スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝たきりの原因は大量の投薬ではないのか?

DSC_3992-001.jpg
処方箋は4枚もあった。
大量の内容を見て目を疑ってしまった。

グラマリール錠25mm 朝1 夕1
メリスロン錠6mm   朝1 夕1
ユニフィルLA錠200mg朝1 夕1
アルデナリン2mg 朝1
オンブレス吸入用カプセル150μg 1日1回
ワラソン錠40mg 朝2 昼2 夕2
クラリシッド錠 200mg 朝1
アダラートCR錠40mg 朝1
オルメテック錠10mg 朝1
イグザレルト錠10mg 朝1
ベイスンOD錠0.3mg 朝1 昼1 夕1
スターシス錠90mg 朝1 昼1 夕1
スピリーバ吸入用カプセル18μg 1日1回

錠剤だけでも朝12錠 昼4錠 夕7錠 一日合計21錠
高血圧と糖尿病と肺気腫の投薬とは解ったが、グラマリール錠はなぜだろう
それも1日に2回も・・・(驚)

これじゃ、寝たきりになるのも当然だよと、自分でも理解できた。
こんな大量な投薬は必要なのだろうかという疑問と、退院にあたり家族に対しての十分な説明と投薬管理のアドバイスは行われたのだろうか?寝たきりになるのは解っていただろうに、介護申請もしていないし、在宅介護の準備もできていない中、オムツをつけたまま退院させられてしまった。入院期間はまだ1ケ月も経過していない。
単に、利用者や家族の問題だとは言えないだろう!
寝たきりとなれば、訪問看護の検討もすべきだったろうし、これじゃ、退院後、どうなってしまうか病院側はわかっていたはずだ。
グラマリール錠が投与されていた理由は、病室で不穏になり病室の他の入院者に迷惑をかけていたのかも知れない。
薬で静かにさせてしまう。精神安定とは、そういうものだ。でも、そうだったとしても、心ある対応をして欲しかった。
個室を希望していたが満室だったのかも知れないが、希望は叶えられなかったという。

現状では、老老介護では在宅は困難なので再入院の方向で本人を説得しているが、もちろん別の病院をあたるようになった。
在宅介護の準備を急いで、また早いうちに退院させてあげたい。
(今も、グショグショにオムツがなってしまっているのだろう・・・)
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

そんなことがあるんですね。

クスリばっかり飲んでたら若者だって
病みますよね。

FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。