ブナ(橅)→オモノキ(母なる木) ユネスコエコパーク 只見登録決定おめでとう!

DSCF6721.jpg
北海道・東北で初の登録となったユネスコエコパーク只見。おめでとうございます!
総面積78,032ヘクタールという規模。
その中のブナ林は約400平方キロメートルという国内最大規模という。
民報新聞の社説に興味深い記事が掲載されていた。
橅と書いて「ブナ」と読む。価値の無い木の意味を当てたとされいる。
戦後、「ブナ征伐」と称して大規模にブナが伐採された。
自分の山旅の中でも二岐山や大白森山小白森山の裸山に化したブナ林跡を目にしている。
ところが、初めて知った事だったが、別名を「オモノキ」とも言う。
韓国(朝鮮)語のオモニーは「母」
母なる木という意味なのだ。
そして、北海道の黒松内町では「樻」と書く。
貴重な木という意味なのだ。
エコパークは人と自然との共生を目指す取り組みで、ブナにとって人間の営みは無か、貴か。逆に問われている
電気ショックが走るくらい久々に感銘した社説だった。
ブラボ~
スポンサーサイト

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: