再除染開始する

20150109.jpg
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=z9hVNwUOaBZY.kzjgJTCk-NaU
原発事故から3年10ケ月になろうとしている。未だに除染は終わらない。
避難区域ではないが、一昨年、除染が終わった。しかし目標値とされる0.23μsv/hが達成できずに、再除染が開始されることになり、再度モニタリンングが開始された。
それは、年間1msvを超えてしまうからなのである。
やってもらわなければ安心できない。
政治家は徹底的に復興の為に徹底した除染を行って一日でも早くに平穏な日常をとりもどすように全霊を尽くして進めていくといっていたが、実態はかけはなれている。除染内容を聞けば、これまたルールによって現状とはかけはなれた形式的な工事になりそうだ。
そして、地図をみると、既に阿武隈山地は除染廃棄物の仮置き場だらけの荒廃した姿に変わってしまった。
今後進められる再除染で更に廃棄物が増大するだろう。その容量は、当初の中間貯蔵施設の見積りに入っていたとは思えないのだが・・・
再除染を行っても、目標値を達成できる確約は示されていない中で、東電も政府も健康不安に対する補償は何もない。
こんなことをあと何年続けようとしているのだろうか?
半減期の方が早くやってくるのでは?
除染など、、、大義名分付きの雇用対策にしか感じなくなってきている。(憂鬱)

スポンサーサイト

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
FC2カウンター
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: