公表制度に思う事

「介護サービス情報の公表」制度は、介護サービスの利用者・家族等が公表されたサービス事業所の情報を基に比較検討することにより、利用者等の主体的な事業者選択を可能にすることを目的としています。

とある。
その為の事実確認調査が今日行われ、約2時間60種類の書類の提示と説明を行った。
そのまとめとして誰もがWEBで見れる事業者選択の情報が公開されている。
でも…待てよ?サービスのランキングを示しているものではないとされているが、利用者数を示す程度の情報が大半で、はたしてこれだけの公表だけで目的達成が可能なのだろうか?
調査では数字に触れる項目よりも、いかにプロフェッショナルとしての修練を積み上げているかを示す資料を多く要求された。経費と時間を費やして行われた調査結果をもっとオープンにすべきなのである。(怒)
スポンサーサイト

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: