霊山 紫明峰

2週間ぶりでまた霊山に登った。
simei1
今日は10時に登山口の子供の村に着いたが、大変な込みようで、登山口からはずっと下の駐車場しか空いていなくて驚いた。県外からもたくさんの登山客がみえていて、登山口には出店がいっぱい立ち並び、お祭りのような賑やいで出迎えてくれた。
今回は、前回回れなかった紫明峰と弁天岩周辺を回るロングコースを予定していたが、あいにくの曇天模様で9合目からは霧雨状態で見通しがなかった。

simei5

4日前に霊山を登った職場の上司から聞いたのだったが、前回のルートで通り過ぎた無線中継所の前を通ると涙が出るというのだ。「何か事件でもあったところだったのですか?」と聞くと、「あの無線局の工事で無くなった実家の父が働いていたという。けわしい尾根に建つ無線局は戦後進駐軍が東京とアメリカ本土とを中継する重要施設だったそうだ。米兵が常駐していて寝泊りに使用したパイプベッドが錆びて今でも残っているのだそうだ。建設資材搬入が霊山神社からジープを使い基地近くまで運んだ。登山道はその搬送ルートになっているので、確かに車が通れる幅と傾斜に整備されてた。
当時を偲びながら紫明峰を目指した。

simei2


simei3
釣瓶落岩の紅葉

simei4
天狗岩…というが、どう見てもゴリラ岩である。ガスが晴れるのをしばし待ったがシルエットだけでも圧巻!また来て見たい!

simei6
たぶんこれが紫明峰なのだろう。すこし北に進むと急な下り坂となり、今日はそこで引き返し、次のポイントである弁天岩に向った。

simei8
山頂を過ぎ日暮岩に下るルートを進む。弁天岩へは五百羅漢岩、弘法突貫岩を過ぎ本道から左にそれる。立ち寄らないで真直ぐ下る人が多かった。もったいな~い!

simei7
弁天岩からの絶景 (ジャンダルムこと宝寿岩を望む)
霊山は…岩…岩…岩と、奇岩がいっぱいあり、また素晴らしい紅葉の山である。休憩を入れ約6時間の山行であったが、まだまだ奥が深く神秘的なところで、再度登ってみたい。次は霊山神社からの侵入を試みよう。

☆ コース紹介はこちら ☆
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

種蒔きとモグラ

mecisican
メキシカンビッシュセージ
今年の春に職場の知人からいただいた。1株で畳1帖くらいに広がりビロードのような紫の花を咲かせている。もう霜が降りてくる時期なのに満開である。
dai
雑草だらけのダイヤーズカモライル畑
こぼれた種から新しい芽がいっぱいでている。必要なだけ移植してからポチで耕さないとダメだろうなあ
hatazuke
土→水→日→月→金→木→火→土
先ずは土があって、種を蒔いて水を与え、日に照らされ、月がかわって、どんどん伸びて花(金)を咲かせ、木になる。そして火になり灰となって土に戻る。人間もいっしょかなあ?
rabender10
ラベンダーの新芽
お彼岸に種蒔きしたラベンダー。約1ケ月経過した。
rabender11
本葉も出てきたようだ。
rabender12
昨年約300株を畑に定植したが約半分は順調に生育し大きくなった。
2袋で100円の種だったがしっかり綺麗な花をつけてくれた。
sennitikou
昨年三春ハーブ園から拾ってきた種はセンニチコウだった。ストロベリー?という名もあるようだが、3ケ月咲いている。茎が弱くて支えがないと倒れてしまうのが弱点かなあ。でも今のお気に入りの花である。
kyuui
収穫間近のキューイフルーツ
しっかりした霜が一度降りた後が収穫の時期だという。職場の上司は「11月5日に決まっている」と限定して言うので、そうしてみよう。
mogura
モグラには納豆
雑草を駆除していたら土が動いた。じっと見ているとモグラの仕業だった。根を痛めてしまうので困ったヤツである。でもモグラにも植物にも優しい退治方法が「納豆」なのだ!
そっとトンネルを開けて、そこに納豆を置く。なんとなくなのだが、納豆はよく糸をたててやったほうが良いと思っている。醤油とからしは無くても良いかも。ねぎも無くてもいいかなあ?
その後両脇のトンネルの口が土でふさがないように板をのせて土で覆う。
過去の経験では完璧にその周囲からはモグラが消えた。材料費は約30円だろう。

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

霊山

ryozen1

お天気が良い。雑用でお昼を過ぎてしまった。午前中バレーボールの試合に行っていた細君が優勝して帰ってくるのを待って季節労働を午前中に終わらせたCANONと3人で紅葉が盛りであろう霊山に向った。登山スタートは午後2時を過ぎてしまっていたが、何度か登った山だったので軽準備でスタートした。

1989年5月に子供2人を連れて登ってから20年が過ぎていた。こんな山だったのだろうか?凄い!
ジャンダルムまでが存在していた。

ryouzen2
CANONと霊山のパンフに使われる写真の構図ポイントを探して何度も撮影したが、やっと撮影ポイントがわかった。そこは「天狗の相撲場」といわれる高所恐怖症のCANONにとってはとても怖いスラブの上だった。

ryouzen4
霊山山頂はお城跡から東に300m往った東物見台というところだ。緩やかな傾斜の道がナラの樹林帯を抜けている。
ryouzen3
CANONはこれで今月「うつくしま百名山」を3峰ゲット。

ryouzen6
山頂にたったあたりから天候が悪くなってきた。かみなりの音がだんだん大きく聞こえるようになる。バチがあたったわけではなかろう…なんとなく般若心経を唱えながら下山開始。
緩やかな下り坂では走った。

ryouzen7
幸いに降られずに下山し、ふもとにある有名なソフトクリームを食べた。(肌理が細かく甘さ控えめで絶品!☆☆☆)

☆ コース紹介はこちら ☆

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

おみやげ

kani
北海道にハネムーン中の息子夫婦からホタテとタラバ蟹が届いた。まな板からはみ出してしまう。身のぎっしりと詰まって美味しくいただいた。
rabender2
第2便は富良野からのラベンダー2鉢
富良野にも行くと聞いたので息子に電話して「おかむらさき4号」をお願いしたのだった。そしてついに我が家に「おかむらさき4号」が到着した!
これから挿し木して増やして、二人の結婚の記念樹(記念畑?)にしようと考えているが、秋の剪定もしっかり終わっている。どこを切ろうか?丸坊主になってしまってはダメなのだろうから良く調べてからやろう。今日は先ず、「メネデール溶液」と挿し木用の土を買ってこよう。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

大博多山山開き

oohata2
10月17日(土)は会津百名山のひとつ大博多山(おおはたやま)の山開きだった。「うつくしま百名山」には入っていない山だったが、山全体が紅葉に染まり素晴らしい山行ができた。
oohata1
約2kmの車道をのんびり歩き登山口に着く。若い役場職員さんが出迎えてくれた。受付を済ませ記念バッジと温泉の割引券をいただく。最初の尾根にたつまでの約1時間は急峻な山道が続く。松の大木の中に色付いたブナやもみじが朝の光に照らされ輝く。
oohata3
前を歩くワンちゃん。実はこのワンちゃん、今年の志津倉山山開きでもお会いした。あの時と同じ青いザックから首だけを出しておとなしく風景を眺めている。問題なのはご主人なのだ。わがままな人で、志津倉山では我々とトラブったのだった。あいかわらず、周りのことには無関心で二人の世界に浸っていた。
oohata5
快適な尾根歩きは約10分程度。また急峻な山道となり息がきれる。でも回りの木々の色や表情に感動しまくる。
oohata4
山頂に着く。登山口から1時間40分で登れた。山頂には所狭しと登山客がひしめいていた。風もなく遠方までの眺望が得られパノラマを楽しむ。
oohata6

oohata7

oohata8
帰路は山道を転げるように降りて約1時間程度で下山できた。送迎バスが迎えに来てくれるポイントまで約2kmをのんびり歩く。途中「笑い虫」を発見した。
waraimusi
「うつくしま百名山」はこの1年で43峰登ったが、大博多山は何故選ばれなかったのだろう。素晴らしい山だったし一等三角点もあった。選定基準をいつも疑問に思うのだった。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

君の好きなとこ  (息子の結婚)

kekkon
kekkon2



思いが募るほどに 直接顔見ては言えない
君の好きなところなんて 数えきれないほどあるのに

いざ目の前にすると 何も言えなくなってしまう
会えない日に積み重ねた 願いも 迷いも ため息も

ほら 今 この気持ち 君に言ってみたら
困った顔するかな? その逆ならいいな

照れた笑顔 すねた横顔 ぐしゃぐしゃ泣き顔
長いまつげ 耳のかたち 切りすぎた前髪

君の好きなとこなら 星の数ほどあるのに
一つも言葉に出来なくて

恋をすればするほど 駆け引きはうまくはなるけど
この胸のムズがゆさに いつもギリギリ手が届かない

困った顔 見たくて いじわる言ってみる
ほんとは 全てが 可愛くてしょうがないくせに

片方だけできるエクボ 朝のかすれた声
唇の色 髪の匂い 抱きしめた温度

君の好きなとこなら 誰よりも知ってるのに
なぜ伝えられないのだろう?

お腹が空くと 機嫌が悪くなって黙りこむ
酔うとすぐ寝るくせに 帰りたくないとすねる

君の嫌なところも そりゃ少しはあるけれど
会えばいつも許してしまう

ホッとした顔 笑ったときに八の字になる眉
皮肉やなのに 意外と人情ものに弱い

君の好きなとこなら 世界中の誰よりも
知ってる僕が嬉しくて

ほら今 君が笑うから
なぜだろう 言葉に出来なくて


平井 堅 の歌が会場に流れた。
瞬間に目の前を彼女と腕組んで通り過ぎる息子の気持ちがストレートに理解でき、目があつくなった。
チビだった息子が成長して兄弟の中では一番ノッポになった。そして可愛いお嫁さんを見つけてきた。
初めて司会者から聞いた二人のナレソメ。そしてキューピット役を務めてくれた彼女の友人の存在も知る。人との出逢いには、やはり運命的な匂いを感じてしまうのだった。

一夜明けて今日も清々しい天気だった。久しぶりに単独山行した。
minowa
箕輪山 山頂から鉄山・安達太良を望む

115号線は秋の行楽で大渋滞。横向温泉登山口に着いたのは12時ちょうどだった。
山頂までは約2時間。素晴らしい空に感動!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

もしかして大失敗 (ーー;)

秋晴れの下、白菜にマラソン乳剤で消毒をやった。春先に一輪車で何度も運んだ堆肥の成果が出てどの家の白菜よりも成績が良く、母の自慢である。
hakusaifunmuki
ただ青虫黒虫が葉っぱに穴を開け始めていたのだ。いつもより噴霧器の調子も良くて、快適に作業が進み、約30分で終わった。少々薬剤が余ったので、ルッコラや名前がわからない野菜にも念のためと思い噴霧したのだった。
その後、お天気も良いので芝生の中に入り込んだ厄介な雑草を除草剤で除草することにしたのだった。
… が …
「アレッ(?_?) こんな奥に展着剤がある。アレッ?除草剤がここにあるということは~…  白菜の消毒に入れたのは展着剤ではなくて、もしかして??? 除草剤!」

既に1時間以上経過していた。慌てて水だけを噴霧器に入れて再度白菜に噴霧し洗った。なんとなく朝よりもシナ~っている。やはりそうだったのだろうか?

明確な答えがでるのは2-3日経ってからだろう。ここ数日は雨が降らない良いお天気が続くそうだ。
ありがたいやら悲しいやら…


PS.その後3時間… 恵みの雨が降った。これで薬剤も綺麗に洗われてくれただろう  

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

第35回 COSQUIN EN JAPON 2009 開催

AM6:00 花火があがった。(・・? webで調べたがわからず。下に下りて朝刊を見ると黄色い大きなチラシが入っていた。 
cosquin
cosquin2
昨年(2008)携帯で撮影

COSQUIN EN JAPON (コスキン イン ハポン)は今年で35回目を迎えた。主催は川俣町教育委員会とケーナの響くまちつくり委員会で福島県川俣町公民館を会場に今日から3日間の予定で全国から151グループが参加し深夜まで演奏が続く。
音楽好きの町の長沼康光さんが火付け役。昭和50年から始まった。現在も続いているのかはわからないが川俣町の小学校生徒にケーナをプレゼントし指導。ケーナを吹けない子はいない。すごい事だ!町の自慢である。
知名度はずいぶん高くなったと思っているが、でも山行であちこちを歩くなか、「コスキン・エン・ハポンの町から来ました」と言ってもほとんどの方は知らない。素晴らしい音楽祭だけにとても残念な事だ。「川俣町ふるさと産品フェア」も同会場で同時開催され、川俣シャモや桑の葉等の料理も紹介されるが、町自慢のシルク(絹)製品を紹介する「絹市」を何故いっしょにやらないのか(・・? 爆弾も2個いっしょに点火したほうが威力は増大する。
お天気は雲ひとつない秋の快晴。明日も明後日も良い天気のようだ。
まだ聞いたことが無い方は是非ご来町下さい。「まちさあ 、来てみっせ!」
COSQUIN案内

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

被害ゼロ

台風が去った。発表されている台風の進路の緯度経度を地図におとしてみたら午後2時頃に土湯にある福島カントリー上空を走っていったようだ。その頃は車で移動中だった。雲の切れ間に青空が見えていたのだったが、きっと台風18の目だったのだろう。拍子抜けしてしまう程雨も風も弱くて、頭を垂れた稲穂も倒れることもなかったようだ。今は青空が広がり清々しい秋の朝となった。
gps
今の最大の関心事はやはりGPS
ログ記録ができるGPSはどんどん新商品が安価で販売されてきている。どれも2万円以下だ。写真左の商品は日本語表示になっていなくてデザインにも難点があり躊躇していたが、今は写真中央の新モデルに代わった。機能は同じでも日本語表示でありがたい。心拍数を記録できるタイプもあるようだ。バッテリー寿命も1時間延びてGPS運転モードで12時間持続でACアダプターでも充電も可能。随分改良されたようだ。でもぶ厚いような感じがする。写真右の商品は機能がシンプルで操作も簡単だが、時計タイプでなく、山行ではかかせないだろう現在地の座標表示機能が無いような感じ。ウ~ン…来シーズンまで保留だなあ。
そうだった!音沙汰がなかったバッチ子(三男)が今晩帰ってくるから駅に迎えに行くんだったなあ。
いよいよ明後日にせまった結婚式の挨拶文を考えようかあ…

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Werthernews

LIVE CAMERAtenkimenu
台風が気になり最近見つけたWebを見る。まだいじっていないMyCHボタンをクリックするといろいろとメニュがある。
tenki1008
ライブカメラでは気になるポイントの映像のwindowを同時に開ける。画面サイズはやや小さめだけど解像度に違和感はない。
フリーリンクだったのでMyWebのトップに貼り付けさせてもらった。
Werthernews

我が福島県は現在11.6℃。今のところ雨が強く降っているがだんだん川の音も大きくなってきた。風は無風。今日のお昼頃が一番あやしくなりそうだ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

台風18号接近中

taifu18
以前と比較すると上陸する台風の数が減ったと思っていたら、とんでもない台風がどんどん北上してきている。 明日はきっと仕事にも影響がでることだろう。我が家の最大の心配はビニルハウスである。過去に季節風が去ったあとに屋根面がそっくり無くなっていた。少しでもビニルが切れるとあっという間に全体に広がる弱点がある。濡れてはまずい物品を移動しておくしかないかなあ?
でも幸いなのは息子の結婚式にぶつからなかったことだ。予報では台風が去った後の晴天の様子。ガーデンウェデイングを予定していたので心配していたのだった。
karasawa
涸沢カールの紅葉が始まったそうだ。涸沢槍が鋭く写っている。よく登れたとあらためて思う写真だ。ナナカマドが真っ赤である。もうすぐ暴風雨区域内に入るようだ。あの時も予想外の台風接近で奥穂高・前穂高登頂は断念し下山した。「山は逃げない」からまたタイミングの良い時に来れば良い」と言われるが、どの山も登れるチャンスはそう多くないと思う。お家事情や休暇・体調・お天気等の条件が整のった時にだけ登れる訳で、日を追うごとに厳しくなってくる。
今年は例年以上に山岳事故が多い。いつも自分を重ねてしまう。まだまだ初心者なので基本をしっかり厳守して歩くことにしよう。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

My Web が見れない 

何が原因なのか…昨夜からMy HP が見れなくなってしまっていた。ひとつ分かったのはFTPパスワードが変えられてしまっていた事。ファイル転送ができないだけでなく、何か他にも影響しているようだ。
どうも不安定である。ウィルスチェックが完璧に対応しているのだが…
しばらくモンモンしそうだ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ALPSLABとカシミールで遊ぶ

ALPSLAB 次世代地図サービスは以前からお世話になっていたが、その中でALPSLAB route というサービスがある。歩いた軌跡がスクロールし同時に標高断面図も連動し動く。おまけにHTMLコードが表示されWEBやBLOGに貼り付けできてしまう。例えば過日登った大朝日岳をやってみると…

このように出来てしまった。
もうひとつはカシミールを入手できた。これも以前から興味があったが、いざやってみると面白い。特に断面図はどんなところでも地球を切断できて、標高や距離・経過時間そしてありがたい事には沿面距離も計測してくれる。今までは万歩計をつけて計測してきたが今後は不要である。
バードヴュー機能はGoogleEerthの方が使いやすく詳細だった。地図を国土地理院の25000分1に切り替えてスクロールもできる点は気に入った。
また山行が楽しくなってきた。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

デマンド乗合タクシー実証運行開始

昨年から検討準備が進められていたデマンドタクシーの実証運行が町内(一部地域)で開始した。
「本町の公共交通は路線バスが中心となっているが、少子化、過疎化による利用者の減少に伴い、運行収支は悪化している。また、幹線道路主体の運行であるため、幹線から離れた集落の利便性が低くなっている。こうした状況から、地域の実情に応じた効率的で効果的な生活交通体系を構築するため、路線バスの見直しとあわせたデマンド型交通導入の実証運行を実施する。」との概要。
私は今後正式運行されることを期待しているのだが、広報誌等で案内もなされていたが、まだまだ認知度は低いように感じている。
デマンドタクシーという呼び方に一つ問題はないだろうか?利用されるだろう多くの方は高齢者である。この点についても論議された事と思うのだが、どうしてもピンとこない。
高齢者の耳には先ずは「タクシー」ではなくて「ハイヤー」だろう。(メーターも無いのだから)
需要・要求の「デマンド」ではなくて「来る来る(クルクル)」かなあ?
「クルクルハイヤー」
「来る来るハイヤー」
どうしても「デマインド」ならば「でまんど」だろう。
ネーミングは重要である。公募もせずに、いつの間にか「ふれあいタクシー」の看板が付いてしまってはいたが…
真剣に成功を願っている一人としてモンモンと思った。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: