手作り離被架のその後

DSC_2326.jpg

依頼人の方も退院してなんとか在宅で1ケ月が過ぎた。
四肢のうち、三肢が機能しない生活は健常者の理解を超えていて、些細なことも普通じゃない。
例えば痒くてかきたくてもどうしようもない。ただ絶えるだけなのだ。
普通でいられることの有難さをそんなことでも思ってしまう。
依頼されて作った離被架は強度不足の為に一夜でつぶれてしまい、すぐに改良型を作った。厚手のダンボールを二枚重ねにして、足元側の折り目にはダンボールのバットレスを付けて補強。
それ以来、「毎晩熟睡できるようになりました」と喜んでいただいている。
強度的にも問題がないようでうである。
懸念していた寒さも、肩口を毛布で塞ぐだけで暖かいそうだ。

パーキンソン病で苦しむ方も数人担当している。進行の程度の違いはあるけど、普通に歩くことができない。イメージでは歩いているのだが、その瞬間瞬間足は動いていないので転倒してしまう。意識しても動かないもどかしさが繰り返すうちに精神が落ち込んでいく様子がわかる。
そんな時、どのように声かけしたら良いのかされ分らなくなってしまう。
あのIPS細胞の研究開発がどんどん進んでほしいと願うだけだった。



スポンサーサイト

テーマ : 介護用品
ジャンル : 福祉・ボランティア

これは使える ワン! エアクッション

DSC_2469.jpg
職場で仕入れするカタログに新製品として載った商品「エアクッション」
幅58cm×長さ198cm×厚み5cmのエアクッション
緊急時の寝具として、あるいはアウトドア用としても活用も出来そうなので仕入れてみた。
三層構造のナイロンで破れ難くできている。
ストローが1本付属品でついてきていたが、それが空気を入れる重要な部品だった。
いっぱに空気を入れるのに約10分かかり、少々辛かったけど、丸1日たってもエア漏れはなかった。

DSC_2475.jpg
寝心地は、、、10万から20万はするエアマットの静止モードと比較しても大きな違いは感じなかった。
身体は宙に浮く為、室温さえあれば床面からの冷たさは伝わってこないので暖かく感じた。
弱点は、、、1ケ所の空気取り入れですべてのセルに空気が充填されるので、1箇所でも穴が開けば全てがペチャンコになってしまう事だろうか。

「これなら床ずれも出来ないワン!」
とセバが言っていました。(笑)

ちなみに、税込み1,500円。
空気を抜いてしまえば、ハンカチ程度の体積になるので携帯性も良く、十分に山小屋でも利用できそうだ。

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

霜柱が立った



http://www.digibook.net/d/3004a353811e865574dca3d2febcca8c/?viewerMode=fullWindow
ピンチはチャンス!

クレームはビジネスチャンス!

どうも政局の動きをみていると「原発事故」をピンチやクレームに置き換えている政治家が多いように感じてしまい、正しい一票に迷う。

前回、自民党の愚作にあきれてしまい民主党に投票した自分としては、今回の選挙で誰に投票すべきなのか?

オブラートやフィルターがいっぱいあるようで、本当にわからない。
自民党は後退あるのみ
民主党はその場しのぎ
公明党はブリッ子で日和見的
この三党以外に日本を舵取りできる政党はどこなのか?

選挙までの3週間でこれからの日本が決まる。それは政治家ではなく、それを選択するこの自分自身の判断なのだ。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

東北百名山 「岩岳」 デジブック公開しました。


http://www.digibook.net/d/4b1483bb80dea614f8dd2b5462a50acc/?viewerMode=fullWindow

ヤマレコに写真も保存しています。ごらんください。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-248545.html
GMAP3Dq.jpg

kokudotiriintizuq.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

実感した宮城県内の放射能汚染

20121126.jpg
地図で確認してみると、宮城県丸森町筆甫にある夫婦岩は霊山のほぼ真北に位置しており、緯度は伊達市付近と変わらない。第1原発からは北北西約53KMの位置にある。

隣県、宮城県と聞くだけで、放射能は低いという感覚があり山登りに行ったのだが、特に夫婦岩は駐車場から線量が高いのが気になっていた。
DSCF4857-001.jpg
0.49μsv/h
DSCF4817-001.jpg
尾根までは杉林と雑木林の中の広い山道が続いた。沢のようでもあり湿っぽくて落ち葉が堆積していたが、線量計を確かめながら歩いたが、0.6~0.8μsv/hを示していた。
DSCF4833-001.jpg
尾根から山頂にかけては0.3~0.4μsv/h

歩いてみて実感したことは、山の汚染はどんどん麓に流れおちてきている。
現在、森林の除染は全く放置されたままの状況で、有効な除染方法を模索中である。
福島県ではようやくゼオライトを入れた袋を敷き詰める防護柵を雨水などが流れそうな場所に設置するイメージを新聞でも報じている。

下流域の汚染をくい止めなければ最終的には海もますます汚れていく。
分りきっていることなのだが、山は放置されたまままのだ。

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 宮城県
ジャンル : 地域情報

宮城県丸森町 筆甫(ひっぽ)の山を訪ねる

DSC_2458-001.jpg
山仲間4人で、伊達市梁川町から県境の松坂峠を越えて宮城県丸森町に入った。川俣からはちょうど50kmの筆甫に着く。
岩岳という標高460mの低山を目指したがナビにも表示されない。迷ったところにちょうど観光案内板があった。
みると、岩岳の近くに夫婦岩という山もあり登山ポイントのようで、今日はこの二つを登ることになった。
二山とも低山ではあったが、どちらもよく整備された県立自然公園で、特徴のある岩山だった。
でも岩岳は花崗岩の山、夫婦岩はイボ石の溶岩の山で、トリッキーで魅力溢れた山だった。
夫婦岩では、夫婦岩の全景を確認したくて岩場の下に下りてみたが、想像絶する急斜面で、身体を支えていた木が折れて5m程度滑落。落ち葉が厚く堆積した下はイボ石で滑りやすかった。
DSCF4850-002.jpg

戻るにも大変で、そのまま夫婦岩直下までよじ登る。
イボ石に指をかけても石が崩れる。久々に怖い思いをした。
恐る恐る夫婦岩を一周し、直系3mm程度のクマザサをたよりに斜面をよじ登る。

続く・・・

にほんブログ村

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

外仕事の一日

早朝また地震があり、ワンコ達が飛び起きた。
長く強い地震だった。震源地は宮城県沖地震で、川俣は震度3との報道だったが、もう少し強くも感じた。
地震がある度に原発はどうなのだろうと不安になる。
地区内の除染作業は7割終了しつつあるのに、ここで、また放射能が飛散してしまったら全く無駄に終わってしまうだろうし、気力が殺がれるおもいが押し寄せる。
幸いに異常はなかった様子だったが、今後も不安定な日本列島の上で生きていかなければならないのだから、もっと度胸をつけておかないとなぁ!
DSC_2434.jpg
今日は思いのほかお天気が良かった。
冬タイヤへの交換ついでに、車庫の掃除をやったり、葡萄棚の修理補強をやったり、樹木の剪定やら忙しく動き回った。
そして時間をかけた作業だったのが、庭の除染後の山砂埋め戻し箇所の手直しだった。
ずいぶんデコボコしていたので、長さ30cm程度の木材を手に持って平に均した。
そして芝を植える都合から踏み石を等間隔に埋めた。
作業していると、突然知人のWさんがやってきた。除染でやはり芝生を撤去してしまったのだそうで、私が洋芝を上手に再現させた話をTさんから聞いたので様子を見に来たのだった。
Wさんも以前は高麗芝を張っていたのだが、雑草駆除が大変だったそうで、それに比べ洋芝はそれほど手間がかからないと聞いていたようである。洋芝は除草剤が使えないので手間がかかるように感じるが、雑草の種が土に落ちにくい為か、雑草は少ないように感じていた。
ただ、放射能を除去する苗作りの説明をすると、相当に手間がかかるので、首をかしげて帰っていった。

コツコツと繰り返せば、必ず終わる。終わらなかった作業は今までない。
そう思ってやるしかないんだけどね。

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

ヘッドライトをリフレッシュ

DSC_2427-001.jpg
施工前
黄ばんでくもっていたヘッドライト
DSC_2431.jpg
施工後
黄ばみが取れて普通の感じになった。
DSC_2433.jpg
半信半疑で購入していたリフレッシュ研磨剤
充分な時間があったので、車庫の中でチャレンジしてみました。

たっぷり液が残ったので、次は、メガネをやってみようか?

テーマ : プリウス
ジャンル : 車・バイク

「広く捉えて慎重に判断していく」 カッタルイ! 大飯原発F6断層

20121121.jpg
F6断層が活断層か単なる地滑りなのか?そして12万年前よりも前なのか後なのか?
科学的に判断し白黒灰を決めるというが、年代は不明でも、TVに映る地層を見れば素人でさえ複雑な地層をしているのは容易に理解できる。
2012112102.jpg

限りなく「黒」ではないのか?
そして12万年前という「ものさし」・・・意味不明である。
文化が12万年毎に生まれ変るいう定義があるのであれば理解できる。
仮に、今がその境目の時代だったとしよう。不幸にして今日がその12万年経過した最終の安全日で、明日は12万年を過ぎた新らしい時代の初日だとする。
その時断層がずれて原発が事故って、福島原発事故以上の難民を産む日となるのなら、即刻停止するのがノーマルな考えなのではなかろうか?それが、人間の知恵と言えるのだろうか??????

12万年前という「ものさし」に拘れば、そんな事しか考えられない。
誰がそんな「ものさし」を根拠に「安全」と判断できるのか?
誰もいないと思うのである。
福島原発事故が現実に起こって1年8ケ月が過ぎた今、真剣にシビアに判断すべき事なのだが、まだ9割の国民の関心事は「脱原発」では無く「景気対策」だという・・・愕然としてしまった。
どこまでも他人事に過ぎない福島原発事故。

10人に1人の共感者しかいない日本
同じ日本人なの?
福島だけが特殊な考えなの?


限りなくグレーに近いというのは地層が語っているじゃないか!

オ~イ!もう、いいから停止してくれよ~!。大飯(オ~イ!)原発!
半信半疑でやっている現場関係者!止めてくれよ~

脱原発を明確にマニフェストにする政党以外、全く興味がなくなった。

にほんブログ村

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

パンジーを植える

大きなダンボールに2パレットものパンジーのポット植えが姉から届いた。
冬の花、パンジー色々・・・
香りが広がった。
DSC_2376.jpg
そのまま植えてしまうのももったいない。
ワンコをモデルに何枚か撮影。どうも動きが速くて難しい・・・
DSC_2375.jpg
除染がほぼ終わり、残しておいた洋芝の苗作りもやった。
放射能で汚染されているので根を残すまで土を竹べらでかき落とし、更に根を洗ってから20cm間隔で植えてみた。
もう雪が降る時期なので根付くかどうか?
まぁ、やるだけやってみよう。

テーマ : 花のある暮らし*
ジャンル : ライフ

60本の爪きり 3ワンとお出かけ

DSC_2372.jpg
日頃からワンちゃんたちの爪の音が気になっていたので、爪きりに出かけた。
1匹500円で3匹。
頭の中での計算は・・・手足 5×2×2×3=60本
細君が「人間だって同じ数だよ」と言う。
そうだった。人間も同じだったんだよなぁ~

お店に着いた時にセバがはしゃぎ猛ダッシュ。
その時にハーネスのリードの停め金具が壊れてしまった。

しょうがなく、新しいハーネスを購入。お店のギャルに計測してもらったら、なんと胴回り50cm。
セバとシャンは、我家に来て5ケ月。太ってしまったのだろうか?
まあいいや。太っていたほうが可愛いし頼もしい!


テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

一時保管場所の仮置き場かな? 分らない

DSC_2371.jpg
週に1度は通る道沿いに、突然のごとく放射能汚染廃棄物が並んでいた。
川俣町小島地区の放射能汚染廃棄物の保管場所。消防第6分団屯所の直下にある水田約500㎡が整地されて保管場所となっていた。
我家は別の保管場所に大量の汚染物が運ばれたのだったが、既存の水路はあるし、周辺には人家もあるし、こんな環境に野積み状態されていた。ざっと5軒分の廃棄量だろうか?

DSC_2370.jpg
立入禁止の表示は一切無い。
どう見ても、保管場所の為の仮置き場という印象だった。
こんな勢いで除染が進んでいる。
この黒い袋の耐用年数は、なんとわずか5年だという。
耐用年数が過ぎない内に、まだ決定されていない一時保管場所に搬出されなければならないのだ。

誰も(自分の)自宅のすぐ傍に、こんな丸裸状態で置かれたら絶望感を覚えるだろう・・・
こんな状況下で衆議院選挙だ。
最終処分場は永田町の国会にしてほしいよ

景気を改善してほしいのは山々だが、先ずは汚染ゴミを早急に解決してほしい。
民主党か?
自民党か?
共産党か?
維新の会か?


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

COCOチャンデビュー


ラブと柴犬のMIXのCOCOちゃん
KINさん夫婦に家族入りしてもうすぐ1ケ月。
大事に大事に幼児教育をされている最中でした。
目指せ!百名山!

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

初霜lが降りた

DSC_2354.jpg
久々に夜中も起きることなく熟睡できた。
カーテンを開けると外は真っ白。初霜が降りていた。
今年も食べられなかったイチゴも紅葉し、霜化粧。
初雪も近いだろう・・・
DSC_2350.jpg
昨日撮影した道路工事の状況

熟睡できたのは、道路の横断溝両脇の舗装工事が完成したので、大型車両が夜中に通過しても音や振動がなく、気が付かなかった。
静かな朝を取り戻せた。(嬉)

DSC_2360.jpg
DSC_2361.jpg
昨日までの庭の除染
掘り下げた部分には山砂を入れて終了となる。
線量は地表面で0.2μsv/h前後まで低減できていた。

今日が除染7日目となる。あと2-3日くらいかかるのかもしれない。
DSC_2356.jpg
ほとんどの畑は花程度しか作れない一年だった。
来年はどうするか、土壤の除染後の結果が分っていないのでなんとも判断できないか。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

除染6日目 ホットスポットを入念に除染した

DSC_2348.jpg
当初の除染計画になかった道路と宅地との間の土地が高線量(2μsv/h以上)であることが分った。原因は、道路側溝がなく、道路の面排水がこの部分に流れたことによる。
分った以上は無視できないと提言され表土を剥ぎ取った。線量計で確認しながらの作業。道路との段差ができてしまったので、砂利を入れるようになった。
DSC_2346.jpg
屋根の竪樋が壊れて放置していた直下の土留め石が取り除かれた。洗っても洗っても4000cpmから下がらなかったので相談を受けた。撮影後に排水桝はコンクリート製だったので、ハンマーで叩いて高線量の部分をはつってくれた。
DSC_2345.jpg
自分で表土を剥いだ後に洋芝を植えたが、まだ植えていなかった部分も更に3cm表土を剥いてもらった。
この植えに山砂を入れるようになるが、土場は隣の伊達市月館町の山だそうだ。もっと遠くの新鮮な山砂を希望したかったが、那須高原から持ってくる芝生でも0.2μsv/h以上あるそうなので、あきらめた。
日本国中が汚染されてしまったのだ。

まだまだ除染作業は終わりがみえない様子。
思っていたよりもとても大変な作業で、作業員の方々に感謝したい気持ちが芽生えてきた。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

FC2カウンター
リンク
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: