金シャチを室内に移動 日曜大工で化粧箱作り

KIMG0465.jpg
台風22号の影響で、天気予報通り朝から雨が降り続く。
寒くなってきたので、ビニルハウス内に置いていたサボテンの金シャチを室内に移動しようかと思ったが、鋭い刺がワンコ達の目の高さと一緒なので、一考。
ビニルハウスの中で古い建具材を再利用して化粧箱を作ることにした。
古材であっても、建具に使われていたものなので狂いが無く、高品質。
気ままに時間を楽しんだ。
KIMG0467.jpg
下部の化粧箱が完成。まぁまぁとしよう。
この箱の上に刺を覆う上部の箱を作る。摂氏5度以上にしないとサボテンはダメになってしまうので、断熱材で覆うこともイメージ。
KIMG0470-001.jpg
こたつやぐら風に作り四隅の柱を下部の箱にずれないように重ねる造りにしてみた。
枠ができたので、透明のプラダンボードを断熱材として使って固定しやすくした。
下部化粧箱の底にはプラスチックの回転台を敷いて、時々回転して万遍に太陽の光を当てるようにする。

金シャチは我が家にきて5年となるが、まだ花が咲いたことが無い。調べると20年かかるらしいが、刺が怖くて居場所が決まらなくて放置ぎみだったけど、これなら安全に室内に置けそうだ。

雨降りで退屈していたけど、無心になって工作を楽しめた。


スポンサーサイト

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

安達太良で湯治

KIMG0418.jpg

KIMG0419.jpg
今季、初の標高1000m。安達太良の奥岳の湯に湯治に行く。
KIMG0436.jpg
昨年暮れにITOKENと二人で安達太良の霧氷を楽しんでから立ち寄った天然湯もみの名湯で、2回目。
KIMG0434.jpg
KIMG0426.jpg
湯に浸かり絶景に癒される。
KIMG0435.jpg
露天で、ゆらゆらと秋の風と光をたっぷり吸収できてリフレッシュ!
KIMG0437.jpg
ちょうど1週間から風邪で体調崩してしまい、薬を飲んでもスッキリしなかった日々。
温泉で湯治とはこの効果なのだと実感できた。
_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1508996155061.jpg
体重も平常値に戻れた。(54kgまで減っていた)
「辛いのなら昼寝でもしたら?」と家内が言ってくれたが、『昼寝するくらいなら温泉に行ってみる』といって奥岳の湯を目指したのだったが、大正解でした。
KIMG0440.jpg
平日ではあったけど、安達太良は県外からのお客さんが多く、バスも沢山駐車していて、ほぼ満車。
山は登るだけではないのだなぁ・・・温泉に浸かるだけでもパワーが甦る。

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

ニンニクの作付け準備 ステージ3 土作り 石灰窒素

KIMG0408.jpg
台風21号はたっぷり雨を降らし、耕してもデコボコだった畑は平らになっていた。台風の力は被害だけではない。
KIMG0411.jpg
先ずは、畝(うね)を作る。
好天でなければできない作業のなので、土日などの休日でなければできない作業なのだったが、幸いに今日は『夏休み』
この天候を待っていました。
太陽の光をたっぷり受信できるように、出来るだけ南向きに東西に畝を鍬で作ったら10列出来た。
KIMG0412.jpg
作った畝を平らにしてから『石灰窒素』を畝にまき、耕運機を使って混ぜ込む。
KIMG0413.jpg
再度、畝を平らにして、これから2週間放置し、牛糞堆肥と化成肥料を加えて耕運し、いよいよ作付けである。
手間がかかるのはこの時期だけなので、妥協せずに、コツコツと午前中の時間を過ごせた。
約4時間の野良仕事も、疲れはしたけど、心地よいものである。

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

ニンニクくの作付け準備 ステージ2 ニンニク片700個準備完了!

DSCN7081.jpg
今年の夏頃に買い溜めしておいた種として使う福岡産ニンニク25玉。
DSCN7082.jpg
薄皮を残して一片一片に解体する。
解体後、165片できた。
DSCN7083.jpg
こちらは1kg798円の安価な中国産
中国産も日本で収穫できれば国産である。今年の収穫で実感できたのは、国産と比べて、それほど味には大きな差がなかったので、また購入してみたのだった。
DSCN7084.jpg
外側の皮を剥くと中国産は既に発芽していた。
DSCN7085.jpg
そして、中国産と福岡産との大きな違いは、片の数である。
福岡産や青森産は1玉あたり6片の数なのだが、中国産は10~12片あるのだ。
1kgを分解すると約260片できた。
DSCN7086.jpg
これは、今年の収穫が終わった後に、種用に分解して冷蔵庫で安眠させていた物で、中国産が約200片、福岡産は約100片。
冷蔵庫から取り出してネットに入れ替え目を覚ませよう。
DSCN7087.jpg
・・・と、思いきや?中国産は既に目が覚めていて根が成長中であった。
DSCN7088.jpg

新旧合わせ、約700片のニンニクの種は準備完了。
発芽や発根状態なので、早々に定植させなければならないのだが、畑はまだ耕しただけで、これから畝を作り、石灰窒素を混ぜ込んでから2週間経過してからでないと定植できない。
台風が迫り雨続きで、週末でなければ畑仕事もできないので作付けが遅れてしまいそうである。

『農』は天気次第なのである・・・

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

自宅の秋

KIMG0388.jpg
垣根のドウダンが真っ赤に染まった。
DSCN7079.jpg
ザクロの実はもっと染まってから実が割れるのだろうが、長雨のせいなのか実割れしている。
それでも、秋の到来を実感させてくれる。

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

ドラレコ取り付け完了

KIMG0391.jpg

運転席側右端はユピテルのGPS&レーダー探知機 SUPERCAT A800DR で、車両購入時に最初から取り付けしていただいたもので、ドラレコとレーダー探知機に2役を同時にこなしてくれていた。
ドラレコ用のカメラはフロント中央上端に取り付けされていて、すっきり納まり目立ない。地デジへの電波障害も全くなく、トラブルなく1年半が過ぎた。リア用のカメラを増設できれば一番良かったのだが、そのオピションはなく、今回、新にドラレコR0005を購入。

だが、取り付け位置と配線に苦労してしまった。地デジへの若干の電波障害が発生するので、地デジアンテナから出来るだけ離し、また、運転時の視界を妨げないようにしようとした結果、助手席側の左端ということになった。

KIMG0392.jpg
R0005はダブルレンズの機種で、プリウスの場合はウインドウが上下に分れているので、下のウインドウの中央上端に接着。
リアウインドウを開けると跳ね上げになるので、ケーブルを吊元から目立ならいように這わせるのが大変だった。

取り付け後、フロントとリアのレンズ角度を調節し、試運転してみた。
フロントもリアも異常なくSDカードにはVIDEOAとVIDEOBというフォルダが作られてそれぞれにフロントとリアの動画記録が保存できていた。

これで後方からの追突やあおり運転の動画保存ができる。

ところで、今回改めて感じたのは、記録用のSDカードが安くなったという事だ。
SDカードは本体には付属されていないので別途購入するのだが、32Gタイプで税込み1980円で購入できた。
基本的には壊れる商品なので、車内には予備を備えておくべきだろう。

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

ドライブレコーダー 護身用に追加する

DSCN7078.jpg
6月にあった神奈川県大井町の東名高速での交通事故死は本当に痛ましい。
私自身も高速道路道路の追い越し車線を走行中に左車線を猛スピード追いついてきた車が前に出た瞬間、追い越し車線に割り込んできて、あわや事故になりそうな経験があった。その車はそのまま猛スピードで去っていったが、ヒヤヒヤものだった。
俗に言う『あおり運転』にもよく遭遇。けっしてノロノロ運転ではないのだが、、、

東名の事件のような場合はどうやって身を守れば良いのか?
『相手にせずに路側帯に駐車してけっして外には出ずに110番に電話して警察を待つ』というのが良いとされているが、バットでガラスを割られたら、どうしようもない。
約60cmの長さの鉄製のハンドルロックはいつも車内に置いてあるので、それを武器にして交戦するしかないだろう。
あとは、前方だけではなく運転席側と後方をも録画できるドラレコを増設していおけば、確実にトラブル時の状況を記録として残せる。
前方(フロント)には、車購入時に最初から組み込んでもらっていたので、今回は安物ではあったが、2個カメラが付いたドラレコを注文。
早速動作確認すると特に異常はなく、SDカードにはフロントとリアのフォルダができてそれぞれに動画が自動保存されていた。
あとは、出来るだけ目立たないように設置したいのだが、かえって、外部からも目立つように取り付けた方がイタズラされにくいのではないのかな?

テーマ : 交通事故と安全
ジャンル : 車・バイク

ニンニクくの作付け準備 ステージ1

KIMG0371.jpg
1週間前のスギナとの闘い後、予想外に肉体疲労が残り、辛い1週間が過ぎた。
「曇り時々雨」の天候ではあったが、休日でなければ作業ができないので、意を決して残ったままの約3㎡のスギナをまたスコップで掘り出す。そして、デコボコになった表土を耕運機で縦横の耕し、なんとかリセットできた。
KIMG0359.jpg
また、今年もこの場所で玉ネギとニンニクを栽培する予定なのだったが、土壌改良も兼ねて初めて「石灰窒素」を使う予定。
石灰窒素は強力らしく、土壌に混ぜ込んでから2週間経過してからでないと作付けできないらしい。
作付け前には堆肥や肥料も施肥しなければならないので、今月末にはニンニクを定植する予定なので、ギリギリのタイミングとなってしまった。

『農』ってお天気の影響がとってもあるのだけど、基礎的な土作りや作付けの時期など、とっても計算外の事が発生するので難しいと感じている。でも、あとは運次第と思ってやってみる。・・・収穫が楽しみだからだろう。

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : ライフ

スギナと闘う3日間

KIMG0343.jpg
今月末には玉ねぎとニンニクを植え付ける予定の畑

スギナに覆われてしまった。
除草剤は使いたくないので、3連休だったので、深堀り用のスコップで丹念に天地代えをしながら抜き取ることにした。
深堀用のスコップの幅は約15cm程度だけど深さは60cm程度あり、1時間をかけても5㎡程度しかできない。
KIMG0344.jpg
3日間かけ、約3㎡残ったが体力限界。ヘトヘトになりながらも、ほぼ完成。
この後、今年は、石灰窒素を散布してみようと思っている。
それが済んでから堆肥と鶏糞と化成肥料を混ぜ込んでから作付けである。

こんなに一生懸命「農」をする予定ではなかったけど、それが楽しく感じてくるのだから不思議である。



テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

防草シートあれこれ

KIMG0262.jpg
KIMG0263.jpg
数ある防草シートでNO1!に感じたロックシート!
でも高価だなぁ~
防草シートは、屋外の紫外線劣化にどれだけ耐えられるものかが、ずうっと不安でいたのだったが、優れた物があるようだ。
KIMG0264.jpg
ホームセンターの片隅で見つけた防草クロスシート。耐用年数は10年間と記されていた。
価格は約2万円。1㎡あたり200円となるのだが、使ってみなけりゃわからない。
_20171002_180541.jpg
帰宅後、はしゃぎながら敷設。
暗くなってしまったので敷いたまま中断。その後強い風が吹いたので現場に行くと川に落ちそうになっていた。
ヘッドライトを点けて止め金具で固定。
_20171002_180413.jpg
翌朝早々に、止め金具でシートを固定してドッグラン100mコースが完成。
_20171002_180240.jpg
これから先のシーズンは雑草はあまり伸びないけど、これだけでも草刈り作業は楽になるだろう。
ミミズ君たちは大喜びだろうか???
予定外の出費にはなってしまったけど、ワンコ達は快適な様子だ(笑)
原発の再汚染が発生しても、1m×100m(約30坪)分は汚染を防げるだろう・・・。
そう思えば安いものだ。

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: