劔岳登山 デジブック公開しました。





単三電池12本使用し約600枚の写真を撮っていました。改めて、未熟な登山暦しかないのに初チャレンジで我ながら無事によく登れたなあと思います。それを可能としたのは、ベストメンバーと絶好の天気と運だったでしょう。
デジブックは1作品100枚までの容量制限があるので採用する写真には限りが出てしまいます。
初日の室堂から劔沢の山小屋までの景観も素晴らしく、また別のデジブックにまとめてみようと思います。

大きな写真はこちら


おまけ
みるみる没っしていく太陽を撮ってみました。


スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

劒岳登れました!

DSCF1070.jpg

南九州3山のメンバー+2で劒岳に登って来ました。+2は安全上、前劒岳まででした。他のメンバーは過去に2回~3回挑んでいましたが、私にとっては初体験。本番前日からウキウキドキドキ!
メンバーのOさんは若かりし頃に一度山頂を踏んでいましたが、SさんとUさんは悪天候で前劒岳で引き返しており、三度目のチャレンジでした。
室堂から6時間かけベース小屋の劒山荘(けんざんそう)で一泊し、翌日午前3時半にスタートし劒岳をめざしました。



いっぷく劒山頂からみる前劒岳。劒岳はこの奥に待っています。前劒岳に登るだけでも急斜面で落石が多く大変でした。




DSCF1179.jpg
第33回日本アカデミー賞受賞「点の記」の舞台
DSCF1180.jpg
午後7時に就寝。深夜12時に目が覚めてしまい外に出てみました。

DSCF1191.jpg
満月です。
少々寒いくらいで風が強まってきていました。
DSCF1197.jpg
午前3時半出発です。まだ、真っ暗でした。
DSCF1236.jpg
午前5時ちょうど
前劒岳山頂で朝日が射してきました。

DSCF1201.jpg
DSCF1238.jpg

DSCF1252.jpg
朝日に輝く劒岳です。
画面中央下に最初の関門、カニの横ばいが見えます。

DSCF1261.jpg
Oさん
鎖が無かったら先ず無理!
「…行けるだろうか???」

DSCF1299.jpg

DSCF1319.jpg
午前6時半 山頂
おもわず「\(-o-)/」

DSCF1311.jpg
山頂からの展望

DSCF1332.jpg
「♪~富士は日本一の~山~♪」

DSCF1456.jpg
振り返っての劒全景

DSCF1461.jpg
見納めの劒岳山頂
また登りた~い!


大きな写真はこちら

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

劒岳に行ってきます

集合時間22時30分まで1時間30分しかなくなってしまった。
準備しよう。
DSCF0862.jpg
劒山荘では満月を見れるかもしれないなあ・・・

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

福島の夏がやってきた 暑い~!!

福島は予報では35℃を越える日でした。実感としては風も無く、体温以上になっていたと思います。
明日は今日よりも高い36℃の予報のようです。

DSCF0850s.jpg
千貫森(うつくしま百名山)の夕暮れ
DSCF0856s.jpg
ベランダに三脚を立てじっくりマニュアル撮影をしてみました。ここでもクレーターがしっかり写っています。
月もズームアップすると、見えなかったところが見えてきて面白い。

DSCF0843s.jpg
お客さんのお家に咲いていた「弁慶カツラ」
花が大好きな奥さんで、ご自身でもデジカメでいっぱい写真を撮られていました。
初めて見た花に感動して写真を撮らせていただきました。
DSCF0848s.jpg
古い物置の壁を飾る花々
土壁と板戸が素晴らしい!
「いい仕事してますねえ・・・」

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

天使が来たようです…

DSCF0836.jpg
3日間家を空け帰宅すると手作りクッキーが綺麗に飾られてありました。
どうやら不在時に天使がやってきていたようです。
メッセージカードもありました。
とてももったいなくて、しばらくは食べれません。


DSCF0837.jpg
合戦小屋で買ったパノラマ写真。
横幅は2.5mもあり、燕山荘から撮影された360度のパノラマ
ベッドの上の壁に貼ってみました。
ちなみに自分は「白馬岳」あたりで、細君は「槍ケ岳」に寝るようになりました。
山の夢しか見なくなりそうです。
ブラボ~!!

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

天空の城 ラピタ… 燕岳


DSCF0742.jpg
燕岳に「にりんそう」7名で登りました。この日にあわせたかのような梅雨明け宣言。晴天に恵まれ至福の1泊2日の山行となりました。
山荘は日本一泊まりたい山小屋ランキング第1位の「燕山荘」。半年前に予約していましたが、大変な繁忙期でありながら個室を利用でき超感激!高山病にかかってしまった細君も安心して休むことができ、2日目は回復でき感謝感謝!
三大急登といわれる約4.5KMの登山道を6時間かけて登りきりました。燕山荘の尾根に立った瞬間の感動はきっと生涯忘れることはないでしょう。



DSCF0736.jpg

DSCF0745.jpg

DSCF0590.jpg
日没

DSCF0605.jpg
北アルプスの夕暮れ
半分の月が中央に光っています。
DSCF0624ss.jpg
おもいっきり望遠で撮影してみました。(720mm)空気が澄んでいるので、クレーターまで写りました。

DSCF0709.jpg
イルカ岩と槍
AM4:40
イルカの口先から朝日が差し込んできました。

DSCF0550ss.jpg
初体験のブロッケン現象(映っているのは私です。)
太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲粒や霧粒によって光が散乱され、見る人の影の周りに、虹と似た光の輪となって現われる大気光学現象。光輪 (グローリー, glory) ともいう。
山岳の気象現象として有名で、尾根の日陰側かつ風上側の急勾配の谷で山肌に沿って雲(霧)がゆっくり這い上がり、稜線で日光にあたって消える場合によく観察される。

DSCF0685.jpg
日の出直前の富士山

DSCF0763.jpg
合戦小屋近くからの槍
DSCF0760.jpg
槍に吸い寄せられる思いがしました。

大きな写真はこちら

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

燕岳へ出発

山の会「にりんそう」7名で北アルプスの燕岳に出発します。今日は途中観光しながら麓近くの宿に行くだけで、明日からが本番。
ゲリラ豪雨が今日も発生する予報が出ているけど、どうやら梅雨明けの様子。天候が一番心配だったけど、本番日はお天気になりそうで良かったあ~
080809yoshkawa_html_56768347w.jpg
(写真借用)

信州山岳ガイドによると、
北アルプスの中で最も大衆的かつポピュラーな山のひとつ。
白馬岳や槍ヶ岳とともに御三家といってよい。
 長野県民で中学生のときに学校登山で登ったという経験者は数知れない。その意味では本格的大衆登山開花の山である。
 槍ヶ岳をめざすいくつものコースの中で、唯一長野県内のコースである表銀座コースの起点の山として人気は高い。ベテランの中でこの山を知らないという人はおそらく皆無ではあるまいか。
 とはいうものの、中房温泉からの登りは、燕山荘までおよそ標高差1,300メートル弱。なかなかきつい登りで烏帽子岳や笠ヶ岳のそれと同じく、今度は北アルプス急登御三家のひとつである。
 命名の由来は全体と部分の二説ある。山容全体がツバメが羽を広げたような姿だからという説と、頂上部の露岩のどれかがツバメに似ているからという説だ。どちらでもかまわないが、安曇野から仰ぎ見るこの山は単なる尾根のこぶのようだ。
 しかし、苦しい登りを終えて燕山荘付近に立ってみれば、頂上は、目の前に白い岩肌とハイマツの緑を調和させて凛として聳え、疲れを忘れさせる。


体調・準備はOK!

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

脱走防止…完成

DSCF0118.jpg
昨日の朝、ハッピーが玄関の網戸(引戸)を自分で開けて脱走しました。道路脇なので車が通り、その後をワンワン吼えながら追って行きました。
DSCF0094.jpg
先代のハッピーも同じでした。結局、車にひかれて即死。
DSCF0095.jpg
外にフェンスをするのも大変なので、思案した結果、材料費総額1873円(ラチスフェンス・ゴム自在車ST付・バネ丁番2ケ)で完成
両親はいつも完全に戸を閉める習慣がないので自動閉鎖型にするのが重要で、バネ丁番を利用することで解決できました。
S0010107.jpg
ハッピーはメインの脱走ルートが塞がれ、少々機嫌がよくなさそう…

まずまず、これで一安心です。

テーマ : 私のハンドメイド報告
ジャンル : 趣味・実用

プルーンが色付き始めましたが・・・

DSCF0062s.jpg

DSCF0063s.jpg
よく観察するとゼリー状のつゆが垂れている (・・?
DSCF0059s.jpg
裏を見ると枝にも吹き出ている (-_-;)
DSCF0066s.jpg
足元には何個も病気で落ちてしまっていた。
「ダイセン」という殺菌剤を何度も噴霧していたけど、今シーズンの長雨のせいだろうか?
なんとか残っている実には感染していないでほしい


新しいデジカメで早朝の花を撮影してみました。
DSCF0049s.jpg
ザオウ何とか
DSCF0052s.jpg
メランポジウム
DSCF0071s.jpg
ボリジ
DSCF0077s.jpg

DSCF0074s.jpg
オマケ
・・・  可愛くないゴンタ

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

FinePix HS10 到着

DSC09893s.jpg
三脚もいっしょに注文
Gorillapodという商品。単純に立てることの他に木に関節だらけの足をしばりつけたり、ぶら下げたり出来ちゃう。山向きである!
DSC09895s.jpg
でも、このカメラは重たかったようで、ヘナヘナとお尻を着いてしまった。でも転倒しないから使えそうだ!
S0020031s.jpg
モデル第1号 ハッピー  1秒10コマの連写で撮ってみました。
DSCF0002s.jpg
中庭に咲く紫陽花


ハイビジョン動画機能を試運転
TVの天気予報です。美人のお天気アナさんです。

テーマ : デジタルカメラ
ジャンル : 趣味・実用

FinePix HS10 注文完了

イチデジを検討して半年。
条件は、
山歩きがメインなので小型軽量が最大条件。
次に広角から富士山遠望撮影にも適した400ミリ以上の望遠。
パノラマ写真ができる。
耐寒性
できればダイナミックレンジ
安価

何点も候補があったけど、ケーズ電機で触ってきた結果、富士のFinePix HS10に決めました。

12.jpg
34.jpg
これで富士山が撮れればいいなあ 

週末予定している「燕岳」にあわせて、早速webで最安値を調べて注文完了!
試運転でまたどこかの山に登らねば…

テーマ : デジタルカメラ
ジャンル : 趣味・実用

日本百名山 「蔵王:熊野岳1841m」

家族全員+ハッピー(選挙権無し)で朝一番で(7時)選挙に出向きました。本当に迷う選挙で、後に戻るのは嫌なので、中学校時代のアイドルのO.Yに投票。結果が楽しみ・・・




帰宅早々、天候が崩れないうちにと細君と隣県の蔵王を目指しました。6年前に家族全員(7人)でドライブした以来で、あの時は濃霧で何も見えず。
気がつくと、山歩きを始めて宮城県の山は初めてでした。仙台出身の細君は嬉しい様子でした。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

うつくしま百名山 第63峰目は「背炙山」でした。

友人H君のお父さんが亡くなり、告別式が会津若松市内でとりおこなわれた。彼と初めて会った時に自慢の父親だと写真を見せてもらっていた。会津市内の老舗の呉服屋の主で、白いズボンにアロハシャツとサングラス。お洒落なお父さんで音楽好き。号泣する息子さんは間違いなく彼のDNAをひきついている。お父さんはドラムも叩き、孫さんのギターとのセッションを楽しみにしていたそうだ。お逢いすることは一度もなかったが、祭壇の前に立つと初めてお会いできたような感覚があった。お父さんがいて息子さんとの出逢いがあり、そして我が長男との縁が生まれ、長男もその縁でまた新しい出逢いを果たそうとしている。お父さんが亡くなられても、そうした脈々とした縁の連鎖の中で、永久に往き続けることになるんだあ・・・  合掌

SA3A0346s.jpg

きっとH君のお父さんも何度かは登られたに違いない。背炙山に登ってみた。福島市でいえば信夫山のような存在なんだと思う。
SA3A0356s.jpg
何基もあるアンテナの山といったら失礼かもしれない。一応「うつくしま百名山」である。私にとっては63峰目となる。20代の頃に福島県の防災無線基地の設計を8箇所やったが、その一つがこの山にある。どのアンテナがそうだったか?忘れてしまった。無線基地本体建物には有事に備えてバッテリー室も備えられていた。設計では何十個ものバッテリーを並べて置くスペースには、液漏れがあった場合に備えて防波堤を作るのだが、何センチの高さが必要か?全部のバッテリー液の容量を計算し、平面積で割ると高さが求められた。(~o~) なつかしい…
SA3A0355s.jpg
きっとここが山頂なのだろう。
SA3A0351s.jpg
磐梯山と猪苗代湖が一望にできる。
SA3A0350s.jpg
展望台に登ってみようとしたが、階段にはバリケードがあり不可。粗大ゴミ化した建物となっている。
レジの機種から察するともう何十年も放置されているのだろう…
SA3A0354s.jpg
唯一見つけた花


告別式の後ということもあり、どうしても足が地に着いていないような妙な感覚の山行でした。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

今年も元気に咲きました


ダイヤーズカモマイル

テーマ : 福島県『ど真ん中周遊情報発信センター』
ジャンル : 地域情報

念願の早池峰山に登りました。


早池峰山は、わが国では地形の生い立ちが最も古い山の一つに数えられます。蛇紋岩と花崗岩により形つくられ、ハヤチネウスユキソウ、ナンブトラノオ、ナンブイヌナズナ、ヒメコザクラ、ナンブトウウチソウなどの固有種、稀産種を含む数多くの高山植物が生息し、わが国における高山植物の宝庫となっています。



テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: