連作障害を回避し、トマト定植完了!

DSCN0261.jpg
野菜作りはやればやるほど奥が深い。
毎年、同じ場所に同じ野菜を作ると、連作障害が発生し上手にできないという現象。
我が家は面積があるので、場所を変更して作るようにはしていたが、トマトとキュウリはアーチを作ったり、網掛けをやったりしなければならないので、手間がかかる。
_20170430_183741.jpg
連作障害を回避できる肥料や薬剤もあるのは知っていたけど、今年も手間をかけて第一弾トマトアーチを作り直して、トマト苗を定植。
昨年はトマトが食べ頃になると野鳥やハクビシンの襲撃を受けたので、一工夫して屋根のビニルの下のオープンな足元には、イノシシ除けの網を張った。
少々手入れはしにくくなってしまうけど、美味しく食べる為にはやむを得ない。
KIMG3163.jpg
金山かぼちゃの苗も順調に成長中である。
DSCN0269.jpg
カボチャは連作障害は無いらしく、昨年と同じアーチの場所に作りことにし、鍬で耕し、肥料等を溝施肥した。
土日の二日間が天気にも恵まれ、筋肉痛が出るほどガッチリと野良作業に勤しみました。
スポンサーサイト

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

土壌酸度計 GET! 予想外の土壌だった。

KIMG3173.jpg
野菜は土壌が酸性だと上手にできないので、苦土石灰を蒔いて土壌をアリカリ性にしなければならない。・・・と言う認識だったが、良い堆肥や肥料を与えても上手にできなかった。
土壌の酸性度が気になっていたので、以前から土壌酸度計が欲しいと思っていたが、カボチャには鶏糞が良いと聞き、
コメリに購入に寄ったら、酸度計がレジの脇に並んでいた。それも破格値980円。即購入。
帰宅して、スキップしながら畑に差し込むと、、、なんとそこはPH7!(中性)だった。
KIMG3174.jpg
最適な土壌PH表ではマメ類は6.0-7.0なので、もう少し酸性の方が良いというのが明らかになった。
KIMG3163.jpg
まもなく定植しなければならない「金山かぼちゃ」
適正酸度はPH5.8-PH6.8で、比較的、酸性度を好むようである。
アルカリ・アルカリという意識で曖昧にしていた土壌の酸度の実情をようやく知ることができ、無知を悔やんだ次第でした。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

今季のニンニク成長

KIMG3156.jpg
東西方向に畝たてしたニンニク。
福岡県産と、中国産の2種のニンニク。
先週、サビ病対策の種に殺菌消毒をやったばかりだったので、毎朝様子を見る。
暖かくなり、日増しに背丈が伸びてきているが、葉先が紫色に変化した出した。
それは中国産のニンニクに限られていた。
何なのだろう・・・
その謎解きも、また、野良仕事の深さであり、奥深い世界に感じ楽しくなってくる。
病気ではない事を願う・・・。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

咲きわけ花桃が満開

DSCN0221.jpg
DSCN0222.jpg
DSCN0225.jpg
DSCN0228.jpg
DSCN0229.jpg
伊達市霊山町小国地区の主要道路沿って咲き誇る花桃
大きくはないのだったが、ひと際美しい

道路の反対側には、未だに除染廃棄物の仮置き場が残されたままで、原発事故による追加避難区域となっていた。
未だに人影は少なく、活気は失われたままだけど、花々は変わらずに季節を告げている。





テーマ : 癒しと潤いのある生活
ジャンル : ライフ

結実 サクランボ

DSCN0188.jpg
室内で鑑賞していた鉢植えのサクランボ
葉桜のグリーンも清々しさも感じて綺麗
DSCN0186.jpg
オヤ?ほとんどの花には実がついているではないか?
こりゃあ、楽しい!
屋外ではすぐに野鳥に見つけられてしまい栽培は難しいらしいので、縁側に置いて栽培してみよう。

テーマ :
ジャンル : 地域情報

駒桜が満開

DSCN0171_201704172032402bf.jpg
秋山の駒桜が満開!


3.11震災の前の年(2010年)
同じ4月17日は40年ぶりの大雪でした。

テーマ :
ジャンル : 地域情報

根深ねぎの定植

KIMG3056.jpg
昨年は、水はけが悪い畑にネギ栽培して、あまり良い結果が得られなかったので、場所を変えて定植。
万遍に日が射すように東西に畝を作った。
今回も垂直立ちにする栽培方法で「根深ねぎ」約100本を定植。
浅植えにして徐々に追肥の時に土をかぶせていく栽培方法なのだが、風などでぐらつつかないようにワラで押さえる。
でもワラが無いので、長尺の塩ビ製の波板(880円)を準備し、側面をポールではさむようにして代用してみた。

KIMG3049.jpg
順序が逆だが、1年ぶりなので、定植方法はネットで確かめて行った。土つくりは鍬で深めに溝を掘り、有機堆肥に化成肥料(ネギ用)を加える。
KIMG3050.jpg
肥料に直接根があたらないように、約5cm土を覆う。
KIMG3053.jpg
苗を約5cm間隔で並べて根が隠れる程度に土をかぶせた。
風が強かったので、斜めになってしまったり多少苦労したけど、こんなもんだろう。
追肥の時には冒頭に書いた波板を外して、土を重ねて、また波板で押さえる。
初めての方法なので、どんなネギになるか楽しみでもある。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

連日、野良作業  雨が止み、カボチャ畑の除草

KIMG3000.jpg
ハコベに覆われてしまったカボチャ畑
このままでは耕運もできない。
雨も止んだので人力作戦
KIMG3001.jpg
三時間の苦闘。下を見続けていたので、目が腫れた。スコップを持っていた右腕の肘に痛みが出てしまったけど、なんとか地表面が現れた。
カボチャの連作障害は強くないと聞き、フレームはそのままにして、今年も「金山カボチャ」をここに作ります。
肥料に、鶏糞も加えると良い物ができるときいたので、チャレンジしてみよう。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

ジャガイモの飢えつけ

KIMG2993.jpg
天候に恵まれ、午後から急きょジャガイモの植え付け
今年は、場所をぶどう畑の脇に移し、マルチ無しで試みた。
KIMG2991.jpg
畝立もしないで15cmの深さで種芋を50cm間隔で置いて、その間に、堆肥と専用化成肥料
をまぶして土で覆うやり方。
KIMG2995.jpg
マルチを使わないで(手数をかけない栽培方法探求)植え付けしたけど、雑草駆除をどうするか?

アラクロール乳剤という土壌処理剤を初めて使ってみた。

雑草が生えないように薬剤で土壌の雑草の種の発芽をストップしてしまうもの。

4リットルの噴霧器に対し、15cc程度の薬剤を入れて土壌に散布。
収穫期までの間に2回だけ散布するようだ。

雑草が生えなければ、雑草にも吸収されてしまう肥料を温存できるだろう。

強烈なに薬剤の匂いもあるので、イノシシも来ないのではなかろうか?

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

放射性物質モニタリング検査 ハーブ類はまだまだ汚れたままだ

KIMG2946.jpg
放射性物質モニタリング検査は現在も継続中。6年間も続いているので、我が家でも自家製野菜や果物は「食べる前には検査して」という習慣になっている。
未だに検出限界値に達していない植物がある。
それはハーブ類なのだ。
ハーブは根が浅い植物なので、地表面の汚染濃度が高い土の汚染物質を多く吸収してしまうようだ。

過日、東京からやってきた方に、「・・・こちらも原発被害があったのですか?」と聞かれた。
聞き方かたから感じた空気は、「もう終わったのだろう。」「報道されているような被害はなかったなだろう」というものだった。

「放射能は、目には見えないのですよ。それはまだ現在進行中です。」と答えた。

これを風化というのだろう。

ここは、福一原発までは約40kmである。
見えないのだよなぁ・・・放射能って。

7年目にもなると、我々も脇が甘くなってきてて、なんでもよくなってきているように感じてしまう。
このような記事が掲載すると、大馬鹿復興大臣が「もう、モニタリング検査も自己責任でしょ」と言われそうで不安になる。

事故前の時のように、自家製ハーブティなど気兼ねなく楽しみたいが、昨年も検出されていた。
モニタリング検査は今後も継続してほしい。

テーマ : 放射能汚染
ジャンル : 政治・経済

「帰れない人は自己責任」と言い切った今村復興大臣こそ無礼者!直ちに辞職しろ!

imamura-jishuhinan-198x198.jpg
なんだって?コイツ!

復興庁の今村大臣は2017年4月4日、3月31日で住宅支援の打ち切りを迎えた「自主避難者」に対し、国に責任はなく、「自己責任」だと明言。実際に帰れない人がいることについては、「本人の責任でしょ。本人の判断だ」と明言。線引きをして、ルールにのっとってきたと語気を強め、「裁判でも何でもやればいいじゃないか。」と声を荒げた。記者が「責任をもって回答してください」と追及すると、大臣は「無礼だ。撤回しろ」と語気を強め、最後は「二度と来るな」「うるさい」と怒鳴りながら、会見室を退室した。

この男は二枚舌なのだ。

こんなのが復興大臣だって、、、
問い詰めた記者こそがクリアな耳と頭脳を持っているよ!


原発事故を体験した県民は現在進行中であり、人生の歯車は狂ってしまったままである。
その中で、種々の条件が整った方のみが帰還できているにすぎない。

そうしたくてもその準備ができない方は、もう戻れない。原発事故さえなければ、全くべつの人生を送って行くことができたハズ。
事故責任は裁判でも認められたであろうに、何という事を言うのだろう。
記者の問いかけに対し感情的になることの意味は、痛いところを突かれたからであり本心からの発言だった証である。

どうか、大臣!佐賀県に福一原発を引っ越ししてください。

どんな思いを佐賀県民の方々がされるか・・・
貴方は佐賀県民にさえ相手されませんよ。
勿論、そんなことをやったら次期選挙では落選!ただの偏屈オヤジに過ぎない!

こんな人間を大臣に起用した阿部総理は籠池理事長の言う通りの人間だし、福島は終わっているということなのだろう。

廃炉作業は一つのビジネスモデルとでも考えているだけだ。

汚染水タンクはどうするんだ?

責任を果たすと言い切ったからには、ブレずに最後までやりきってほしい。男の約束だ!
参謀となる大臣起用はやらせてみてダメだったら、即チェンジしなきゃ!税金の無駄!

今村が炎上して発言撤回し謝罪したって、心を感じないし、(陰でベロだしている)もう、福島県民は誰一人聞く耳は持っていないだろう。たとえ自民党員であっても。


テーマ : 放射能汚染
ジャンル : 政治・経済

FC2カウンター
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: