川内原発再稼動の残された条件・・・避難計画と同意について思う

田中委員長は、原発の地震・津波に対するハード面のみ安全診断をしたに過ぎず、「これで十分だと言うつもりはないが、…」としか言っていないのに、安部政権はおもちゃを預けられた子供達のように「お墨付きをもらった!(ラッキー)」として一気に『再稼動』『再稼動』イケイケ一色である。

朝日新聞の解説
「・・・安部政権は規制委を隠れみのに再稼動の責任から逃げているように見える。
事故が起れば、人に手に負えなくなること、多くの人の故郷や暮らしが失われていることを私たちは福島の事故で目の当たりにした。
事故のリスクを踏まえても、再び原発を使うことを社会は望んでいるのだろうか。民意を探ろうともせず、なし崩しに原発依存社会に戻ることは許せない。(小池竜太)」

再稼動には地元の避難計画と同意が最後の砦(壁)となっているが、しかし、国は積極的には触れず、「地元まかせ」であり、地元は「国からの「までいな」説明を望むというレベルに過ぎない。

田中委員長が「適合」と結論付けた原発は、単に「道具は立派なものだ」と言っているにすぎない。
その道具を使う人間や企業の評価には全く触れていない。
緊急時対策のマニュアルは完璧に作れても、そのマニュアル通りに出来るかは作業員の資質と能力にかかっている。
仮に健康診断の結果OKであっても、福島原発事故のような過酷な状況では想定外の対応も必要であり、マニュアルすら役に立たなかったではないか?
福島の事故が地震が原因だったのか津波が原因だったか、作業員の資質が原因だったか確かな原因究明もできないまま、再稼動などできるわけがない。

そして、過酷事故が起きた場合の避難計画は最重要で課題であるのに、全く詰めきれていない。
福島県人として悲しく思うのは、原発事故が起ったら、避難どころではなく全ての日常を失ってしまうということなのだ!
その事を原発立地の地元の方は一時避難的程度の問題としか評価しかしていないように思え危惧するのだ。

避難計画策定は、過酷事故が起きればヨウ素剤を飲んで遠くに避難できるかできないかという判断ではなくて、全ての日常を捨てることができるか出来ないかの判断なのだ。

運良く、避難を免れるか否かは神風次第。

そうした認識の上で、同意するしないかの判断が必要だし、周辺30km圏内の方々は今日から2-3ケ月以内に判断を下さなければならないハズなのに・・・

故郷を突然追われ、デラシネの如く漂流し4年目の夏。
今も13万人の避難生活を強いられている福島県人がいるんです。

原発事故が起ればあのようになってしまう。どうしよう・・・
保証金が貰える人、貰えない人が同じ仮設住宅で声をひそめながら共存生活を続けざるをえない景色までは報道されていない。
アベノミクスなんて価値感は通用しない生活が被災地福島の現実だろう

心配で、食い物など喉も通らない重大局面に九州はあるのだ。

昨年8月15日から22日にかけて、廃炉作業が原因で大量の放射性物質があの時と同じ北北西50kmまで飛散し、再汚染されてしまっていたことが最近明るみになった。
こんな情報すら、地元でも知らないでいる人は半数以上いるように感じている。
こうなれば、もう一度除染してくれるのか?
除染しきれない再汚染が発生したら、今度こそ我が家もこの家と土地と仕事とペットと想い出と故郷を捨てて避難しなければならないのか?
廃炉作業が続く限り、こんな心配をいつまで続けなけてばならない。これが周辺避難区域の住民のハズ。

もう・・・・・・・・安部政権のやりたい放題に対して、過激な性格ではなくても、石くらい投げてやりたい!

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


 



スポンサーサイト

テーマ : 原発再稼働
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: