うつくしま百名山 84座目「佐倉山」



http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-304226.html
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

ヤマレコで知る放射線量 大嵐山山頂は0.22~0.24

yamarekonodareka-001.jpg
ヤマレコで「最近の登山で会ったかも?」という山案内があり、訪ねてみると同じ大嵐山山開きに参加されていた方のヤマレコの登山記録だった。
写真を見せていただくと画面中央に確かに自分自身が写っているではないか。
一人旅だったので、自分を撮影するには苦労するのだったが、このようなことで自分の姿を確認できるなんて、素晴らしいと思ってしまった。
DSCF7539.jpg
そして気になった記事であったが、同じく放射線量を計測されていて、山頂では0.24μsv/hあったという。
自分も計測していたのだったが、0.22μsv/hあり、隣接する佐倉山では0.05μsv/hだったので、誤動作していたかと思って未公開にしていた。
でも、、、この方の計測とそう変わらなかったので正しい情報なのだと思う。
標高も1500m級あり、高い所の方が放射線量は残っているのだと改めて実感してしまった。
登山後にふるまわれたすいとんには地元のワラビがいっぱい入っていたし山菜の油炒めもふるまれていて食べてしまったのだったが、、、やはり、、、そうか、、、

 


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : ライフ

うつくしま百名山 大嵐山


テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

不慣れな車中泊  それも経験かな?

筑波以来の二度目の車中泊
宿の予約無しで出かけてしまった。夕方5時過ぎに宿にお願いしても、食事準備ができないと断られるのはもっともだろう。
寝袋とエアマットを持ってきていたので、寝るだけならどうにかなる。
でも、翌日はメインイベントの登山が控えている。体調管理しなければならない。
カップ麺は大量にあるのだが、ご飯が食べたい。途中買い物ができるコンビニを探しながら移動。
車中泊の場所はトイレが完備された道の駅にかぎると思った。
南会津には352線沿いに道の駅があったけど、大嵐山登山口を約10km通り越してしまう位置だ。
何度か行ったことがあり南郷の「きらら289」までの距離を調べると程近いことがわかり、きららから大嵐登山口までは24kmだった。そしてたしか交差点の近くにコンビニもあったと記憶がよみがえってきた。
DSC_3480-001.jpg
大豆温泉付近でも携帯の電波が支障なく利用できたので情報収集ができたが、そうでなければどうしていただろう。
289号を夜8時の時間帯にドライブするのは始めての事。
人家はあるけど真っ暗だった。気ままな独り旅とは言え、、、心細いのが正直だった。
右折するとトンネル過ぎてすぐに「きらら289」がある交差点まで来てホッとする。
コンビニがあった。駐車場には一台も停車していない。
店内に入ると店員も誰もいない。
まっしぐらに正面にある米飯ケースに行くと、ご飯類が全く無し(驚)
この時間だから売り切れてしまったのだろうと思った。
ご飯は電子レンジでチンするパックや湯で温めるお粥程度。
お粥なら山でも食べられるので2つ取り、欠かせないビールとおつまみを買って店を出た。


駐車場とトイレの外灯が適度に車内も照らしてくれ独り宴会をする。ここも携帯の電波は支障なくて友人知人とメール三昧。寂しくない。ビール1リットルも飲むと、トイレに行きたくなるが、目の前である。
プリウスも後部座席を倒すとトランクと合わせフラットになり、1.8メートルのものが置けるので、エアマットも縦にしっかり配置でき、独りで寝るには充分だった。天井が低いけど寝てしまえば50cmあれば問題なし。
疲れと酔いも重なり熟睡できた。
DSC_3484.jpg
翌朝、外に動きを感じて4時に起床。15台前後のビバーク車があり、みなさん早い朝の準備で、特にトイレに行き来している様子。でも朝食を準備している様子がなく、車内でパンをかじっている人が多い。
屋外でガスは使えないのかな?
DSC_3491.jpg
周辺をうろうろしたらトイレの脇に下に下りる階段があり行くと広場になっていた。絶好の朝食会場発見
駐車場は完全に見えない。
DSC_3485.jpg
気がねなく調理(とは言ってもお湯を沸かすだけ)して、いただきます!
DSC_3486.jpg
お粥が美味かった!食べ慣れたドンベイを食べた後のカップにそのまま入れてみた。
、期待通りの塩味も加わり美味!
空っぽの胃袋にかけ込んだ。
DSC_3489_20130527053920.jpg
最後にデザートのオレンジとコーヒー
お粥を温めた残り湯でコーヒーを入れようとしたが、沸騰していたお湯だから雑菌はないとは言えパックの印刷インクが溶け込んでいるかも知れないのでカップを温めるだけにして、昨夜コンビニで買った「アルプスの天然水」を沸かし直してコーヒーを入れた。
しみじみと、「これも経験だよなぁ・・・」と思い、独り笑い。
飲み終えたカップはそのまま歯磨きに使い、無駄洗いはしない。
充分満足できた朝食。ゴミをまとめて、トイレを済ませて着替えして、いざ出陣。
山頂で食べるおにぎりはまたコンビニに立ち寄れば良い。5時を過ぎているので、朝の荷受けは終わっているはずだ。
トンネルを出て右折。
「アレレ (゜o゜)」シャッターが下りている!
この地域のコンビニは24時間営業はやっていないのだった。
これも、また経験かなぁ・・・


テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

中山と佐倉山GET

DSCF7237.jpg
中山(下郷町)
DSCF7437.jpg
佐倉山(舘岩村)



DSC_3479.jpg
ただ今は、小豆温泉露天風呂
DSCF7442.jpg

午後7時までの営業で町外の方は料金は700円
佐倉山は登山口が変わっており、探すのに一苦労。
登り始めたのが午後3時を過ぎていた。
一般的なには平均では3時間要するのでハイペースで急坂を急いだ。
確かに星三つの山だった。
偽ピークに踊らされる事六回めで山頂に立てた。
数ある給登を体験してきたが、佐倉山は岩と根っ子に両手両足使い体を引き上げる超しんどい山だった。
途中でやめるのもできないから頑張るしかない。
なんとかかんとか立てた山頂
木々の間から白い壁が見えた。会津駒ケ岳である。
予想もしていなかっただけに、涙が出るほど感動!

1時間10分だったので標準タイムより20分は時間を短縮できたが、下山はやはり一時間要すると思った。
でも、転げ落ちるように急いだら、なんと30分で下山出来た。

来月は57回目の誕生日を迎える予定なのだが、我ながらよく頑張る事が出来た。


露天風呂に浸かりながらスマホで書いていたら顔からも汗が吹き出してしまった。
もう閉館のようだ。
さぁ、どこでビバークしようか?
トイレがあってコンビニがあるところを探しながら舘岩に戻ろう。
ファイト!


テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

好天続きだ! 一泊で南会津へ行こう

今日は、うつくしま百名山の山旅に出る。
明日は会津磐梯山も山開きであるが、舘岩村の「大嵐山」の山開きに混ぜていただこうと思案していた。
その近くに、佐倉山という☆3つの岩山もある。
今日は下郷町の中山に登り、舘岩に移動して佐倉山。
ビバークするか民宿にでももぐりこむかは行っての判断。
めずらしく全部自分で入念に準備した。なにせ一人旅なので、どこに何を入れたかわからないと、その場で苛立ってしまう。
両日ともまずまずの好天の様子。
さぁ、、、出よう!

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

苦肉の工夫 ベッドの高さ調整策 

DSC_3441.jpg
要支援だった方が要介護になった。
要介護2以上の認定であれば介護ベッドのレンタルも可能なのだったが、種々の人的サービスを組むと利用限度額をオーバーしてしまう状況で、毎日の寝起きの為の簡易ベッドを介護ベッドに変更することが困難だった。

それまでは畳の上にふとんを敷いて寝起きされていた方が、いよいよ立つことが困難になってきて、そうなると息子さんや娘さん達が心配してベッドを購入してくださる例が非常に多い。
それも折りたたみ式の簡易ベッドが圧倒的であるが、総じてベッド床高さが低い。
せいぜい床から30cm程度の商品がほとんどであり、最初はそれでも間に合っていても、しだいに立ちにくくなってくる。
身長の高い低いにも左右されるけど、160cm程度の身長があると「せーの」と掛け声をかけてやっと立てる高さなのだ。

この方の例外無しにその対象で、立てなくなってしまった。すぐ脇に奥様が利用する介護ベッドがあるので、そのサイドレール(柵)にすがり、なんとか立位確保ができる。

策に悩むCMさんから「SAITOさん、何か考えて!」と言われ、咄嗟に提案した方法が厚さ10cmのコンクリートブロックを下に敷いて簡易ベッドを上げてしまうというもの。

賛否はあると思ったが、材料費600円をいただき早速やってみた。

フローリングに傷がつかないように、コンクリートブロックの下に厚手の布をカットして敷いた。
重量もあり安定している上、上部の面はザラザラしているので、ベッド脚もずれにくく安定した。

ベッド床高さが40cmになり、ご本人もスクッと立ち上がりができるようになり喜んでおられた。

全く利益にはならない手間だったけど、この程度の施しで済むのであれば、誰に怒られる利用もなかろう。
当面は充分役にたてるだろう。いずれ、しっかりした手すりがないと立ち上がりも困難になっていくのは予想できる。
そうなったらば介護度も重くなるのだから限度額も増え、介護ベッドへの変更も可能であろう・・・
何がなんでも利益にしていく姿勢は大事なのだが、工夫のタダ売りもこの仕事には必要な場合もあると自己弁解。

利用者が増え大変になってきたけど、今は気配りできる部下のKさんもいるので、なんとか数もこなせるようになった。






テーマ : 福祉用具・介護用品
ジャンル : 福祉・ボランティア

お天気に感謝

DSC_3440523.jpg
連日好天が続く。
早朝から庭の芝生の手入れをやり、定植した花々に水をたっぷりあげたり。
一汗かいてからベンチでコーヒーを飲みながら朝刊を読む。
芝生も急に伸びが速くなって1週間に1度は刈り込まないと病気になってしまう。
刈り込んだ後の新しい芝はとても気持ちが良い。

忙しくも、のんびりと気ままに過ごせるお天気に感謝。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

デジブック公開しました。「安達太良に恋して」


http://www.digibook.net/d/f684ef3b811e8280e372a946dcae8b88/?viewerMode=fullWindow
まだ余韻が残る安達太良
これからガンガン登る予定があるけれど、今年の山NO1かもしれないなぁ~

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-300340.html

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

二人の安達太良山 公開


昨日の安達太良登山をCANONが手早くデジブックに公開。
優しい親心が伝わってくる作品です。

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

8ケ月ぶりの再会 山は楽しいなぁ~

沼尻から安達太良に登る。
この上ない好天に恵まれ、いい予感!
DSCF7079-001.jpg
8ケ月前に会津駒ケ岳で知り合ったカモシカちゃんカップルと偶然にも再会。
こんなことってあるんだよなぁ~。
DSCF7050-001.jpg
沢登り・体内くぐり・絶壁・雪渓・藪こぎ・・・
山メニューオンパレードとなったハードな工程だったけど、疲れも忘れ楽しい山登りとなった。
DSCF7125_20130518231934.jpg
終日、磐梯山・飯豊山・吾妻山は陰ることなく穏やかに我々混成チームに微笑み続けてくれた。
DSCF7153-001.jpg
そして、月も・・・
DSCF7171.jpg
この時期だけ楽しめる山からのプレゼントに敏感に反応。
事故もなく約9kmの道を供することができた。
聴けば、二人の両親と変わらぬ自分の歳。
息子や娘と言っても良い二人は、とっても輝いていてまぶしかった。
またの再会を約し握手して別れた。
DSCF7124-001.jpg
若い二人が気がついた妙な雲?
「地震雲っていうんだよ」などとフザけて答えたが、その後に山も少しグラついた。
福島県沖で震度5の地震が発生。(驚)
やっぱり、そうだったのか・・・

明日は、安達太良の山開きである。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : ライフ

ゴムの挿し木 今度こそは成功したい

過去、何度も失敗していたゴムの木の挿し木をやった。
5月6月が絶好の時期らしい。
DSCF6910.jpg
二枚葉を残す程度に親木からわき目をカットすると、切り口から白い樹液(天然ラテックス)が溢れ出す。
水洗いを繰り返し、魔法の「メネデール」水溶液に一昼夜浸す。
ミズゴケで切り口を輪ゴムで覆い準備完了。
DSCF6911.jpg
雑に見えてしまうけど、切り口が痛まずに保水できる。
DSCF6913.jpg
こだわりは土。
挿し木用の土で過去失敗していたので、今回は鹿沼土とバーミキュライトを4:6程度に混ぜて鉢植え。
DSCF6914.jpg
たっぷりメネデール水溶液をかけて完成。
風通りの良い日陰に安置。
乾燥しないように水を与え続けなければならないけど、執念深い性格なので成功するだろう?

テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

Nさんの死

この仕事に就いて5年目となった。
その間、幾度もの利用者の死と直面する。

昨日も訃報の連絡があり、同僚となったKさんを引き連れてレンタル用品の回収に伺った。
既にNさんのご遺体は病院から自宅に戻られていた。

私が仕事を引き継いだ時から永く出入りさせていただいていたNさんだった上に、あまりにも急速にレベルダウンしてしまい、入院後わずか1ケ月での訃報となった。

焼香させていただいた後、お顔を見せていただき口元に脱脂綿を使い水をささげる。
仕事としておつきあいさせていただいただけなのに、こみ上げてくる感情を抑えるのが辛かった。

心のギアチェンジをしてから、レンタル品の回収を行った。
手すりやテーブル、ベッド、マットレス等々・・・
手すり等は特にNさんの想いがよみがえる商材で、・・・辛い。
今まで立つことができなかった事が、その手すりによって自力で立つことができて、Nさん自身が目を輝かせる。
わずか、それだけのことなのだけれども、Nさんにとっては大きな希望の始まりなのだった。

健常者の「ものさし」は、利用者に対して、得てして乱暴なアドバイスになってしまう。
極めこまい観察をして、(これで良いのか?他に手段はないのか?)と自問自答して仕事をしないと、利用者の希望とのギャップは詰まっていかないのだろう・・・

車椅子に座ったまま、テーブルに顔を垂れ、うずくまったままだったNさんの1ケ月前の姿が脳裏から離れない。

(お前はNさんに対し100%の仕事をしていたか?)・・・


・・・ 合掌 ・・・






テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

洋芝増設作戦 刈り込み後の新芽を利用 どうやら成功かな  

DSCF6896.jpg
除染で全面除去してしまった庭の芝生を洋芝に再生中。
除染時に、洋芝を鋤くって、水洗いして放射性物質(土)を洗い落とし、一本一本に分離させて植え込んでみたら、順調に成育して新しい新芽がどんどん伸びてきた。刈り込むほど新芽がたくさん出てくる。
刈り込んだ後には、大量の新芽がゴミとなってしまうのだが、それをメネデール水溶液に浸してみた。
DSCF6902.jpg
4日位経過しただけだったが、切り口付近から2cm位の長さの根が生えてきた。(驚)
DSCF6904.jpg
それを早速、定植してみたのだったが、この程度で増殖できるのなら、今年中には全面芝生も夢ではないかも?
以前の高麗芝と違って、成長が速い上に雑草も生えにくい様子。
元々は、安達太良カントリーのグリーンに使われていた洋芝で、山の会の会長さんが「日陰でも成長が速いから」と持ってきてくださったものを高麗芝と混ぜて楽しんでいた。
病気にも強く、冬季間でも青々していて綺麗だ。
除染によって、家の周辺は白っぽい山砂のままになっている裸地がいっぱいで、なんとも寂しい。

我が家の復旧は、ちょっとした「ひと手間」で、無駄なく潤いを取り戻せそうだ。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

山開きがいっぱい

DSC_3407.jpg
週末になると県内の山々で「山開き」があちこち開催される。
どっちにしようか?天候にも左右されてしまうけど、今年は「うつくしま百名山」を出来るだけ登りたい。
あと、、、18座残っているのだが、中山・佐倉山・大嵐山の三山を1泊2日の予定で登ってみようかな?

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
リンク
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: