです。今年になって26人あの場所で救助されたんですよお」
話を聞いて…  
昨日、八甲田山で出会った八戸のお父さんの言っていたことが痛いほど理解できたのだった。

iwakisan_208
岩木山山麓にはタニウズキが満開だった。
八甲田山・岩木山の詳細は近日中にHPにUPしよう。




テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

八甲田山

4月末に弘前公園の桜見物に出向いたが、その時に見とれてしまった岩木山。8合目まで車で登り雄大な白神山系を眺めて帰ってきた。
帰る高速道路ではすでに岩木山登山の計画が頭をよぎっていた。そして6月13日14日の1泊2日の予定で初日を八甲田山、2日目を念願の岩木山に登ることになり、総勢6名で早朝福島を発った。

この季節の八甲田山は「優美」につきる!好天にも恵まれ、気分の良い素晴らしいトレッキングができた。地元(八戸市)の方といっしょに歩けて、いろいろと案内していただけた。岩木山にも精通された方で、この時期はミチノクコザクラが綺麗に咲いている情報を得た。また大雪渓があるので心配もしていただけた。今となれば連絡先をお聞きしておけば良かったなあ。

hakkouda01
大岳山頂への雪渓
hakkouda02
山頂付近からの南八甲田連峰
hakkouda03
毛無岱湿原(有名な撮影ポイントから)
hakkouda04
池とう
sukayuonsen
酸ケ湯温泉の混浴に浸かる(初体験)
asobe
岩木山ふもとの「アソベの森」に宿をとる。なんと「ミチノクコザクラ」という建物だった。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

ダイヤーズカモマイルの出番到来

kamo_dy

二日間留守にしていたら、一斉に開花し始めていた。3分咲きといったところだろうか。
ベランダからズームアップして撮影してみた。この種のカモマイルは香りはしなく色を楽しむのだが、写真左角に写るジャーマンカモマイルも一列だけ植えていたので、その香りが風で自宅まで飛んでくる。1本の株が1年で600株に増殖。面白~い。
kamo_dy2
kamo_dy3
「太陽」のアイコンに使えそう


テーマ : ♧ハーブ♧
ジャンル : 趣味・実用

コモンマロウのドライ加工

dry01
いよいよ摘んだコモンマロウをドライ加工する。 これで約600枚だろうか。
最近雨が降らなかったので自然乾燥で70%位(勘)乾燥してしまったようだが、額の部分がどうしても湿っぽいので、確実にドライにしないときれいな紫色を保存できなくなる。
dry05
過去に何度も失敗した教訓から、額も取り除く。
dry07
電子レンジで1分半で完成。
dry04
乾燥剤を入れて保管する。この方法で約1年間は綺麗な色を保存できる。
dry05
楽しみ方にルールはない。早速ホットミルクを作ってみた。薄紫色のミルクはどうでしょうか?ウィスキーのロックに花びらを入れても楽しい。パープルアイスキューブもいい。昨年は、コモンマロウご飯を炊いた人までいた。
コモンマロウの効能としては免疫力UP、食欲・消化促進、消炎作用等あるといわれている。葉にはビタミンも豊富に含まれているが、色を楽しむことに愛用している。
我が家には毎年かかせないハーブとなっている。






テーマ : 花と生活
ジャンル : 趣味・実用

志津倉山 山開き

sizukurayama02
6月6日7時20分会津宮下駅到着。既に駅前には送迎用のバスが来ていて、JA三島の建物と広い駐車場があり県内や隣県の登山客の車が20台程度駐車していた。天候は小雨模様。でも午後から回復する予報だったので気は楽だった。
久々にローカル線の古びた駅舎に入ってみたが、なんともいえない旅愁を感じて心が落ち着く。もう少しゆっくりしていたかったがバスに乗り込み登山口に向った。
sizukurayama01
三島町は桐の町
下山後、只見川沿いの「桐の湯」に浸かる。一般は420円、町民は210円で入湯できる。登山者に配られた割引券▲120円を利用し300円で入湯できた。なめるとしょっぱい。湯もとても綺麗でお勧めだ。シャンプーはなかったが、固形石鹸があり、髪から身体までまとめて洗った。髪がキシキシという。シャンプーよりも何か気持ちがいい。
山は素晴らしい。そして楽しい山歩きができた。HPをご覧下さい。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コモンマロウ花摘み始まる

komonmalow04
今朝収穫のコモンマロウ 262枚  イチゴもついでに収穫(お弁当のデザート用)

今年は5月30日に開花し始めたコモンマロウ。1日から毎朝花摘みを始めた。昨年は株が約20
本も植えてしまい、とてもとても大変で今年は半分程度にしたが、それでも最盛期には毎日1本に約500ケの花を咲かせるので10本でも5000枚にもなってしまう。摘まないとおくと3日目には紫色になり萎んでベタベタになってしまい他の蕾に付着してしまうので、次の花の為にも丹念に摘み取る。
まだ咲き始めなので花の数は1本から10枚程度だ。全部でもちょうど100枚位。
komonmalow02
それから4室に分かれている直径約30cmのネットの袋に入れてカエデの木の枝にぶら下げる。1室には150枚位がちょうど良い。カエデの下は風通しの良く木陰になっているので自然乾燥させるのには最適な環境だ。
komonmalow05
上が乾燥して4日目位。まだベタツキ感が残って団子状態だけど、カビてしまうのが怖いので、このくらいになったら緑の額を取り除いて電子レンジで1分~1分半チンすると綺麗な紫色が残る。試行錯誤の末、ドライ加工はどんなハーブも同様の方法がベストだった。特にステビアはミント・タイム・オレガノは綺麗にグリーンが残る。
ドライ加工はいつも細君がやってくれる。少々散らかってしまうけど、部屋中がハーブの香りになり気分が良いのだ。
komonmalow01
最初は1本の苗だったが丈夫で冬越しも楽にできて楽しいハーブだ。葉も食べられたが、美味しくない…




テーマ : ♧ハーブ♧
ジャンル : 趣味・実用

赤面山山開き

akazurayama01
5月31日(日)
2週間ぶりの山歩き。…2週間ぶりの雨降り。でも気にしないでルンルン気分で出かけた。
akazurayama02
9合目から山頂にかけてはちょうど石楠花が満開。山頂は身体が飛ばされそうになるくらいの強風と雨で大変だったけど、ガスが晴れて那須連峰、三本槍岳、須立山、旭岳、甲子山が見えた。
akazurayama05
ブナの樹林帯に妖精か?
akazurayama03
この時期に満開となる???
akazurayama04
往復約4時間の行程だったが、下山途中9合目あたりでくじ引きの箱を抱えていた係りの方がいた。開けると33番。吉数だ!下山後、景品交換したら冷凍の湯葉とゴマ豆腐のセットだった。同行のリーダーが一番の羽毛枕をゲット。
それからテントの中で豚汁をごちそうになる。味・量とも口太山の「すいとん」の方が勝ちだなあ…
でも、なかなか西郷村は予算をかけて力を入れている。ありがとうございました。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
リンク
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: