屋根の雪下ろし、決行!

DSC_4164.jpg
今日は、車庫の雪下ろしを決行。

車庫の屋根が怖い状態になっていた。
2週間前と1週間前の大雪を合計すると1m以上降ったのだったが、まだ屋根には圧密し40cm積もったままで、そのうち15cm位は氷になっている。
5.5m四方の車庫の上の雪の重量は、、、と言えば、、、
100cm×2kg×5.5×5.5=約6トン(驚)
メインフレームは軽量鉄骨造だが、許容積載荷重の計算などやらないで作られてしまっていた。

また、シャッターを開ける時には頭上から落下する位置に立つようになるので、いつ落下するのか、毎日運だめし。

以上約3mの上の屋根に登って下ろすのも怖いので、車庫の中にダルマストーブを持ち込んで、シャッターを閉めて自然落下を期待した。屋根材はファイロン1枚なので、熱伝導と良いだろう。
待つこと3時間。その間、車庫の壁と屋根の隙間を封じる大工工事もやった。
隙間風も入らなくなり、室温が上昇。
でも、イメージとは異なって、雪は落ちない。

最終手段、屋根に登った。
雪は硬くなっていて、長靴は全く潜らない。棟まで登り、シャッターのある方に少し足をあげたその時だった。
地面が横に動くような感覚!
屋根面全体が1枚の板になったまま滑り出したのだった。

(あ!このままだといっしょに落ちる!・・・)

(・・・(@_@;)・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/・・・)

わずかな時間だったが、長くも感じた。

雪盤がずれて屋根材が見えたので、ポンっと飛び乗った。

直後、加速をつけて雪が全部落ちていった。

(\(◎o◎)/!・・・(~_~;)・・・)

IMG_20140222_141513.jpg

シャッターの前に行くと、とんでもない状態になっていた。
外に出しておいた車まで雪が迫っていた。

大量の落ちた雪。

これを掃かないと、車庫は使えない・・・
約1時間の重労働が続く。



スポンサーサイト

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
FC2カウンター
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: