プリウス車中泊の準備完了!早速明日は秘境の平ケ岳アタック!

KIMG1495.jpg
自作テーブルは車中泊用のフロア拡張用の台
DSCN6514.jpg
イメージ通りにセット完了。スチロール製の脚座でも十分安定し沈まない。地面からだと寝台までの高さが60cm位になるので、靴を置ける程度の隙間を確保し、そこに足を乗せてからハイハイで寝台に上がる。
DSCN6512.jpg
後ろから見るとこんな感じ。前後1.9mのスペースが確保できた。若干の段差はあるけど、エアマットを敷いて寝るので問題なし。
DSCN6513.jpg
前から見るとこんな感じ。後輪の張り出しが無ければ幅が1.2m確保できるけど、後輪部分でも90cmの幅はあるので、2人でもなんとか寝れそうだ。
DSCN6515.jpg
テーブルはこんな感じに収納できて省スペース。
KIMG1516.jpg
ネットで注文した専用サンシェード。6,400円程度の物もあったけど、8,980円の5層構造の物にした。付属品の吸盤を取り付けると専用袋に入れるとキツキツ状態。でもコンパクトで良いかも。
KIMG1511.jpg
サンシェードを取り付けてみた。多少光がもれるけど、視線は遮られて真っ暗(フロント)
KIMG1510.jpg
リア
KIMG1514.jpg
サンルーフのシェードを空けると天窓状態となって室内は明るくできる。雨天以外はフルオープンにもできるので高かったけど、付けてもらって正解!
KIMG1513.jpg
サンルーフを空けた状態。手元は十分な光量で本も読める。
KIMG1515.jpg
ホームセンターで見つけた防虫ネット。ワゴン車の引き戸タイプ専用しかなかったけど、後部ドア両側に簡単にセットできた。
ネットに引っかからなく窓の開閉ができ、通風確保。夜間寝る時は少し開けて寝れば良い。
KIMG1507.jpg
防虫ネットの外側はこんな感じ。ボディカラーがブラックなら良かったかな?
これで、安心して車中泊ができそうだ。
早速、山友に連絡し確認してもらった。明日は山友と二人で夕方出発し奥只見に車中泊し、日本百名山「平が岳」にチャレンジする。
山小屋もなく、テント泊も許されない往復25km、高低差1300mの日帰り登山の難易度が高い山だ。チャンスは夏の日の長いこの時期に限る。12~15時間のロングコースだ!天候次第では断念もあり。久々にワクワクドキドキ。
月末で忙しい最終日の今日、しっかり溜った仕事をやりとげないと行けなくなってしまうぞ!
でも、楽しい山旅が待っていると力の入れようが違う。ファイト!
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: