スカイピアあだたら  サウナでストレス解消

昨日、午前中だけ仕事に出たけど、身体がだるくて疲れが出たような感じで、午後から寝てようかと思っていた。でもお天気が良かったので、午後から日帰り温泉に行こうと二本松市岳温泉をめざした。1時間もかからずに行ける距離。
途中、丘の上に建つグリーンピア二本松(現在はスカイピアあだたら)が見え、急遽目的地をそこに変更。
20130209144253_AR.jpg

スカイピアあだたらとは、、、安達太良山高原にあり、温浴施設(数種類のお風呂やサウナ)、芝生広場、体育館などの施設がある。かつては遊戯鉄道として軽便鉄道規格の鉄道が設けられて蒸気機関車が運行されていたが、赤字のため廃止となっている。

1988年(昭和63年)4月24日にグリーンピア(大規模年金保養基地)のひとつであるグリーンピア二本松として開業したが、2002年(平成14年)6月末に閉鎖となった。グリーンピア二本松は2004年(平成16年)1月に二本松市に払い下げられ、同年よりスカイピアあだたらとして再営業を開始した。グリーンピア二本松時代の宿泊棟は「老人ホームうつくしの丘」となっている。

2005年(平成17年)12月1日に、当施設の運営に関する「二本松市スカイピアあだたら条例」[1]が施行されている。

2008年(平成20年)の二本松市議会3月定例会の議決により、当施設の利用期間は毎年4月1日 - 11月30日となり冬期間は休業していたが[2]、2009年(平成21年)の二本松市議会9月定例会にて「二本松市スカイピアあだたら条例の一部を改正する条例」により、年間を通しての営業を可能とし、定期休館日を廃止することとなった[3]。

二本松市からの指定管理者が、2009年(平成21年)より運営困難となった財団法人二本松市ふるさと振興公社から株式会社二本松市振興公社へ変更となっている。
20130209143613.jpg
入館料は大人500円。
たくさんのお客さまでホールや休憩室はにぎやかだった。どちらかといえばご高齢な方が8割かな?
広々とした浴場で、サラっとした温泉。深さ1.2mある42℃の圧迫浴や38℃の寝湯、フィンランド式サウナがあり、十分リラックスできた。
サウナは6人用で狭くて、お隣の人が風邪ぎみの様子で咳き込んでいたが、95度の温度があるのでウイルスは死滅しているだろうと勝手に思うようにした。
ところで、サウナって、どうしてみんな無口なのだろう???エレベーターの中もそうだけど、、、
10分間我慢して体内毒素を排出。
20130209144625_AR.jpg
約40分のんびりして外に出る。ほてった身体で雪原を散歩。
中通り、阿武隈山系のパノラマを楽しめた。
写真はスマホ無料アプリの「YAMACAMERA]で撮影。
GPSで山の名前と距離・方位が自動的に表示され、いっしょにデータ保管もできてしまう。
1632×1442ピクセルと大き目の写真保存となる。1MBを越えるファイルサイズになってしまうけど、使えるアプリだ。

2013_02_09_17_34_05.jpg
本宮市経由で買い物をして帰宅。
3本切りの手袋を見つけた。3シーズンタイプと書いてあった。スマホも使えるし、ちょっとつまみ食いするにもこれは便利!

何か、一日徳をした気分になれ、だるかった身体もリフレッシュできた。

スポンサーサイト

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

去年安達太良山に連れて行って頂いたのですがこんな施設有るの気が付きませんでした。
もっともこのような温泉滅多に入れて貰えません(笑)
風邪の様子が良くなって良かったですね。
手袋便利そうですね。
指先が無いのは写真撮るのも便利ですが今の時期は冷たくて。
良いのを見つけましたね。

Re: タイトルなし

○○健康センター風なんですけど、天然温泉です。
細君もいっしょだったのですが、秘湯好みで、あまり喜んでくれませんでしたね。
私は電子レンジに入ったように、あっという間にリフレッシュできるサウナが好きで、ある程度大きめに施設でないとサウナが無いので、良かったです。

> 去年安達太良山に連れて行って頂いたのですがこんな施設有るの気が付きませんでした。
> もっともこのような温泉滅多に入れて貰えません(笑)
> 風邪の様子が良くなって良かったですね。
> 手袋便利そうですね。
> 指先が無いのは写真撮るのも便利ですが今の時期は冷たくて。
> 良いのを見つけましたね。
FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: