車中泊の準備

趣味の山登り。登りたい山の多くは日帰り登山では困難になってきていた。
遠距離では、山小屋や麓の旅館等を利用してに泊まっていたけど、有効に時間を使って、体力と費用を温存する為には車中泊にかぎる。
以前にも2回程車中泊をして効率的に登ることができたけど、少々課題があった。
①外から車内が丸見えで、安心して眠れない
②夏場は窓を開けていると蚊が侵入してくるので、ムンムン状態を我慢。
③フラットな床が作れず、寝た気がしない。
今回プリウス50系に乗り換えたので、それらの課題を解決しよう。
20160724_2.jpg
便利そうなサンシェートが直ぐに見つかり、注文。ポイントは4倍でした。
KIMG1493.jpg
ホームセンターのカー用品コーナーを覗いたら、便利グッズを発見。
KIMG1494.jpg
先ずは1つだけ購入(1,480円)して試着してみたら、問題なく窓を開閉でき、網戸の機能OK!
KIMG1294-001.jpg
一番悩んだ問題はフラットな床面をセダンタイプで作れるかという事。
プリウスの4WDの場合、後部座席の背もたれを前倒すると、トランクとほぼフラットにできたけど、そのまま寝てみると、斜めにしないと足が延ばせなかった。大人二人が楽々足を延ばして寝るためには、後部座席の足元空間は運転席との間に35cm程度あるので、この部分を同じ高さにフラットな床にできれば良いのだった。
KIMG1495.jpg
そこで手作りしてみた物がこれ!
長さ90cm、幅30cm、厚さ24mmの既製品の化粧板を若干加工し、板の周りを弾性スチレンパイプを両面テープで固定。
床から天板までの高さは意外に高くて45cmあった。テーブルの柱代わりに発砲スチロール製のブロックを利用。
KIMG1497.jpg
テーブルの裏側に取り付けた桟木の間に発砲スチロールブロックを挿し込むだけで固定。
現場に着いてから組み立てるだけ。分解すれば形状も重量も省エネタイプ(笑) 登山用エアマットを敷けば少々の段差も吸収できる。

この装備で土曜日の午後に出発し、山の麓まで移動し前泊。高速道路内のPAで車中泊できれば、トイレや食事の心配も無い。
秩父や越後の山々は、体力を温存しながら快適に制覇できるかも知れない!
夢が叶うような予感。妄想がまだ半分ではあるけれど・・・
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: