ハッピーと千貫森 紅葉が素晴らしかった

週末、連日の晴天が続いた。
留守番をしなければならず、愛犬ハッピーと二人だけの二日間。
遠くには出かけられなかったので、土曜日は庭や畑の手入れや掃除で一日が終わってしまった。
土曜日に続き日曜日も晴天。もったいない!
淋しがり屋のハッピーは終止どこに行くのかを見ている様子だ。
2日間一人ボッチにして出かけた時があったので、心配なのだろう。
そこで、近くの千貫森ならばハッピーも登ったことがあるので、いっしょに行ってみた。
千貫森って、こんなに綺麗だったのか(驚)
紅葉が素晴らしい。
標高差100m未満なので、15分もあれば登れてしまう低山なのだけど、30分かけてゆっくり登り、晩秋を楽しんだ。
天井山にも行ってみたが、登山道が分からなくなり、断念。
お昼には帰宅、ハッピーは疲れてしまい、イビキをかいて爆睡してしまった。
また、どこかに連れて行ってあげよう・・・

http://www.digibook.net/d/a6d4ab5fa11c8099e79cabf6ccbf8ad8/?viewerMode=fullWindow

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-374402.html
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

4号炉、使用済核燃料取出開始 もう原発やめようよ


テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

うつくしま百名山93座目は大白森山  熊と初遭遇

DSCF9301_201311110714039e5.jpg
この山には熊がいることは承知していた。友人のSUさんも唯一この山で遭遇している。
山登りを始めて6年目になるけど、幸いかな、熊との遭遇はなくて済んでいたが、ついにその日がきてしまった。
DSCF2156-001.jpg
甲子に登る前に必ず寄るキョロロン村からの旭岳
裾野の紅葉はピークで、霧氷で山肌が白くなっていた。
DSCF2162-001.jpg
国道289号線から旧道の右折。
急289号線を甲子峠まで車で登り、大白森山の挑むかんがえだった。
DSCF2165-001.jpg
開くはずのゲートが開かない。
DSCF2166-001.jpg
KINさんがゲートをあけようとしたが、施錠されていた。
こりゃぁ無理である。
後で知ったが、冬季期間に限ってではなく、8月でも施錠されていた。
このルートは地図から削除してほしい。
DSCF2174-001.jpg
振り出しに戻って、甲子トンネルから入山。紅葉の名残りを楽しむ
DSCF2221-001.jpg
この夏に登った旭岳
中腹にはアサギマダラが飛来していた。
DSCF2229-001.jpg
霧氷が解けて、雪のよう
DSCF2274-002.jpg
大白森山山頂
うつくしま百名山93座目達成!
1年後にいっしょに登り始めたCANONも73座目となった。
大先輩のKINさんは2巡目に」チャレンジ中?
いつも道案内していただき心強い。
とーる君は1?座目かな?
天性の感覚を持つ彼にはその後で救われた!
DSCF2291-001.jpg
山頂からの眺望
DSCF2311-001.jpg
甲子山に戻る途中から見た大白森山
DSCF2314-001.jpg
甲子山との分岐に着く。
ザックを置いて登ろうと歩き出した瞬間「ギャーギャー」という声。
熊の威嚇する声だった。
姿が見えないのも恐怖である。声が直ぐ近くに感じて、全員が凍りつく。
DSCF2336-002.jpg
ダッシュで駆け登り甲子山山頂。
爆竹と鈴と笛を吹きながら、2時間の下山。
ついに熊と遭遇してしまった山旅でした。


テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

秋の惣山と沼沢湖一周

11月2日、三人で大沼郡金山町の惣山と高森山の二座を登ろうと出かけた。

http://www.digibook.net/d/9b15e95b901f8a95ef39bbc464bd4b9a/?viewerMode=fullWindow
4年前に訪ねた時は全く姿を見せなかった惣山と沼沢湖。
この日は秋晴れの穏やかな天候となり、荒々しい岩山の山容と紅葉・雲海、そして深い輝きを秘めた沼沢湖が一望できた。
どっぷりと浸かるのも良い。直ぐ傍にある高森山は、またの機会にして沼沢湖一周を試みた。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-364393.html

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
リンク
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: