旭岳 山旅日記



asahi20130804.jpg
8月4日の旭岳ルート
asahi20130804tizu.jpg
甲子峠登山口から登り、大白森山を登ってから旭岳に登る予定だったが
DSCF9286.jpg
甲子トンネルを出て直ぐに右折すると旧道に入るのだが、FFの車では無理な悪路と藪の為、断念。
甲子温泉にひきかえした。
DSCF9288.jpg
梅雨明けし、昨日までの天候とは違って夏空だった。旭岳山頂までくっきり晴れ渡っていた。
DSCF9290.jpg
建替えされた甲子温泉「大黒屋」
関東地方からのお客様が多い様子。
建替え以前は、旅館内の駐車場に車を置けたのだったが、どうやら、国道跡地を払い下げたのだろう・・・フロントに尋ねると敷地外のずっと下の空き地に駐車するようにとのことだった。
DSCF9291.jpg
ここは離れになっていて、昔と同じように感じたが、建替え時に少々改築している感じ。
DSCF9292.jpg
離れの玄関が開いていたので中をのぞかせてもらったが、一泊したくなるようないい感じの部屋だった。
DSCF9296.jpg
甲子トンネルが開通するまでは、ここが国道だった。この先は階段があり国道は登山道となっていた。
DSCF9299.jpg
長雨で水量が多く、三段滝のミストが気持ちよかった。
DSCF9293.jpg
離れの温泉は以前のまま。下山したら入ろうと思っていた。
女風呂ともう一つは混浴である。
「どっちに入る?」などとお話が必ず飛び出すのは山旅の常かな?
DSCF9300_2013080720533498a.jpg

DSCF9301.jpg
出ました!クマ注意
「あなたのやさしい行動と鋭い気くばりがクマとのニアニやトラブルを回避します」
CONTROL&MANAGE HUMAN
抽象的な標語は判断を鈍らすよ!
DSCF9306.jpg
3度目となるジグザグ道を1時間半、猿の鼻付近で小休止
カモシカちゃん手作りの冷たいムースをご馳走になる。
DSCF9331.jpg
登山開始2時間半で甲子山山頂。
正面にはくっきりと旭岳
DSCF9340.jpg
少々早かったけど、昼食時間。
この日は「冷やし中華」
山では初めての試みだったが、クーラーボックスに入れさせてもらったら、良く冷えていて旨い!
カモシカちゃんの第2弾、デザートに手作りケーキでパワー全開!
DSCF9341.jpg
ワクワクしてくる自分とカモシカちゃん。BATAYANは・・・
DSCF9347.jpg
下郷が良く見えた
DSCF9356.jpg
約100m下ると分岐
立ち入り禁止のロープの先が旭岳へのルート
DSCF9357.jpg
2011年11月に初登頂した時よりもクマササが伸びて踏み跡がほとんど無い様子だった。
クマとの遭遇ばかりを気にしてバクチクに何度か火をつけた。

ブナ林の中も背丈ほどの藪こぎが続き、坊主沼との分岐で迷う。旭岳へのルートには立ち入り禁止のロープが張られていたので、別ルートができたのだと思い込んで左折。
とんでもない深い藪で行く手を塞がれて分岐に戻り、立ち入り禁止のロープをくぐり急坂の藪を登っていく。
DSCF9364.jpg
背後から突然カモシカちゃんの大きな声
慌てて戻ってみると、、、モリアオガエルを発見して、大はしゃぎ!
本当にカエルが好きなんだなぁ…(笑)
DSCF9368.jpg
この日、これ一輪だけみることができたタマガワホトトギス。
DSCF9384.jpg
そして、アサギマダラに逢う。
モリアオガエルで大はしゃぎだったカモシカちゃんは、これを見て絶叫状態となってしまった。
解説を聞き、2000km彼方の南西諸島から飛来した蝶だと知り、この場に居合わせたことに感謝と感動。
DSCF9405.jpg

DSCF9406.jpg
標高約1700の急峻な尾根は花畑
DSCF9426.jpg

DSCF9427.jpg
阿武隈川の源流は赤い岩盤と赤い崖
最大の難所である。
DSCF9433.jpg
クマザサとアザミで苦戦
DSCF9441.jpg
稜線東にはガスが迫ってきていた。
DSCF9444.jpg
登山開始約6時間で旭岳山頂に立つ。
DSCF9442.jpg
放射線量は毎時0.05マイクロシーベルト
2011年11月と変わらない。
DSCF9449.jpg
山頂には約15分の滞在で下山開始した。
天候もくずれ始めていたので急ぎたかったが、足元が見えないし、滑る。
DSCF9450.jpg
よくもまぁ、こんなところを登ったものだ。
DSCF9453.jpg
坊主沼との分岐まで無事に下山。
ようやく、ここで安心。
DSCF9454.jpg
アサギマダラの飛翔を再び観賞し急ぎ下山続行
DSCF9457.jpg
メインルートとの分岐
もう薄暗い
DSCF9461.jpg
甲子山山頂で振り返ると旭岳がガスっていた。
DSCF9469.jpg
山頂から約4時間で、無事に下山。
BATEYANも満足氣(笑)
走行距離、約13KM。総時間、約10時間となった山旅だった。
来週、北アルプス剣岳を目指すカモシカちゃんにとっては良い足慣らしになっただろう…と思う。




スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: