口太山トイレ点検清掃 3月当番

口太山の登山環境保全のため、愛好会のメンバーが月1回月末にトイレ点検清掃を続けている。
3月は自分の当番だった。回覧板の作りになっている記録を見ると2月は大雪で作業を中止しているので、気になり、ぬるま湯を入れたペットボトル持参で行ってみた。
1393880760409.jpg
トイレは駐車場と登山口に2ケ所設置されている。
昨年、駐車場はアスファルト舗装され快適な環境になったが、2月の大雪で車道以外は雪がいっぱい積もったままで、車の置き場所がない状態だった。
でも、トイレまで踏み跡があり、靴の大きさでは親子連れの様子で、前日あたりに利用されていた。
1393880352048.jpg
多少汚れていたので清掃し、トイレットペーパーや洗浄液の確認をして終了。
1393880306650.jpg
登山口までは50cm以上の深雪。親子連れの踏み跡が続いていた。
自分は長靴にスノーシューを履いていたけど、約10cm程度沈み込んだ。
2月1日に猿滑りの滝の氷筍を見学にきた以来、1ケ月ぶり。
1393880407934.jpg
登山口のトイレは4分の1程度雪に埋っていて、踏み跡がない。
中を点検すると使われた形跡はなく綺麗だったが、残っていたペットボトルのぬるま湯で清掃。
トイレットペーパーが1巻だけだったので、どうしたら良いのか?
次の当番の人に持ってきてもらうのでは1ケ月後になってしまう。
回覧板には対処方法の記載がないから、愛好会会長に連絡するしかないかな?
1393880371441.jpg
作業終了し、氷筍の状況を見ていこうとも思ったけど、軽装だったし雨混じりの雪も降っていたので断念。

口太山は登山環境整備の為に、愛好会では毎年2回の登山道や広場の草刈りや登山道の枝うち・路面整備を行っている。
メンバーも高齢化(笑)しつつあり、参加出席も減ってきている様子だ。
一番若いとされる自分も今年で58歳になる。
今後の整備を考えるとゾッとしてしまう。
山は人が入らないと、たちまち藪に覆われてしまい、整備も大変。震災後もあちこちの山を歩いていたけど、人が入らなくなってしまった山は悲惨な状態になってしまっている。
入りすぎても問題発生するし、ほどほどが難しい。

地元の山で「うつくしま百名山」の口太山。
自分もできる範囲で今後も整備協力していくしかなさそうだ。


スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: