フローリングの手入れ

DSCF7329.jpg
築16年の我家。
表面がボコボコとゴミがこびりついていたり、ハッピー(犬)の爪痕が目立つようになった。
そこで、帰宅後、意を決して玄関ホールのフローリングのワックス剥離に専念。
所要時間2時間で約1㎡の実績。
説明書の通りにはいかなくて、16年の間に何度か重ね塗りしてしまったワックスは一回では剥がれない。
剥離材を専用のスポンジで塗り2分間待つ。
目地に沿ってスクレーパーで柔らかくなったワックスを削ると、カンナクズのように気持ちよく取れる。
この作業を2~3回繰り返すと、新築時のフローリングの色が蘇ってきた。
課題は11㎡あるホール廊下。
このペースだと、剥離だけでお、あと10日間もかかってしまう。
ウ~ン
四九日の法要まで新しいワックスかけまで出来るだろうか???


スポンサーサイト

テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ

「安全」ならば「保証」など全く必要はない!

玄海原発再開で、佐賀県知事が腰折れした。あとは、議会の判断だそうだ・・・

今更、「国が保証するから安全性は確保された」?・・・??

「安全」とは、危険がないこと、被害(有形・無形を問わず)を受ける可能性がないことである。

「保証」とは、主たる債務者が債務を履行しない場合に、その債務を主たる債務者に代わって履行する義務を負うことをいう。

「保証」とは「安全」だという意味では無い!


「安全」ならば「保証」など全く必要はない!

危険だから「保証」が必要なのだろ

海江田さんも佐賀県知事も国語の勉強すらしていないという事だ。




言葉遊びに無駄な時間を費やすべきではないが、電力不足を危惧するのであれば、この暑い夏を乗り切れるかチャレンジして、実績評価してからでもいいだろう。

ヤバくなると電力会社が故意に停電してしまうかも知れないけど、そうした姿勢を示す事が重要である。


いつまで持つかわからない政権だって海江田さんも知事も知っているから、どうでもいいのだろう。

幻滅した。

あげくの果てに知事は自分で判断できないから、議会に下駄をあずけた。度胸無しだ!

県議会議員だってどうするの?

正しい議員ならば、手抜き工事や事故連発した原発だって知っているのだから「NO」としか言えないだろう・・・。

是非、県民投票をやればいいのだ。佐賀県だけの問題でもないから国民投票だろうなぁ・・・

国が保証するっていっても、循環注水冷却装置は故障の連続だぜ。

ところで、佐賀県は福島原発の現場視察をやっていたのだろうか?

・・・(政治がやりにくくなるから、それは知りたくないの~♫)

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

被曝地図公開・・・これも株主責任だ! 

20110629-1.jpg
20110629-2.jpg
日本原子力開発機構が事故発生から2ケ月間の日本全国でも被曝線量を試算しHPでも公開した。
http://www.jaea.go.jp/jishin/kaisetsu03/kaisetsu03.htm
新聞記事(朝日新聞)では
「・・・1ミリシーベルトを超えたのは、福島県東部の一部にとどまった。・・・」
小堀龍之記者の文章だ。

ちょっと表現が違うのではないのか(怒)

正しくは

「・・・福島県東部の一部が一般人の年間限度1ミリシーベルトを超えた。・・・」だろう!(怒)
そんな些細な事でと批判があるかもしれないが、地元の福島県住民にとっては、これだけでも傷つくのだ。
(福島だけだから関係ないという本音を文章に感じるから)

そして痛感する。

「他人ごと」「見て見ぬふり」



株主総会で「原発撤退」が圧倒的な数で反対された。8:92である。
「とりあえず・・・」
とか
「経済を考えると・・・」
とか、曖昧な納得・言い訳ばかりだ。

それを無責任という!

こんな企業を支持し育て株主配当を長期間得てきた株主

機関投資家には金融機関や都道府県も多く含まれる。
総会には出席しないで圧倒的な株数の委任状に〇×書いて選んで出すだけで、表にでてこない。
東京都も原発賛成票だった。

総会に参加した個人投資家が大声あげて東電の責任追求や原発廃止を訴えても、筋書き通り多数決であっさり否認。

日本は変わらなければならないというのに、こんな意識では絶対に変わらない。

もう、沈没する。

こんな被曝地図を書かせたのも株主責任だ。

どうしてくれるんだ!

92%の原発大好き株主さん
壊れた原発をそっくり東京に持っていけよ!
永久的に崩壊熱出し続けて懐も暖かくなるよ


テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

株主総会で原発撤退否決 

東電・中電・九電でんでんでんでん

法人は株主のモノ

株主は個人投資家や機関投資家

投資家の意思で企業の方向が決まるのであるから、それに責任も伴うのは当然の事。

そして、この状況を招いた事も株主の責任である!


いい加減にしてほしい。この現実が見えない株主さん。

東電の株は7分の1に下落したようだが、破産する前に責任をとってほしいものだ。



テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

梅雨のハーブ

DSC06619.jpg
ダイヤーズカモマイル
DSC06614.jpg
タイムも満開
DSC06615.jpg
ヤロウ
DSC06617.jpg
おかむらさき4号(富良野のラベンダー)
DSC06622.jpg
ピンクのかすみ草
DSC06613.jpg
朝、定植してみた朝顔の苗、グリーンカーテンを作ろうと思う
DSC06620.jpg
月下美人(少々、旬が過ぎたかな?)
20110628.jpg
この1週間の我家の放射線量

テーマ : 園芸
ジャンル : 趣味・実用

休日の方が被ばく量が高いという現実

1日当たりの被ばく線量が休日で自宅にいた土曜日も日曜日も平日よりも1~2μsv多かった。
自宅では安心して過ごしたいのだが、我家は既にそういう環境ではなくなってしまっている。
年間20msvという規制は今年1年の暫定措置と聞いている。
本来は1msvであるのだから、その数値以下で過ごせるようにしなければならないのだが、睡眠時間時間中だけでも年間0.6×7×365=1.533msvとなり1msvを超えてしまうのだ。
憂鬱になってくる。
こんな環境では盆正月に若い息子夫婦達が帰ってきても泊めるわけにもいかない。
まして可愛い可愛い初孫だって・・・
水は放射線を通さないというので水枕を2つ作って線量実験してみたが、失敗した。
鉛入りの糸で編んだ蚊帳はどうだろうか?
無力だろうか?
現実味のある対策をあれこれ考えてやってみよう。


朝刊(福島民報)に福島市全域で一斉に実施された線量モニタリング結果が大きく出ていた。
それまでは渡利地区や信夫山周辺が高いと言われていた。でも、方木田や土湯などは比較的低いようだが、それ以外の地域では予想以上に高い数値で驚いた。
下水道の汚泥も場内に保管できない量に達してきている様子だ。
下水道普及率は全国でも低い福島市ではあるが、下水道の使用制限でもあれば生活できなくなってしまう。

放射能汚染による種々の問題は今後ますます表面化・深刻化していくのだろう・・・。

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

室内被ばくをなんとかしたい


http://youtu.be/UrCV8SBYLq0
相変わらず、放射線量が下がらない。(;´Д`)
TVで伊達市霊山町の小学校の建物をPTAや消防団の方々が洗浄したら3割程度線量が低下したと報じていた。
何度か外壁や窓を外からジェットノズルにして洗っていたが、もう一度試みる。
また、TVのBSが映らなくなった為、2階の天井裏に上って配線をチェックした際に天井裏(小屋裏)の計測もやってみたが、なんと0.75μsv/hの数値で愕然。
100mmの断熱材の下には12mmの石膏ボードがあって、その下が部屋である。
2階の部屋の線量が高いのは当然である。
20110626.jpg
小屋裏の上はすぐ瓦の屋根になるが、焼き瓦だから表面はピカピカで、今までずっと降り続いた雨で放射性物質は洗い流されてしまっていると思う。
ではなぜ数値が高いのか?
きっと、放射性物質が内部に入り込んでしまってホコリのように堆積してしまっているのだろう。
小屋裏は結露などを避けるために換気が良く造られているから、窓を開けた状態と同じだ。
一面グラスウールの断熱材が敷きつめられている。これでは除染なんてできないや。
どれだけ効果があるか分からないが、とりあえず、小屋裏の換気扇を回し放しにしてみよう。

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

線量計の違いと正しい解釈に一考

DSCF7314.jpg
先日、友人が持ってきた線量計と比較したら、数値が2倍も違っていて困惑してしてしまった。
今更ではあるが、線量計って何だろうと調べてみた。

以下、Wikipedia
放射線の検出、検出器の種類 [編集]放射線は肉眼にも見えず熱くもないので、検知するために特別な測定器具を用いる。測定したい線種と目的に応じて適切な器具を選ばなければならない。

個人の被曝線量を知るためには、フィルムバッジやガラス線量計が安価・軽量でよい。
表面汚染を検出するには、GM・ガイガー=ミュラー計数管などが用いられる。
空間線量を測定するには、シンチレーション検出器などが用いられる。
放射線スペクトルの分析には、半導体検出器やシンチレーション検出器が多く用いられる。



なるほど!
この2機種には2つの大きな違いがあった。
PRM1200(左)はシンチレーション検出器でセンサー位置は表面
RAYDIX(右)はミュラー計数管でセンサー位置は裏面

この写真で示している数値は、どちらも正しくて、意味は空間線量が0.44μsv/hで、床に敷いたタイルカーペットの表面汚染が0.22μsv/hあるという事なのだった。

PRM1200を購入した私の動機には「アメリカ製で食品の計測も可」と紹介されていたからだったが、取説を読んでも食品の計測方法の記載がなかった。明らかに紹介文は間違いである。シンチレーション検出器だから不向きだし、精度だって0.01μsvまでだ。
20110625.jpg
http://store.shopping.yahoo.co.jp/belaboratory/gigercounter-prm1200.html
精度が悪くて線量計を買い直す人がいると聞くが、その多くは、機器に応じた正し使用方法をしていないのが原因のように思える。
先週実施した口太山の線量調査でも、もう1台の機種もガイガー=ミュラー計数管タイプのもので、「下が〇〇シーベルト、上が△△シーベルト」と大きな幅があり、その平均値で記録していたのだった。

外部被ばくを正確に知る方法として空間線量率を正確に知る為にはPRM1200は適した機器なのだろう。
ホッとした。

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

そっくりだぁ

DSCF7325.jpg
石屋さんからいただいたフクロウ(不苦労
DSCF7325-1.jpg
鼻が●か▼の違いだけだった(^Д^)

テーマ : シーズー
ジャンル : ペット

どう対処するか・・・自宅の放射線

20110624.jpg
毎朝の定点線量計測をエクセルにまとめて5日目。
その日までの累積線量を計測開始の日からの日数でわって平均値を求めて×365。
1年間の推定値がわかる。このまま大きな事故や気象変化がなければ4.3msvの被ばくを受けそうだ。
過去3ケ月については勿論これ以上の数値だったろうが、それは川俣町の定点観測している近隣の外部線量から推定できそうだ。

20110623r.jpg
昨日の私の丸一日の線量推移。
ほぼ、このような生活パターンが多いと思う。1日当たりちょうど10μsvだった。
帰宅後の室内で過ごす時間が長いので、睡眠時の被ばくが気になる。
職場の室内は0.14μsv/hだけど、半日はどうしても外歩きは避けられない。
そんな生活パターンだが、毎日自宅にいる家族は、この数値以上になる。
推定0.5×24=12msvだろう・・・
行動パターンではどうしても回避できない自宅環境、、、
何か、方法がないかを考える毎日だ。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

3ケ月累計被ばくマップが出た

DSCF7315.jpg
福島民報6月22日朝刊
DSCF7315-1.jpg
文科省3ケ月積算被ばくマップ
どうも、いま一つ分かりにくいなぁ
そこで、グーグルの地形図を重ねてみると・・・
tikeizu.jpg
山の尾根筋にそって積算線量の等高線が右往左往しているのが見えてきた。
こうしてみると、川俣町は花塚山が長城となって守られたことがよく理解できてくる。
ただ、山木屋地区は高太石山の稜線が4時の方向(南東方向)に開いており、谷に沿って放射性物質が侵入してきたように見える。
今更、そうだったらこれからどうなるのって言われそうだが、今後の景況は、落下し付着した放射性物質が風で飛散する方向を知るのには、やはり地形的特性が大方を占めるのだろうと思うのだ。

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

雨だぁ・・・ 手造り観測機器完成

DSCF7320.jpg
数値が安定するまでの間、傘をさして棒と線量計を持っているのは辛い。
パタパタと廃材利用して造ってみた。雨天対応自立型測定が可能となった。
DSCF7319.jpg
さぁ~て、朝食にしよう。

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

寝ているだけでも1年間に約1.5ミリシーベルト(我家)

201106221hibunseki.jpg
5時半から就寝前までの累積線量グラフに行動を書き加えてみた。
20110623.jpg
就寝中の朝までの累計線量グラフ


この結果で分かったこと。
1、急勾配の時間帯が高線量区域に滞在していたことが分かり、行動を思い出しやすい。
2、車での移動中はどうしても被ばくを避けられない。
3、睡眠中の放射線の状況がわかる。(仮に異常に高い記録が残っていたとしても、後のまつりだけど)
4、丸一日の累積被ばく線量は10.58μsvだった。
5、この生活パターンで1年間過ごすと約3.9msvとなる。
6、就寝中だけで約4μsvとなり、全体の約40%の被ばくを受けていた

GPSも持ち歩けば、何処に行っていたかも全て分かるので、福島県人が30年間受ける健康診断のバックデータとして役にたつだろう。
でも、、、知られたくない行動だってあるもんなぁ・・・(悩)

それから、寝ている間の被ばく量が想像以上に高い比率(全体の約40%)だったのがショックである。
寝室が2階で毎時0.7μsvの環境だった。
1階のトイレが0.25で最も低い場所だが、寝れる環境ではないし、、、

鉄筋コンクリート造の場合は極端に低下出来るのだが、どうにか半分程度まで線量を抑えないとならない。
天井裏や床下は換気が良く造ってある(我が家の場合は、丁寧にどちらも換気扇を設けて強制換気していた)ので、当然放射性物質は入り込んでしまっている。そして壁の中にも入り込んでしまっているだろう。
だから、屋根や外壁を洗浄してみても、線量は下がらないだろう・・・
鉛入りのシートを室内の壁や天井に貼る方法もあるが、建材の性能表示が少ない。
そうなると、
現実味のある対策は、潜水服のような鉛入りのパジャマか棺桶スタイルのベッドなのだろうか・・・

悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩悩




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

オヤジの心配

(0.06×14+0.8×2+0.10×8)×365=1182.6μSV=1.1826mSV≒1mSV 合格!

110622_1542~01q
0.73μSV/h屋外
110622_1544~01q
0.06μSV/h
さすが鉄筋コンクリート造
玄関の外でも低線量だった。
久々に0.1以下の空気と知り、深呼吸をしてしまった。
汚染された区域内であっても、環境さえ整えば安全に生活ができそうだ

線量計買ってよかったぁ~



33℃の猛暑となった夏至。
でもクーラーは入れないで節電しよう!
そうすれば、原発が無くても日本は夏を乗り切れる実績が証明できる!
そうしないと、原発大好き人種によって放射能を永久的に強要されてしまうのだ!
原発は不要だ!
原発再開反対!

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

どっちが正しいの?

DSCF7314.jpg
友人が突然来て、線量計の比較をやることになった。
「どうも低く表示されるような気がして・・・」との事。
確かに、2機種を比較すると倍の違いがあるようだ。
帰ってから気がついたが、もっと、いろんな条件で比較してみるべきだった。
この種の精度の比較結果があれば良いのだが・・・


テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

FC2カウンター
リンク
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: