インバーター発電機 SFー2600F アイネット 届いた

3.11震災では地震直後から停電が3日間続いた。
その間、TVも見られずネット回線も利用できず。
その時の情報は一切ラジオのみで、既に放射能が襲ってきたことすらわからないでいた。
30年前に購入していた自家発電機はあったが、メンテナンスをしていなかったので、直ぐにエンジンが止まってしまい、調子よくエンジンがかかっていた時に井戸ポンプを接続したら、発電機のヒューズは飛んでしまった。理由は、最大出力が400Wまでの発電機だったからだ。
ポンプが使用できないと、給水もトイレの洗浄も一切できない。庭の池からバケツで何度も氷を割って水を運びトイレのタンクに入れて用をたす。
放射能汚染が既に進行していたことも全く知らないでいたし、原発から40kmも離れているのだから全く頭には無くて、池の地下水をバケツに汲んで飲み水と調理に使用して暮らした。
それも3日間続くといった体験は初めてのことだった。
ストーブも1台を除き全てファンヒーターだったので暖をとるには1台のダルマ式石油ストーブのみ。
その1台で、夜の寒さと闇を凌ぐ。
この時ほど、電気の有難さを痛感したことはなかった。

1週間前から地震が頻繁に発生するようになった。
地震の度にあの時を思い出してしまう。また停電したらと思ったら、自家発電機を備えておくにこしたことはない。
自家発電機は3万程度のものから30万のものまでピンキリ。
我が家の条件は、
1、 井戸ポンプとTV・PC等の家電・電灯を同時にまかなえる発電量。
2、 4サイクルエンジン
3、 セル式で女性でも簡単に操作できる
4、 軽くて携帯性の良いもの
5、 安いもの
そんな条件でネットを検索してみつけたのが、アイネットのSF-2600F

DSC_2685.jpg

注文して2日目に届いた。
さっそく、エンジンオイルを入れ、無鉛ガソリンを入れ、コックを開けて、スターターのキーをひねるのだが、ドキドキだった。(エンジンかかるかぁ・・・)

アレッ?(@_@;) エンジンがかからない???

何度やってもかからない。(やっぱり安かったからだろうか?…いろいろ頭の中は渦巻く)
もう一度トリセツを読むと、セル用のバッテリーコードを接続すると書いてあった。
何箇所かある蓋を開けてみると、確かにバッテリーが入っていてコネクターが分離されていた。放電防止の為にこの状態で出荷されるのだろう。コネクターは入るようにしか入らないので迷わないで接続できた。

そして、、、再び、エンジンキーをひねった。



一発でエンジンが力強くかかった。(ホッ!)


回転が安定してから、早速井戸ポンプのプラグを発電機のコンセント入れて、水道をひねってみた。勢い良く変わぬ水圧で水が出た。発電機の回転数も自動的に高くなっている。
成功成功!!(^^)!

夜は、卓上IH調理器(1400W)ですき焼だったが、これも発電機につないでやってみたら、何も問題なく、おいしく食べることができた。

・ ・・ということは、、、野外で火をつかわず、電気を使って料理もできてしまうということ。
これなら、山歩きして下山してから鍋物を食べたりできちゃうぞ!
アウトドアも様変わりしてしまうなぁ。。。風が強くて火が消える心配もないしなぁ・・・

とても、お得な買い物ができたような気持ちになれた。
ちなみに、次のところから購入しました。
ウィビック
http://www.webike.net/sd/20331657/
バイク用品の専門店のようで、価格は55,135円(税込み・送料込み)
一般的には61,950円するようなので6,815円安かったかな?

おっと!、、、今日は既に在庫が3台限りで、価格か59,800円に上がってしまっている。
注文した時は在庫が7台だったから、1日あたり2台売れたってこと?
ちなみに発電量が900Wのタイプもあり42,000円。
でも、このSF-2600Fをおすすめしますね。
スポンサーサイト

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: