「滑らんぞースリム」の性能実証登山 結果は◎◎◎!

DSC_3943
冷え込みが厳しくなったなぁ・・・
20140111
「滑らんぞースリム」の実用テストに近くの「小松倉(標高385m)」に登ってみた。
DSC_3945
舗装面は、チャカチャカと音がして、少し踵が浮いた感じ。
でもアイゼンよりははるかに普段歩きができる。
雪面にはくっきり踏み跡
先端部分の6本のピンは少ないように感じていたけど、しっかり凍った路面をグリップし、全く滑らなかった。
踵部分がステンレススプリングが交差する作りで、最初は違和感を感じたけど、ハードタイプのピンよりも歩き易いかも知れないなぁ・・・
上りでは横にも滑らず、全く楽に歩くことができた。そして、外れる心配も無かった。
DSC_3947
山頂近く
やや勾配が急になった箇所では、先端が下に滑る。
ピンの位置がつま先までないからだけど、転倒するほどでもない。
DSC_3948
昨年暮れに工事をやって新しくパラボラアンテナ2基が増設された。
DSC_3959
山頂は毎時0.39μsv
途中の登山道はずうっと、毎時0.6μsv前後だった。
DSC_3963
ちょうど土踏まずあたりにスプリングが交差するのだが、雪が団子状態になる。
でも、簡単に雪は取れた。天狗様の高下駄のようになる心配はなさそうだった。
DSC_3964
南斜面の登山道を下りる。
毎時0.52μsv
雪折れして登山道を覆っていた木々を撤去、整備しながらゆっくり下山。
約1時間の山歩き。
「滑らんぞースリム」は下山時、ピンの位置が踵の方に少しずれる程度で、木や石の上でも気がねせず歩くとこができて、優れものだった。
アイゼンの場合、落ち葉等ががっちり葉に刺さって積み重なるけど、そんなことも無い。
靴からの取り外しも楽々できて、水洗いして紫外線の影響がないところに保管した。
超コストパフォーマンスが高い商品でした。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: