16:9 HDTVサイズ

ずうっと4:3の比率にこだわって写真を撮ってきたけど、おちつきを感じるのが一番気に入っている理由だった。写真好きの先輩からは「1に構図(フレーミング)、2にピント、3・4は無くて5に構図」と教えられたほど構図にはこだわってきたけど、新しくDELLのPCを買ってから少々冒険するようになってしまった。DELLのSTUDIO15のデイスプレイサイズは16:9で、液晶ハイビジョンの縦横比と同じ。なんとも天井が低いというか…左右の余白が気になるのだ。Googleのガジェットを右端に置いても広く感じていた。便利だなあって思えたことはウインドウを左右に2つ開いても充分にそれぞれのウインドウが見えきれることだ。でも写真だと余白ができてしまい、写真が小さく感じてしまう。
それはきっと4;3の文化のせいだろう。山歩きをしていて写真をバンバン撮っているが、思い切って撮影の設定を16:9に切り替えて撮ってみるようにした。そして、やっと気がついたことがある。山はこの比率だと実に構図が決め易い事だ。また、不思議に臨場感も伝わってくる。被写体によっては構図がとりにくいものもある。例えば2人だけの写真や滝や高木や大岩や花のマクロなど。きっとハイビジョンカメラが世に出始めた頃のカメラマンの方々も同じようなことを思っていたに違いない。
しばらくは、ハイビジョンTVに映る滝や高木や大岩の番組を注意しながら見るようにしよう。
…そんなことで従来の4:3の比率のデイスプレイを愛用されている方には見ずらいかもしれないけど、16:9の写真を撮っていこうと考えていまする。
これから団体写真を撮る時は、みんなパラパラに横に広がってもらって撮ってみよう。(~o~)
スポンサーサイト

テーマ : ハイビジョン北海道
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: