前田建設製 産廃処理用だった地下貯水槽  なんと利用実績なし

DSC_3189.jpg
福島民報に、工事を請け負った前田建設への取材内容が記載。
そもそも、この工事は産業廃棄物保管方法で、水そのものの保管する目的ではやったことがなかったという。
そして前田建設担当者のコメントは「水そのものの管理実績はなかったが、東電側が念を入れて設計し、厳重に管理していたはずだって。 呆れた(怒)
ノウハウを持っているのはどっちなんだ!東電は依頼者であり、前田は技術者として専門的に可能かどうかを検討する立場であろう。
仕事をいただければなんでもハイハイと引き受けて、後は東電の責任とシラをきるのだ。

東電だけに責任をおしつけてきた結果が、このような問題が次々に明るみになってくる。
もう、廃炉作業など東電だけではやっていけないのではないか?

さらに大きな失敗(事故)を防ぐ為には国直轄で進めていくべきと思う

原発事故は収束していない。
スポンサーサイト

テーマ : やばいよやばいよー
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ、ももで~す。
曖昧な記憶で間違ってるかもですが、都市の洪水対策に建築物や駐車場の地下にこのような雨水の貯留槽を設置して大雨災害を防ぐような構想があったような~
ゴムシートを敷き詰めて廃棄物処分場を設置するのは一般的です。
もちろん漏水のないようにしなくてはいけないのは一緒です。
内容物が液体か固形物かの違いはあるでしょうけど。
川俣町にはそういう処分場は無いのでしょうか?
FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: