除染後のデータ比較から見えてくるもの  未達成という現実

福島第一原発事故後、地震のショックも影響したのか、父の体調が急変し入院。2ケ月間の入院となったが、退院見透しがたち在宅介護の準備っを進めていた。でも、退院直前に脳梗塞をひきおこし5月末に亡くなった。
四九日の供養・納骨・新盆・100日供養・お彼岸と慌しく日が過ぎていった。
その間、初孫も含め多くの親族が父の供養に来てくださったが、気になっていたのが高い放射線量のことだった。
四九日の法事でも、1階の部屋では毎時0.4~0.5マイクロシーベルトの線量があった。
f408214652_20130106110821.jpg
国などで進める除染は避難区域に指定された高線量地域を優先する為、我が家の除染はいつになるのか全く先が読めない。2階にある寝室では毎時0.6マイクロシーベルトを超えていた。8時間寝ているだけでも5マイクロシーベルトも被曝してしまう。行政任せにはできないと思って自分で外壁洗浄・表土を取り除くなどの除染をはじめた。
汚染土の置き場所では、近所ともモメゴトにもなった。そして自宅からもご近所からも遠く離れた畑に一輪車に積んで何百回も往復。
f405502972.jpg
特に、庭の芝生の影響は大きかったようで、試行錯誤しながらあの手この手を駆使して除染した。
f405502076.jpg
40坪の芝を熊手でかいてバキューム吸引も行ったが、30%程度の線量低下は確認できたものの、室内線量は毎時0.22マイクロシーベルト止まり。まだまだ安心できない線量のままだった。
f403680956.jpg
また孫が産まれる予定もあり、誕生までになんとかしようと思い、芝を剥ぐ。
f403868924.jpg
1ケ月半の時間がかかったが、全面芝を剥ぎ終わると、室内線量は毎時0.16マイクロシーベルトまで低下。
DSC_1458.jpg
お盆がきて、孫も1時間程度の水遊びができた。
f401664188.jpg
そして、事故後1年7ケ月。ようやく昨年11月9日から延べ10日間川俣町発注の住宅の除染が行われた。我が家の汚染土も全て取り除かれ、元の畑になった。(線量は毎時0.6マイクロシーベルトではあるが・・・)
20130106.jpg
2011年6月頃から、毎日朝7時に前日7時からの積算被曝線量を記録し続けてきた。
ポイント・ポイント毎の線量を知ることは重要だけど、そのポイントに24時間ずっと居るわけではなく、生活は屋外や屋内、仕事やお出かけもあって被曝は一定ではないのだから、積算線量を知ることが重要だと考えていた為だった。

このグラフは、川俣町の住宅除染工事が完了する以前31日間と、除染後の31日間の1日間の積算被曝線量の対比である。
単純にみると、除染効果は平均値では1日当たり0.25マイクロシーベルト低下。(6.4%減)
毎時0.01マイクロシーベルトの低下が確認できた。
土日以外の平日行動の在宅時間は16時間で、おおむね8時間は職場勤務。職場環境は幸いに毎時0.07マイクロシーベルトと低くいが、半分以上は町内を移動する勤務が続いた。
土日の休日は天気が良いと屋外にいる時間も多くなるが、平日との比較をすると極端な違いはないように思える。
では、この線量で年間の被曝量を計算すると、0.15×24×365=1.314ミリシーベルト>1ミリシーベルトとなる。

この事を周辺の方に言うと、「Sさんちは低いよなぃ」と言われることが多い。
除染が終わった周辺の家々では、もっと線量が高いままなのだろう…

川俣町の除染計画では、生活パターンの中で屋内・屋外にいる時間を加味し、除染目標値を屋外で毎時0.23マイクロシーベルトとしている。屋内は屋外よりも低いので、トータルでは年間追加被曝線量を1ミリシーベルトにできると試算されている。そして、目標値に下がるまで何度でも除染を行うと説明していた。
我が家の最終的な除染後のモニタリング結果はまだ手元に届いていないが、手元の線量計で屋外を計測すると毎時0.32マイクロシーベルトある。
と、いうことは、、、また除染工事が行われるということか?

そうなると、いったい、どこをどのような手段で除染をするのだろう???
それとも?我が家でも手抜き除染があったのだろうか???
高圧洗浄は除染マニュアルでは禁止されていると新聞には書いてあったが、我が家でもやっていたぞ?
そして、洗浄した汚染水の処理も流されたままだったぞ?
熊手でかきだした土手は高線量のままだぞ?

もう一度、除染マニュアルから見直していかない限り、困難な作業に違いない。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: