PinYin ピンイン 中国語のローマ字を知るところから始めるか?

20130425.jpg
部下が出来そうだ。
ただいま研修中なのだが、女性で明朗活発頭脳明晰+容姿も良い。
現場でも私の先の行動が読まれてしまっているかのうに、特に指示していなくてもアシスタントとしいての動きをパーフェクトにこなしてしまう。
その気配りは逆に教わるレベルだと感じた。

日をおうごとにステップアップできているのがわかる。
着実に1段1段上に上ってくれるのが嬉しい。

福祉用具の仕事は商品に触れて、場数をこなすのが近道であり、カタログを見て説明するだけでは理解できない。利用者の方の状態や症状・動作を観察して適した用具をマッチングするだけなのだが、直感的なリスク判断も経験を重ねる中で生まれてくる。
けっして短い研修期間の中で教えられる内容ではない。
研修では、そうした考え方や身の置き方、構え方だけを教え、それに対する適正評価だけにした。

そこまでで、彼女は◎である。

次に言葉の問題である。難しいとされる日本語文法が正しく理解できていないので、片言の日本語レベルなのである。
自ずと漢字と記号(矢印)の筆談も多い。そして、理解できているかを目を見て確認しながら進める。
自分自身が明瞭で正確な日本語で接していく中で、徐々にマスターしてくれると思うしかない。

次にディスクワークなのだが、どうしてもパソコンを頻繁に利用する。
思っていたイメージとは全く違っていた。
マウス操作は左クリック右クリックも使いこなし、それだけをみていれば相当出来るなって思えたが、文字入力で壁にあたってしまった。
本国でもローマ字変換でパソコンをやっていたと聞いていたので、楽観的に考えていた。
音をアルファベットに置き換えるローマ字は多少も違いはあっても万国共通と思っていた。

が、、、

中国のローマ字はピンインと言うらしく、母音の数だけでも35種(日本語はアイウエオの5つだけ)で子音は21種
韓国のハングルを勉強した時に母音が10種もあって驚いてしまったが、それどころではなかった。
やっぱり、島国の日本とは違って、大陸の人は耳が良いのだ。日本の言葉の音の10倍以上違う音を聞き分ける能力があるのだろう。

中国語は音数は極端に多いけど、文法は簡単。
逆に、音数が少ない日本語は文法を複雑にしてニュアンスの違いを表現する。

最近好吗?
Zuìjìn hǎo ma?
最近はいかがですか?

彼女の耳では35種に聞き分けてしまう母音をわずか5種だけの日本語アイウエオに置き換える作業が頭の中でめぐっているのだろう。
AIUEO は、彼女の中ではアイウエオだけでなくエウィウエヲとも考えてしまうのだから、日本語ローマ字、わずか母音の数は5個だけだから中国語よりも簡単だろう!とは言えないのだ。
母音の数が7倍あるということは、7倍悩んでしまうのだ。

どう、パソコンで日本語の文書作成業務を教えたら良いのか???

カナ変換は50音なので私は苦手なのだが、彼女には適しているかも知れないなぁ?

你工作忙吗?
我最近不太忙。你身体好吗?你不累吗?


まぁ、いろいろ悩んでいても解決できない。
真正面から接するだけだな!
スポンサーサイト

テーマ : お仕事日記
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

凄い!
彼女も凄いかもしれないけれど暢法さんも同レベルで凄いと思う。

かなは辞めてローマ字だけが良いのでは?

Re: タイトルなし

> 凄い!
> 彼女も凄いかもしれないけれど暢法さんも同レベルで凄いと思う。
>
> かなは辞めてローマ字だけが良いのでは?


早速、正面突破!

なんか、楽しいですよ。

彼女との会話はまだ4日目なのですが、豊かな発音を聞いていると、日本語が乾いた音にしか感じられなくなってきました。
a(ア)だけでも4つの発音があるのです。1音2音3音4音っていうのですが、これは便利って感じてしまいます。この歳まで中国語も勉強しないでしまった事を悔やんでいます(笑)

教わることの方が多いかもしれません。なんたって、ソンゴクーの世界の方ですからね!

山登りの話もしますが、それには全く無関心のご様子ですよ・・・
FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: