小競り合い 風化する危機意識

DSC_3132.jpg
自宅の南側は風上になっていて川が流れている。
川向いの隣家の主人が、川底に生い茂げり枯れて堆積した雑草に火をつけて野焼き。
モンモンと煙を上げていた。

除染が終わり、雪が解けて、春の気配を感じ始めていたのだったが、震災以前であれば何も問題が無かった野焼きは、放射能が再度飛散するので、皆が控えてなければならないのに、お構いなしの様子。

我が家は風下にあり、まともに煙に包まれてしまった。

細君は、たまらなくなって、クレームを言いに行った。

すぐに川の水で消火したそうだが、当然お互い気まずい思いになってしまった。

どんどん危機意識が薄らいできていて、こうした問題は今後も増えていくように思える。

川底は除染もしていないので、1マイクロシーベルト近い線量がある。
何も変わっていないのに、意識だけはどんどん変わっていく。

ご近所でのにらみ合いだけは避けなければならないけど、正しいことを正しく伝え合うしか解決策はないと思っている。

聞く耳が無い人であれば行政にお願いするしかないだろうなぁ。

この地域は一番子供が多く住んでいるのだから、汚染地域であることを再認識してほしいものだ。

罪を憎んで人を憎まず
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ、ももで~す。
別に問題ないと思うけどな~
心配しすぎですよ。
FC2カウンター
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: