南蔵王「不忘山」

DSCN2497.jpg
「無理をせず引き返すことも勇気です楽しい登山を」
ちゃんと、書いてあった(笑)
DSCN2499.jpg
昨日、KInさんご夫婦と三人で「不忘山」へ。
午後からは天気が崩れるとの予報もあったけど、薄日も射して快適なスタート。
アザミが初夏を告げる
DSCN2506.jpg
DSCN2507.jpg
DSCN2516.jpg
DSCN2518.jpg
DSC_4908.jpg
DSC_4909.jpg
1ケ月ぶりとなった山旅。
すっかり花の種類も衣替え
雨上がりの滑りやすい登山道をゆっくり登っていくが
DSCN2513.jpg
標準タイムの2倍近い時間を要す。
DSCN2520.jpg
標高1500m付近からガスがかかってきて、雨が降り出した。
登るよりも下るのが大変そうな登山道だったので、山頂は近かったけど下山することにした。
自分は、軽装備で登ったことが災いとなった。安物の雨具は雨を通し、どんどん体感温度が低下。
指先は凍えてくるし、太ももも筋肉もいつもと違って伸縮しない感覚に陥った。
そして大雨に変わり、ミズナラの樹林帯の中でも下着まで濡れてしまった。
なんとかギリギリの状態で下山できたが、もし、無理して山頂まで行っていれば更に2時間以上のずぶ濡れ歩行を強いられたはずで、多分、途中で動けなくなっていたかもしれない。
DSC_4913.jpg
駆け込むように鎌先温泉の「最上屋旅館」の湯に浸かり生き返す。
温い温泉で、首まで湯に浸かっても身体の震えが止まらなかった。
震えが止まるまで約30分間要した。
幸いに着替えを準備してきていたので、リフレッシュできたが、2週間前にひきおこした背中の肉離れの傷みが激化。
車の乗り降り時が苦しく感じた。
あと2週間後には楽しみにしている北海道の山旅だ。
どうにか肉離れを完治させねば、75リットルのザックを担げなくなる。
大人しく、しっかり調整トレーニングをやっていかないとなぁ・・・
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: