岩手山登山記録 ヤマレコ公開しました


スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

梅雨明け

DSCN6545-001.jpg
ピーカンの空
朝から賑やかにセミの声
今年の梅雨は例年よりの降水量が少なかったかなぁ
DSCN6539-001.jpg
庭に初めて見る変わった花が咲いた
ユリの一種なのだろうが、名を知らない
DSCN6542-001.jpg
気温がグンと上昇し、ハウス内のメロンは急に肥大化してきた感じ。
DSCN6543-001.jpg
これでも小さい方
大きさがMAXになると表面に独特の網目がついてきてメロン(これはコロタン)になる
大切にネット袋をつかって宙吊りにし、収穫時を待つ・・・

テーマ : 毎日を楽しむ♪
ジャンル : ライフ

プリウス車中泊の準備完了!早速明日は秘境の平ケ岳アタック!

KIMG1495.jpg
自作テーブルは車中泊用のフロア拡張用の台
DSCN6514.jpg
イメージ通りにセット完了。スチロール製の脚座でも十分安定し沈まない。地面からだと寝台までの高さが60cm位になるので、靴を置ける程度の隙間を確保し、そこに足を乗せてからハイハイで寝台に上がる。
DSCN6512.jpg
後ろから見るとこんな感じ。前後1.9mのスペースが確保できた。若干の段差はあるけど、エアマットを敷いて寝るので問題なし。
DSCN6513.jpg
前から見るとこんな感じ。後輪の張り出しが無ければ幅が1.2m確保できるけど、後輪部分でも90cmの幅はあるので、2人でもなんとか寝れそうだ。
DSCN6515.jpg
テーブルはこんな感じに収納できて省スペース。
KIMG1516.jpg
ネットで注文した専用サンシェード。6,400円程度の物もあったけど、8,980円の5層構造の物にした。付属品の吸盤を取り付けると専用袋に入れるとキツキツ状態。でもコンパクトで良いかも。
KIMG1511.jpg
サンシェードを取り付けてみた。多少光がもれるけど、視線は遮られて真っ暗(フロント)
KIMG1510.jpg
リア
KIMG1514.jpg
サンルーフのシェードを空けると天窓状態となって室内は明るくできる。雨天以外はフルオープンにもできるので高かったけど、付けてもらって正解!
KIMG1513.jpg
サンルーフを空けた状態。手元は十分な光量で本も読める。
KIMG1515.jpg
ホームセンターで見つけた防虫ネット。ワゴン車の引き戸タイプ専用しかなかったけど、後部ドア両側に簡単にセットできた。
ネットに引っかからなく窓の開閉ができ、通風確保。夜間寝る時は少し開けて寝れば良い。
KIMG1507.jpg
防虫ネットの外側はこんな感じ。ボディカラーがブラックなら良かったかな?
これで、安心して車中泊ができそうだ。
早速、山友に連絡し確認してもらった。明日は山友と二人で夕方出発し奥只見に車中泊し、日本百名山「平が岳」にチャレンジする。
山小屋もなく、テント泊も許されない往復25km、高低差1300mの日帰り登山の難易度が高い山だ。チャンスは夏の日の長いこの時期に限る。12~15時間のロングコースだ!天候次第では断念もあり。久々にワクワクドキドキ。
月末で忙しい最終日の今日、しっかり溜った仕事をやりとげないと行けなくなってしまうぞ!
でも、楽しい山旅が待っていると力の入れようが違う。ファイト!

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

車中泊の準備

趣味の山登り。登りたい山の多くは日帰り登山では困難になってきていた。
遠距離では、山小屋や麓の旅館等を利用してに泊まっていたけど、有効に時間を使って、体力と費用を温存する為には車中泊にかぎる。
以前にも2回程車中泊をして効率的に登ることができたけど、少々課題があった。
①外から車内が丸見えで、安心して眠れない
②夏場は窓を開けていると蚊が侵入してくるので、ムンムン状態を我慢。
③フラットな床が作れず、寝た気がしない。
今回プリウス50系に乗り換えたので、それらの課題を解決しよう。
20160724_2.jpg
便利そうなサンシェートが直ぐに見つかり、注文。ポイントは4倍でした。
KIMG1493.jpg
ホームセンターのカー用品コーナーを覗いたら、便利グッズを発見。
KIMG1494.jpg
先ずは1つだけ購入(1,480円)して試着してみたら、問題なく窓を開閉でき、網戸の機能OK!
KIMG1294-001.jpg
一番悩んだ問題はフラットな床面をセダンタイプで作れるかという事。
プリウスの4WDの場合、後部座席の背もたれを前倒すると、トランクとほぼフラットにできたけど、そのまま寝てみると、斜めにしないと足が延ばせなかった。大人二人が楽々足を延ばして寝るためには、後部座席の足元空間は運転席との間に35cm程度あるので、この部分を同じ高さにフラットな床にできれば良いのだった。
KIMG1495.jpg
そこで手作りしてみた物がこれ!
長さ90cm、幅30cm、厚さ24mmの既製品の化粧板を若干加工し、板の周りを弾性スチレンパイプを両面テープで固定。
床から天板までの高さは意外に高くて45cmあった。テーブルの柱代わりに発砲スチロール製のブロックを利用。
KIMG1497.jpg
テーブルの裏側に取り付けた桟木の間に発砲スチロールブロックを挿し込むだけで固定。
現場に着いてから組み立てるだけ。分解すれば形状も重量も省エネタイプ(笑) 登山用エアマットを敷けば少々の段差も吸収できる。

この装備で土曜日の午後に出発し、山の麓まで移動し前泊。高速道路内のPAで車中泊できれば、トイレや食事の心配も無い。
秩父や越後の山々は、体力を温存しながら快適に制覇できるかも知れない!
夢が叶うような予感。妄想がまだ半分ではあるけれど・・・

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

上州武尊山 ヤマレコ記録を公開

DSCN6210-001.jpg


http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-914650.html

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

先が見えない廃炉作業と汚染廃棄物処分

KIMG1462.jpg
端的にまとめると、「完全凍結は困難」=汚染水漏れ継続失敗!汚染水タンク増設!
20160721_2.jpg
既に、原発敷地内には空き地なんてどこにも見当たらない状況だけど、どうするんだ???
汚染水タンクの近くは当然だけど放射線量が高い。どんどん危険な面積が増え続けていくだろうし、耐久性のことを考えると、収束どころか、永遠にいたちごっこを続けていくようになるのではないのか?
作業員の確保はどうなっていくのだろう???地震も頻発に発生し続けているし、益々状況は悪化している。

そして、環境省はとんでもないことを決めてしまっていた。
20160721.jpg
環境省は6月末、正式決定に踏み切った。
以下、記事転記
環境省は再利用の対象を日本全国としているが、同省幹部は「福島県外での利用は地元の強い反発が予想され、現時点では現実的ではない。県内の実証事業を通じて安全に管理する方法を確立し、理解を広めていきたい」と打ち明けた。

これって、福島県内であればできるとでも思っているのだろうか?事故後6年目。福島県人は放射能で心身鍛えられて大丈夫だろう。復興も急がなければならないしね・・・
我が家周辺の国道整備も用地買収の段階となり、大規模な道路工事が予定されている。
井戸水を飲用水として利用している地域なのに、こんな8000ベクレルもある汚染度を使わてしまったら恐ろしくなってくる。
こんなにいじめられ尚も「・・・福島県内であれば・・・」と考える環境省。許される訳ないだろう!!!
是非とも新築される東京オリンピック競技場に除染土をまわしてほしいものだ。(原発事故は終わっていないというメッセージ)

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

金山かぼちゃのその後・・・

KIMG1419.jpg
受粉後18日目の金山かぼちゃ。順調に成長中
KIMG1413.jpg
他の苗の受粉後10日目の金山かぼちゃ。大きくならなくて、痛み初めてきた。
KIMG1412.jpg
このような実が約20個。どうして成長しないのだろう???
KIMG1414.jpg
どんどん新しい花が咲いて元気に見える。
KIMG1417.jpg
蜂も協力的に受粉作業を継続してくれてはいるのだが・・・
KIMG1407.jpg
調べると、ツルが混み合ってきて棚の中はトンネルのように暗くなってしまい、日照不足と、栄養が葉にとられてしまうのではないかと考え、葉を大量に切ってしまった事が原因のようである。
実は、1個のかぼちゃが大きくなる為には15枚の葉が欲しいのだそうだ。
・・・やってしまったようだ(;´Д`)
気合を入れて臨んだ金山かぼちゃ栽培は、勉強不足で失敗に終わりそうです。
チーン!

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

ジャガイモの本格収穫

DSCN6093.jpg
ジャンボなキタアカリ
DSCN5991.jpg
2週間前のジャガイモ畑
DSCN6018.jpg
まだ紫ジャガイモだけは開花中でした
KIMG1406.jpg
長雨の予報だったので、紫ジャガイモだけを残して収穫
KIMG1405.jpg
キタアカリが良くできました。男爵とメイクイーンは数も少なく大きさもイマイチかな?
紫ジャガイモは、まだ開花中でも、しっかり色が付いてて掘り頃なのかもしれません。1週間後に本格収穫しよう・・・


テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: