スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミ缶の風車

以前、仕事先のご主人が手作りされていたアルミ缶の風車を道の駅でも見かけた。
自作してみたくなり、1ケ譲っていただけないかと願っても断られてしまった。

店内に入ってみると、1ケ300円で販売されていたので、1ケ購入。
早速、作り方の観察を開始。
KIMG1948.jpg
同じ「のどごし生」です。シルバーとゴールドのツートンの方がスーパードライよりも回り出すと綺麗に感じます。
KIMG1952.jpg
針金を輪っかに曲げた内側に羽根状にスリット加工した空き缶宙吊り状態にセットするのだが、蓋の中心に心棒となる真っすぐな針金を通しています。
KIMG1950.jpg
スリットの間から、その蓋の裏側が見えます。蓋から長さ5cm位に突き刺したままの状態です。
KIMG1951.jpg
底の部分に注目!
輪っかの底の中央が山型に折られていて空き缶の縁に内側からはみ出ないようになっているではないですか(驚)
また雨水が溜まって重たくならないように水抜きの小さな小穴が2つ開いています。
この輪っかの中央の山型で缶を宙に浮かして、上部は真っすぐな心棒で吹き跳ばないようしっかり止めているのですね!

羽根状に加工されたスリットの形状についてはしっかり研究しないとなりません。






スポンサーサイト

テーマ : 毎日を楽しむ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。