青根温泉:岡崎旅館

1418642210615.jpg
山の会「にりんそう」の納会は青根温泉:岡崎旅館。
土日のこの時期に、5組の夫婦計10名が宿泊できる宿探しは大変だった。
先ずはネット検索。部屋割りを考えると2部屋に5名ずつでは窮屈。それならば3部屋か?
割り切れない。
目的地は何処でも良い。5部屋確保できるところで検索すると・・・あったぁ!
pencil_sketch_1418556244846.jpg
蔵王の麓の青根温泉、岡崎旅館。
温泉場は知っていたけど、行ったことはなかった。
飲み放題プランでも15000円程度。でも、建物は古くて設備もそれなりのようだったが、リピーターも多くて、料理も良くてなかなか評判が良さそうだった。
メンバーも誰一人知る者はいなかった。
途中から雪道となり、タイムスリップ。
昭和初期、あるいはそれ以前の立派な本館。この風景を見た瞬間、来れて良かったと満足
スジカイ1本も無い旧耐震構造でも、全く傷みもなく佇んでいた。
IMG_20141213_164020.jpg
予約最後の部屋だった5部屋は鉄筋コンクリート造3階建の3階部分だった。
IMG_20141214_080130.jpg
DSCN6665.jpg
DSCN6664.jpg
でも、本館同様に、ハンドメイドの吊るし雛や数々のオブジェに飾られ、目を楽しませてくれた。
IMG_20141213_175905.jpg
評判通りの食事に全員ご満悦。数多くの銘酒(冷酒)に気心しれた仲間の会話が重なって楽しく宴がもりあがってゆく。
DSCN6662.jpg
透明のさっぱりした湯は源泉100%のかけながし。湯冷めしない。
目が覚めると、外は銀世界。
「名探偵コナン」に似た若い男性が宿泊客の車の雪かきをやってくれていた。(感動)
IMG_20141214_083358.jpg
なんとも言えない和風の優しさと労わりに包まれた空気
DSCN6667.jpg
1000年杉の株の囲炉裏、自在かま、鉄瓶から柔らに昇る湯気
日常を離れつつも、子供だった時代の思い出も想いおこさせてくれた。
・・・この昭和初期を感じさせる空間でも公共WIFIサービスが利用できるだなんで、見えないサービス精神をしっかり感じることができました。
掃除も徹底し、接遇も大変素晴らしく、☆☆☆☆☆のお宿でした!
岡崎旅館公式ホームページ


スポンサーサイト

テーマ : 宮城県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: