福岡産ニンニクに異変!紫色に変色!

_20170625_082440.jpg
中国産ニンニクの収穫から1週間遅れで収穫した福岡産ニンニク。
同じように乾燥させたのだったが、真っ白だった実が紫色になってしまった。
_20170625_082506.jpg
大きな実を1個剥いてみたら紫玉ねぎと同じ鮮やかな紫色。
更に抜くと、純白のつやつやした実がでてきた。
「ニンニク 変色 紫色」とキーワードで調べてみると、ニンニクに含まれるアンシトンやアルキルサルファイドがニンニクの鉄分と反応してできた現象で、鮮度には問題なく、食べられるようだ。
アルゼンチンニンニクは紫ニンニクと言われ、甘味が多く美味しいらしい。
KIMG3797.jpg
大きさ別にクリネットに入れ直しして乾燥保管するようにした。
福岡産ニンニクも約30個は種用に保存して来年の栽培に使うようにしよう。

農業って、奥深くで楽しいなぁ~。
スポンサーサイト

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

自家製ニンニク 仕分けと黒ニンニク加工の準備

KIMG3776.jpg
中国産ニンニク(国産化)、収穫後テラスの軒下で乾燥、約3週間が過ぎた。
KIMG3778.jpg
茎を切り落とすと、宝の山!
KIMG3780.jpg
200個のニンニクを大きさ別に並び替えた。思ったよりも少なく感じた。
KIMG3781.jpg
中玉程度の35個を手前に選別する。これは次年度用の種として活用する。1個あたり6片の種となるので、約200個分となる。

あまりにも小さいものは黒ニンニクには適さないと直感。小粒でもニンニクなので、日々の料理用に消費しよう。
本番はこれかたの2次加工である。

次は福岡産ニンニクが約200個あるので、同様に仕分けして楽しんでみよう。黒ニンニクを楽しみに待っている友人の為にも・・・

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

セバの茶色の涙目の犯人は、なんと!線虫だった

DSCN0600.jpg
我が家のワンコ達3頭は朝起きると直ぐに庭に出して毎日自由気ままにさせていた。
排泄も好きな場所で自由にさせていた。
KIMG3753.jpg
セバの右目だけが茶色も目脂が出て、清浄綿で拭き取っていたけど、治らない。
帰宅すると、家内が獣医に連れて行ってくれていた。
ウイルスではなくて、「線虫だったよ」との報告。驚いた!
20170620.jpg
画像検索すると、気持ち悪くなってしまった。
感染幼虫をもっているマダラショウジョウバエにさされて移るのだそうだ。
獣医に教えられて家内もセバの目をしっかり見たら、虫が動いているのが見えたというのだった。

治療は、虫下しの投薬と目薬。
なんと今まで可哀そうな思いをさせてしまったのか・・・
DSCN0583.jpg
今後の対策は、ワンコ達にも外に出る時には虫よけスプレーをかけてあげないとならないかな?・・・


テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

庭を楽しむ

今年から、早朝5時半に地区の国道脇に1200本の花の定植作業に参加。
花を見ながら運転される方は少ないと思うけど、毎年繰り返されてきた美化活動なのだ・・・
耕耘作業から始まり、苗作りやマルチかけ、定植、追肥や草むしり、花が散ったあとの跡かたずけも続くが、ボランティアとは言え、その成果はいかがなものか?
公民館や集会所等のみんなが集まる場所にポイントを絞って、もっと華麗にしっかり美化作業した方が良いと思えるのだった。
KIMG3729.jpg
8時前に帰宅してから、庭の花々の手入れをあれこれと始める。
雨が少ないので、庭はホースの先端にスプリンクラーを付けて散水しているので、花々は瑞々しく輝いてくれている。
KIMG3728.jpg
背丈以上に成長した4年目のブラックベリーが開花した。
うすいピンク色の小さな地味な花だけど、大量の蕾が次々に開花を待っている。
ブラックベリーはバラ科キイチゴ属で、ジャムに加工する予定。
KIMG3730.jpg
三色のナデシコ。細君が今年は上手にレイアウトしたようで、見応えを感じた。

例年、このシーズンは毎週登山三昧で、早朝家を出て夜に帰宅する生活だったので、庭に咲く花々をゆったり楽しむ事は少なかった。
時間もあるので、手入れに明け暮れる日曜日が続く。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

国道349改良計画取り付け道路修正案提示 まるで自動車学校の練習コースのようだ

DSCN0564.jpg
取り付け道路の修正計画は地理的に難しい設計で、時間がかかっているという情報を得ていたが、半年過ぎて、ようやく説明会が開かれる。
幸いに我が家に道路がかかってしまう事は避けられたが、349号線に沿って平行して新たしい道路が追加され、冬期間、我が家の日陰が長く道路に残り凍結する位置に高低差のあるS字カーブが宅地北側とりつく設計だった。

自動車学校の練習コースにも使えそうな形状で、高齢ドライバーが益々増えていく将来を思うと不安を感じた。
除雪車だって、A級ドライバーの方でなければ作業は難しいのでは?

説明会では率直に不安や疑問と要望を出すようにするが、どこまで聞き入れていただけるのか?
直接の地権者ではないけれど、生活道路として毎日利用される住民も加えて説明をするべき内容に思うのだった。

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

初物 自家製きゅうり 柔らかくて旨い!

KIMG3701.jpg
定植して5週間。短くて太いきゅうりを2本見つけ収穫。
こんなに柔らかいきゅうりは初めてである。
魚だけは自給自足は困難だけど、梅もイチゴの自家製で、贅沢な朝食ができた。
農業って、楽しいなぁ~

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

じゃがいもの追肥、そして孫と福岡産ニンニクの収穫

KIMG3663.jpg
早朝の庭のポピー  逆光って素晴らしい
KIMG3657.jpg
6時過ぎにワンコ達も起き出してきて、庭で排泄開始。
どこにやるかを観察して後始末する。(オシッコで芝生が枯れてしまうので大量に水をかける)
KIMG3660.jpg
バラのアーチは満開となった
KIMG3665.jpg
バラふぶき
KIMG0003_2017061222123478b.jpg
ローズマリーが巨木化してしまい、バラが隠れてしまったので剪定しよう
KIMG3671.jpg
今まで、じゃがいもの追肥はやってはいなかったが、調べると花が直前に追肥と土寄せはするようだ。
母が栽培していた頃は大きなじゃがいもがいっぱい採れていたけど、自分の代になると小粒な物ばかりだった。
KIMG3672.jpg
追肥は、畝に沿って溝をほり、そこに追肥をする
KIMG3673.jpg
追肥の量は適当にやってしまった。追肥した溝を土で覆う(土寄せ作業)
KIMG3681.jpg
畝と畝との間隔が狭すぎてしまい、ジャングル化してしまっていた。
密林に入るような追肥作業に3時間を要した。
KIMG3674.jpg
午後から仙台からやってきたヤンチャ孫といっしょに最終のニンニク収穫
KIMG3679.jpg
先週は中国産ニンニクを約200本収穫したが、今回(最終)は様子をみていた福岡産ニンニク。
垂直に引っ張るんだよ!と孫に言っても、斜めから引いてしまうので、途中からプツンと茎が切れてしまう。
孫が「重~い!」と叫ぶ。「・・・これは、大きいのが採れるぞ!」と教える。
孫たちは楽しかったのだろう。
「ボク、農業やりたい・・・」と言うのだ((笑)KIMG0004.jpg
収穫は、今回も約200本。粒の大きさは不揃いで、既に実割れをおこしてしまった物も多かった。採る時期が遅かったのだ。
KIMG0006.jpg
乾燥は根を切断し、薄皮を洗い落としてから紐で結んでつりさげる。洗わずに乾燥でも良さそうだったけど、ホワイトニンニクは手舵をかけても、洗うと真っ白になり、綺麗だ。
KIMG3670.jpg
寝たきりの母に完成報告。
目を閉じたままだけど、指先はしきりに動いていた。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

mineo(マイネオ)5分かけ放題にしての感想

20170609.jpg
本日、メールで5月分請求明細が届いた。
5月からそれまで1Gの契約を3Gに変更したので月額100円UP
5分かけ放題が定額で918円
通話料は388円
これは5分かけ放題のプレフィックス方式にのアプリを使わないで一般的な電話アプリでかけてしまった時があったようで、30秒あたり20円がかかる。
約10分会話していたようだ。
それにしても経済的な請求額である。
1日あたり100円程度でバリバリとモバイル生活を過ごさせてもらっている。

でも、どうにかならないかなって感じて始めているのが、5分かけ放題の専用アプリだ。Screenshot_2017-06-09-22-58-24.jpg
アドレス帳が悪い。名刺管理アプリのeightに似た造りで検索型なので馴染めないのだ。
この専用アプリもいずれ改良されると願っている。

プレフィックス方式なので音質が悪いらしいが、気にならないレベルである。
また、電話がかかるまで少し待つような空白の時間があるのだが、これは慣れた。
かけ放題で安いのだから、十分我慢ができる許容範囲としている。

5分間って、長い時間だ。いっぱいお話ししたと思っても3分以内ですんでいるので、5分を越えることはほぼ無い状況だった。

スマホよりも、1ケ月前から職場の専用携帯(ガラゲー)を持つようになり、その扱いに躊躇する日が続いている。
マナーモードはどのボタンを長押ししれば良かったのか、すっかり忘れてしまっていた。

使い難いなぁ・・・



テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

KIMG3613.jpg
平壌から約1250kmの距離にある我が家
緯度のほぼ同じであるので真東にミサイルは発射されれば射程圏内の位置にあるのだ。
でも、その時にどうしたら良いのか?
寝たきりの母がいる。在宅介護の為に家内がいる。
結論は、換気扇を止め、窓を閉め、見張りして室内を密閉する・・・だけか。
_95008309_cf62329c-d244-4fd5-ba95-87d6e0bdb266.jpg

地下室なんて、町中探してもどこにも無いし我が家は山を抱いていないので洞窟もない。
丸裸状態で北朝鮮のヤンチャに準備しなければならない。
念仏しか、他には方法はなさそうだ。

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

好天に感謝 収穫と鑑賞の休日

KIMG3574.jpg
今週の天気予報を調べると、2~3日は好天が望めそうなので、今日は玉ねぎの収穫。
大き過ぎると日持ちせず傷みやすいのが玉ねぎ。予想外に粒揃いのまん丸の玉ねぎだった(嬉)
http://ookomachi.blog22.fc2.com/blog-entry-1554.html
3週間前に「カキ殻石灰」を蒔いて、長期保存ができるように工夫してみたけど、撒く時期が遅かったので効果は疑問。
KIMG3575.jpg
隣はホワイトオニオンなのだが、冬期間、霜柱で苗も一緒に持ち上がってしまい、雪も少なかったので寒風に吹きさらされてしまい半数以上が消滅。玉はとっても小さく失敗!
あと1週間様子をみよう。

次に、昨日に続きニンニクの収穫。中国産の残りを収穫。
水洗いして吊るして乾燥させる作業。
KIMG3551.jpg
大きいなぁ
KIMG3552.jpg
大きなニンニクは根っこの数も多く、そして長い!
KIMG3573.jpg
昨日が90本。今日は110本の収穫で合計200本。
4-5本を紐で1束にして吊るし終えたが約3時間要した。

福岡県産のニンニクはまだ葉の青く、仮採りしてみたら、玉が直径3cm以下でとても小さい。
形は玉のお尻が平らになりつつあるので、頃合いは良さそうだったけど、あと1週間後に収穫しよう。
昨年は宮崎県産と青森県産のニンニクを栽培したけど、玉はいずれも小さかった。
気候風土の違いもあるのかなぁ?

ニンニク栽培2年目で4種のニンニクを栽培して思うことは、味はともかく、中国産のニンニクの方が成長が良く、川俣には向いているのかもしれない・・・。
KIMG3568.jpg
午後の時間は旬を迎えた花々を楽しむ。
KIMG3563.jpg
KIMG3565.jpg
KIMG3564.jpg
KIMG3562.jpg
KIMG3561.jpg

続きを読む

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

誕生日は終日畑仕事。2年目のにんにく収穫

KIMG3544.jpg
晴れた!
多忙だった1週間。疲れも出たのか?起きると7時を過ぎていた。
日課である畑をモニタリング。玉ねぎのほとんどが倒れていた。
昨年よりも1週間遅い感じがした。収穫は次の週末だろう・・・晴れてほしいなぁ~
KIMG3545.jpg
その隣のニンニクは?
トウ立ちして約1週間後が収穫時期らしい。既に、経過していた。
KIMG3548.jpg
昨年は高温障害もあり実割れしてしまった物が多かったが、今年はそれがない。
根の張りが凄くて、引き抜くにも力がほしかった。KIMG3550.jpg
今年は中国産と福岡産の2種を栽培していたが、試掘すると福岡産は玉が丸くてお尻部分も丸く時期尚早と判断。
来週にした。
中国産のみの約半分の約100本だけ収穫。
KIMG3553.jpg
簡単に洗ってから、根を切り落とす
KIMG3555.jpg
中国産の方が風土にマッチしているのだろうか?
KIMG3556.jpg
お見事!
KIMG3558.jpg
美しい!
KIMG3559.jpg
KIMG3570.jpg
黒ニンニクにする予定で、そのまま乾燥。
中国産の種でも、国内で栽培すると国産(川俣産)となる・・・(笑)
中国産は農薬を過剰に使われているので遠慮されがちだ。でも、完全に残留農薬を無くす方法もある事をネットで知った。
薄皮も剥いでしまい、重曹を加えた水に数分漬け込んでから洗って、真水に1日浸してから植えこむと良いとの事。
来季は是非そうやってみよう。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: