本名御神楽岳ヤマレコ登山記録公開

8月19日、会津金山町の本名御神楽岳に友人と登った。
その1週間後、栃木県の男性2名が遭難した。

遭難の2人無事発見、福島
2012.8.26 13:26
 26日午前8時10分ごろ、福島、新潟両県境にある本名御神楽岳(標高1266メートル)の登山道から外れたやぶの中で、25日に救助を求める110番してきた栃木県日光市の会社員山口英行さん(43)と吉新国典さん(37)を福島県警会津坂下署員らが発見、救助した。
 同署によると、2人は擦り傷などはあるが命に別条はない。25日に入山。下山途中道に迷った。

産経ニュース


県警のヘリが救助したとTVでも報道されたが、報道を車のラジオで知り、直ぐに「あの尾根を左に下りずに真直ぐ下ってしまったのだろう・・・」と遭難ポイントをイメージできた。
自分自身、別な山で同様のミスを侵してしまったことがある。その時は単独行だったので非常に心細い思いをした。5分ほどで気がついて、道を戻りリボンを発見して事なきを得た。
道標が少なく、特にマイナーな山には注意が必要だ。

本名御神楽岳は山頂以外ではdocomoもAUも利用できなかった。
基本に返り、無線など持って入山すべきなのかも・・・
私の場合、最近はスマートホンで「山旅ロガー」というアプリを利用してデータログを保存しているが、地図に表示するためには携帯がつながらないと表示できない。
表示されるのは地図のない軌跡までである。でも、それだけでもなんとか現在位置は特定できるのでありがたい。また、スマートホンは消費電力が多く、ログを常時ON状態にしていると節電モードでも8時間がめいっぱい。その為に予備のバッテリーも本体以外に2枚持ち歩くようにしている。

山では怪我がつきもので、自力歩行が出来なくなった場合の対策はとなると無防備である。せめて、救助要請するための通信設備だけでも完璧にしておくべきと、改めて考えさせられた事故だった。


http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-220274.html
スポンサーサイト

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

流石山・大倉山・三倉山縦走のヤマレコ記録

nagareisiyama.jpg


詳細はヤマレコをご覧下さい
今まで無料会員で「ヤマレコ」を利用させていただいていたけど、本日有料会員に登録。月額300円の利用料が12ケ月一括払いだと2ケ月分お得な割引があり、なんと3,150円。
送金手数料515円がついつい高額に感じてしまった。
データ保管が月割当容量が50MBだったのが6倍の300MBに増え、総割当量が20GBに拡大できた。1山記録しようとすると、写真量が多い為に、たちまち50MB程度使ってしまい、月が替わるまでに次の山を登ってしまうので有料会員になり容量増設させていただいた。
送金前に容量切り替えしていただいたので、慌てて送金させていただいたが有難いサービスである。
(お布施的感覚)

GPSmikurakokudo.jpg

DSCF3136.jpg
表情豊かな雲・雲・・雲・・・
空が高~い!
すでに秋の気配を感じさせた。
DSCF3126.jpg
「ふつくしま百名山」達成を秘めて歩き初めてはや4年。
76座目の山となった。
今回の山行では新しい仲間が参加。CANONの娘さんのご主人であるW君の参加だった。まだ20代の新婚さん。
アウトドア大好き人間で、途中福島最大規模の蕎麦畑を紹介してくれた。
義父のCANONは良い義息子を得たものだ。仲間として大事にお付き合いさせていただこう。
彼のおかげで天候に恵まれ、楽しく素晴らしい山行ができた。
DSCF3110.jpg
見かけはオッサンなのだけど、おちゃめなCANONである。(カメラを手にし撮影する方)

そして、のりが良いKINさん。ずっと先輩で,
すでに「うつくしま百名山」を達成。現在「うつくしま百名山×2」の二回り目中。

DSCF3142.jpg
よく目にする写真なんだけど、その場に立つと、その感動は×100倍なんだよなぁ・・・

DSCF3188.jpg
そして三倉山。
遠く遠く感じていた山だったけど、思ったよりも山頂に早く立つことができた。
尾根が福島県と栃木県の県境となっている。近くには三本槍岳があり、国取物語がある。
昔の人たちは尾根を境に国を分けたようだ。
なるほど、、、天候が全く変わる。
現在、竹島や尖閣諸島でワイワイ賑やかなんだけど、山と違って海の境目は決めようがないなぁ・・・





テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

「晩夏の三倉山縦走」 公開




CANONの作品です

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

久々に震度4 飛び起きる

saikinnozisin.jpg
3時41分、いわき沖を震源とした地震が発生。
連日の暑さで夜も寝苦しく、ウトウトしていたら前ぶれ無しにドカンと大きくゆれ、3秒後に家がきしむほど激しく揺れた。体感的には震度5程度だったかも。

4時に起床する予定だったので、そのまま起き出してTVの速報を見ていた。
ネットで調べてみると、ここ1週間だけのデータではあるが、まだまだ活発に地震は発生している。

原発、、、? 早く収束してくれないかなぁ・・・

不安は続くのだ。

さぁ、山に出発しよう。
今日は、三倉・大倉・流石山の縦走だ。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

10月開始 川俣町の除染事業

事故から1年7ケ月となるが、ようやく川俣町内の住環境(住宅)周辺の除染事業が開始する。
初年度は線量が高い地域が優先され、次のように地元企業とゼネコンとのJVで実施されるとの事。

福沢地区 フジタと安斎土木
小島地区 不動テトラと高橋
飯沢地区 松井建設と古俣工務店
大綱木地区 佐藤工業と高橋建設
小綱木地区 大成と香野建設

ひとつ疑問なのが、ゼネコンの参入とJV比率が明示されていないということである。
その理由としてはゼネコンは除染技術を持っているからという説明だけなのだ。

いつからゼネコンは除染技術を持ちえていたのだろうか???
ゼネコンといっても、実態は工程表を作成したり現場作業の記録をする現場監督さんだけがゼネコンの社員で、実際の除染作業にあたるのは協力下請企業にすぎない。単なるピンハネ企業だ。

地元企業は除染技術を持っていないということなのか?

ゼネコンだけが持ちえた特殊除染技術を使用するというのであれば納得もいくのだが、除染標準マニュアルに従って作業するのだから、特殊性はないように思えるのだ。

地元企業だけのキャパで完了できる作業ではないのも確かであるが、バッタ虫のように貼り付いてくるゼネコンの存在が気に入らない。

それよりも、ゼネコンがピンハネしてしまう膨大な税金を、除染い関してのエキスパートを監督を数多く募集し、広く作業員を確保し、過酷な作業に対する十分な賃金に回るようにすべき。

地元企業だって、この企業だけではなかったはずなのに・・・


テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

家族が増えた

DSC_1460.jpg
KANTA君がやってきた。
じいちゃんの私は、若夫婦といっしょにプールと花火をホームセンターにお出かけする。
心が弾む買物である。いっしょに歩くだけでも嬉しくなってくるものだ。

サイズが二種類あったプール。「大きい方が良い!」直径1.8mあるプール(1,580円安い!)を選び、レジでお金をはらおうとしたら財布がない。車に忘れてきてしまったのだ。
バツ悪くお嫁ちゃんに払ってもらう始末・・・
炎天下、早速細君とプールを開いてみたら直径1.8mとは大きい!畳2枚の大きさである。
水を入れたが、なかなか溜まらない。約30cmの深さに溜まるまで40分。

水量を計算してみると驚いた。
計算式は「半径×半径×3.14×高さ」で良かったと思うが、式に数値を入れると、なんと0・76トン!
お風呂3杯分の水量だった。
そして井戸水(放射性物質は検出無し)なので冷たい(定温で18度)
約4時間ほど太陽光で温める。

S0063031.jpg
まだ水に馴れていない様子のKANTA君は、パパに抱きついて離れなかったが、プールの外のMAMAの指示に従いパパがズボンのまま沈む。名監督のママ。水の中で楽しくKANTA君が遊び始めた。
縁側でワンワン吠えていたワンちゃん達3頭も加わり、お祭り気分。
DSC_1470.jpg
KANTA君には生まれて始めての花火体験となった。
KANTA君の目は恐怖と好奇心。
次から次に点火する花火に目をパチパチ。
KANTA君の成長を祝い、そしてようやく同日に生まれたKANTA君の初いとことなったAMANEちゃんの誕生を祝った。
120822_170204q.jpg

テーマ : 家族
ジャンル : 結婚・家庭生活

本名御神楽岳 暑かったぁ 痒かったぁ でも大満足

DSCF2877.jpg
19日、日曜日。
CANONさんとBATAYANとの三人で福島県金山町の「本名御神楽岳」を目指した。
7月初めに山開きがあり登る予定でいたけど、あいにくの雨天で参加断念していた山だった。
会津の山々には熊が多く出没するので、大人数が参加する山開きが登山のチャンスだ。
でも「うつくしま百名山」であり、日本200名山にもなっている著名な山だから、時期をずらしても誰か彼かは訪れる山であるに違いない。
しかし、そんな予想とは全く違って、終日我々三人だけの独占登山となった。

熊よけに準備したバクチクに火をつけて、ツユ払い。
しかし、熊ではなく、登山早々我々を襲ってきたのは大量のアブだった。

アブから早く逃れたく、標準タイム以上のペースでついつい早足になってしまう。
暑さも加わり、過酷な登山となってしまったが、尾根に出てからは壮大な眺望に感動し元気を取り戻すことができ、約4時間半で山頂に立つ。

山頂には、アブではなく赤トンボが舞う。
DSCF2845-001.jpg

DSCF2847-001.jpg

DSC_1437.jpg
004μsv/h
DSCF2849-001.jpg

DSCF2880.jpg

DSCF2874-001.jpg
雪渓が残る谷に虹がかかる!
DSCF2871-001.jpg
標高1266mの、登山口からの標高差は約800mではあったが、下山にもアブの出迎えを受け、翌日からは刺された箇所が20ケ所以上あることが分る。痒い痒い!そして久々の筋肉痛。

相手が熊さんでなくて幸いしたと思うしかないだろう・・・

でも、総じて、星3つの素晴らしい山だった。紅葉時期は超豪華版の化粧をするのであろう・・・


テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

県民健康管理調査結果の報道に唖然とする

DSC_1409.jpg

良かった!良かった!1ミリシーベルト未満は58.6%に増えた。
思っていたよりも被曝していなかったようだし、山下教授は「健康への影響は考えにくい」と言ってくれている。

・・・と、新聞を読んでしまったが、、、


20120814.jpg
件のHPでもNEWとして公開されているが、このデータには4ケ月間における外部被曝積算実効線量を推計と明示。

正しい解釈は、4ケ月間における被曝線量値なのである。1年間に換算した数値ではない。

話半分いやいや、話3分の1だよ(^_-)20120814_2.jpg
改めてその4ケ月間の自分自身の計測した積算線量をみると2.33ミリシーベルトだった。その最中でも除染等も積極的に行い、1年経過した時点においては4.2ミリシーベルトの被曝。
それが、今後どうなのか全くわからないけど、低線量被曝のメカニズムはチェルノブイリ事故後25年経過しても解明されている状況ではない。
まだ1年5ケ月しか経っていないというのに、危機意識を麻痺させようとするかのような文書表現をするマスコミ。
福島民報は3.11以降県外に脱出した購読者も多く売上が減る一方なので、こんな表現をしてしまったのだろう。

ホットで真実に切り込んだ報道を続けてきた「種まきジャーナル」が打ち切りされる動きがあるようだ。

復興に向けた動きはこれから本番というのに、今後は正しい情報をいかに入手していくか、、、そして正しく理解していくか、、、ますます疑心暗鬼に陥ってきている。

続きを読む

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

お盆

お盆の墓参り。昨年は墓石が倒れたままの所もあり震災の爪あとが残っていたが、ほとんどが元通りに復旧されたが、新しい塔婆が建てられ花がたむけられている墓地も目立った。この一年で、何人もの方が亡くなられた。

DSC_1408.jpg
除染後の花壇にゴーヤが実った。
senryouhikaku20120812.jpg
昨年6月20日に線量計を購入して毎日積算線量を記録している。
1年前と比較してみたが、ざっと見て、半分程度に低下したように思う。
昨年は年間4.2ミリシーベルトの被曝だったが、今年はこのまま何事もなければ1.92ミリシーベルトの見込みだ。

あたり前の日常を取り戻すのには、まだまだ時間がかかりそうであるが、少しだけ前に進んだだけでも嬉しく感じるものだ。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

エネ庁課長 吉野恭司の脳ミソは腐ったままだ。処分が甘~い!(怒)

エネ庁課長、脱原発検討せぬよう圧力

 経済産業省資源エネルギー庁の吉野恭司よしの・きょうじ原子力政策課長が昨年12月、核燃料サイクルの見直しを検討していた原子力委員会に対し「脱原発シナリオの分析を行うことは、慎重派を勇気づける材料になるが、原子力を維持する材料にはならない」との文書を渡し、脱原発の検討をやめるよう圧力をかけていたことが3日、分かった。

 原子力委はエネ庁の意向を受けて検討を先送りした。原子力委関係者は、課長の文書や、その後のエネ庁とのやりとりが影響したことを認めた。

 枝野幸男経産相は同日の記者会見で、文書は個人的に作成されたと説明した上で「原発を維持するかしないか政府方針が固まらない中、政府が原発維持を画策していると国民に受け取られかねず遺憾」と指摘。経産省は吉野課長を口頭の厳重注意処分とした。

 東京電力福島第1原発事故を受けたエネルギー政策の見直しをめぐり、政府のエネルギー・環境会議の依頼を受けた原子力委は今年1月、小委員会で核燃料サイクル政策の選択肢の検討を開始。一方、経産省の審議会が並行して、将来の総発電量に占める原発比率について検討を進めていた。

 課長が文書を渡した昨年12月は原子力委内部でサイクル政策の検討をどう進めるか調整していたころで、原子力委が独自に将来の原発比率を仮定して議論を進める方針だったという。

 経産省によると、吉野課長は昨年12月27日、近藤駿介こんどう・しゅんすけ原子力委員長らを訪問し、経産省の審議会が原発比率を示すのを待って核燃料サイクルの議論をするべきと述べ、補足として問題の文書を手渡したという。

 文書には「経産省審議会の議論を先取りしているとして、原子力委に大きな批判が予想される(原子力委のあり方論に発展するおそれ)」と、脅しとも取れる表現が盛り込まれている。
 この結果、原子力委の小委員会は原発比率を仮定せず、使用済み核燃料の再処理や地中廃棄などの技術的な検証を優先。今年3月末に経産省審議会が、原発ゼロを含む複数の原発比率をまとめたことを受け、小委員会は、その比率を基に4月から本格議論を始めた。

 吉野課長は共同通信の取材に「行政機関同士の意見交換として文書を渡したが、内容は筆が滑ってしまった。(原子力委が独自に脱原発シナリオを検討すると)数字が独り歩きし、議論が拡大することを懸念した」と述べた。
中国新聞


毎週行われる官邸前の反原発デモ
ようやくノーダ(野田)が代表者と面会する動きとなった。
「国民のさまざまな声をできるだけ聞きたい」
聞くだけの頭しかないようなコメントにまたもや失望。
デモの場で多くの人の声は全世界に既に届いている。
ノーダはYouTubeを見ていないのか?
できるだけ声を聞きたいというなら簡単じゃないか?

チョコチョコ交代する政権・内閣相手に、官僚は本気に仕事などできないだろう。
だからマイペース(独断)で、政権を虜にしてしまうような好き勝手なことを狡猾に進めてきていた。

枝野は口頭注意に留めてしまった。情けネエ~
芯の根っこから脳ミソまで腐ってしまってヤツなのに、注意しただけでは同様の詐害行為を繰り返すだけだろう!
当然、政府方針と違った動きを好き勝手にしでかしたのだから解雇である。
枝野には大鉈を振るう権限があるのだ。
実務レベルの人事まで神経を細やかに采配してほしいものだ。

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

まだ醒めぬ八ヶ岳


http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-211690.html
rootyatugadake-001.jpg

DSCF2370-001.jpg

DSCF2361-001.jpg

DSCF2416-001.jpg

DSCF2435-001.jpg
メンバー
DSCF2439-001.jpg

DSCF2558-001.jpg

DSCF2592-001.jpg

DSCF2656-001.jpg

DSCF2629-001.jpg

S0132731-002.jpg


続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

八ヶ岳

山の会「蟹会」メンバー5人で、7月27日(金)の夜に福島を経ち、夜通し高速を走り八ヶ岳を目指した。
好天続きとなっていたが、この2日間も、素晴らしい天気となった。友人が途中ギブアップしそうになり、仲間でザックの荷物を分散して担ぎ、本人は体ひとつに軽減して、なんとか念願達成!
団体行動の難しさと力を改めて体験。

http://www.digibook.net/d/ba54a353b1d9a409edb6bb720ea54b8e/?viewerMode=fullWindow


http://www.digibook.net/d/dd94c5b3a198a60975f5397206b78a9c/?viewerMode=fullWindow

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: