にわか作りの地下貯水槽 

201304081.jpg
土木の専門知識はないけど、気になったのが、地盤を覆う防水層とプラスチックのスペーサーの保護シートとの三角形の隙間に砕石を入れているんだぁ!(驚)

201304082.jpg
断面図を見ると、階段状に積み上げられている。
201304084.jpg
砕石って岩を砕いたものだから角が尖っている。
これがものすごく水圧(計算もうんざりしてしまう)が常時かかり、その後も頻繁に発生する地震で地盤も動くのだから、防水層なんていずれ破けてしまうだろうと思うのだ。
201304083.jpg
スピード感をもって迅速に廃炉してほしいが、何でも何でも、とりあえずとか、一時的にとか、仮設とか、、、

急いては事をし損じる。

急がば回れ!


作業のやり直しほど無駄な事はないし、そんな時間的余裕はないはずだ。

このままでは、汚染水が溢れ出すのは秒読みなのではないか?

小出助教も言っていたメガフロートの活用はどうなってしまったのだろうか?



スポンサーサイト

テーマ : やばいよやばいよー
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ、ももで~す。
ご指摘の点はそのとおりだと思います。
プラスチックの部材の周辺を補強するための砕石だとは思うのですが、
その考え方自体は問題ないと思います。
でもやはり実際問題として、防水シートへのダメージを考えれば、
たとえば厚さ10cm程度なりの砂の層をクッションにするか、
(全部砂だと液状化の問題あり?)固めのウレタンシートみたいなのを敷くとか。
そういう対策は必要だったのかなと思います。
他には発泡ウレタンとかの使用も考えられますけど、時間的に余裕が無いときはとりあえず供給可能な資材でのみ使用できる工法をとらざるを得ないということもあるかもしれません。資材を待っていて廃棄水が垂れ流しになるよりは・・・
もちろんシートメーカーの技術試験では、砕石の鋭利な角による損傷などの耐久性は立証させているからこそ採用した工法だとは思います。
でも、素人が見てもわかるようなことを専門家が見逃してしまうことは多々ありそうです。
先日の立川断層の見誤りなんかもその類だと思います。
しっかりと現場を見て事を成してほしいものです。
FC2カウンター
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: