20100207 いよいよ筑波山の朝

tukubasan03

寒くて午前3時に眼を覚ましてしまいトイレに行くと、窓の外は月夜で星も輝いていた。Sさんも起き出したので、またいっしょに酒を楽しむ。少々寝たがガイドブックや地域の観光資料を見ながら朝を待った。
隣室に一人寝ていたUさんが5時半頃に着替えてやってきて散歩に行こうという。
Sさんと準備をしている間にSさんは行ってしまい後を追ったが…
外はまだ氷点下で刺すそうな寒さだったが、目指す筑波山が静かに座っていた。

tukubasan04


tukubasan05


tukubasan06


tukubasan07


tukubasan08


tukubasan09

江戸からちょうど鬼門の方向にある筑波山は信仰の山で、古くから仏教・神教の修行の地。北条の町並は古く建物好きの私にはたまらなく、短い時間の散歩を楽しんだ。



tukubasan10
小学校の校門前で見る筑波山。雲が消えてきた。

tukubasan11
女体山 山頂に朝日があたりはじめた。

tukubsann12


tukubasan13


tukubasan14


tukubasan15


tukubasan17


tukubasan18

江戸からちょうど鬼門の方向にある筑波山は信仰の山で、古くから仏教・神教の修行の地。北条の町並は古く建物好きの私にはたまらなく、短い時間の散歩を楽しんだ。

スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: