旧友からの電話

仙台にいる旧友から突然細君に電話がきた。
年齢になるとおおかた良い知らせではない。
私は5年前に携帯番号を変えて、一時一切の連絡を絶っていた時期があった。

その間、新しい電話番号を伝えることができた友人は少なかった。

用件は、転職のお誘いだった。

震災後、仙台市の住宅産業は忙しくなった様子で、技術者を捜しているとの事。
5年前にも私を心配してお誘いを受けていたが、うつ病と言うことにはためらいがあって、丁重にお断りした経緯があった。
彼とは大学もいっしょで、長い交友関係があった。以前の仕事でも互いに仙台福島を行き来して、仕事を助けていただいた恩がある。

しかし、断ろうと思う。理由は、今の生活が気に入っているからだ。
細君と老いた母とペットだけを残して単身この地を離れることなど考えられない。
現在の職に就いてようやく地元に精通できるようになり、両足は深く地に根をはってしまった。
贅沢さえしなければ、なんとか食べていくこともできる。
週末は確実に自由な時間が持て、趣味三昧に酔える。
除染後の庭のリフォームもやらなければならない(やりたい)

友人の多くは、過酷な建設関係の第一線で多忙に飛び回っているが、自分は5年前に早々にスローライフに舵をきった。たっぷりできた自由な時間で病気も完治し、楽しく生活を送っている。

友人には今回も丁重にお断りさせてもらうことにしよう。

すまん!kemeちゃん!
スポンサーサイト

テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: