7年目の彼岸

KIMG2715-001.jpg
3.11の命日
KIMG2716.jpg
間もなくお彼岸を迎える南相馬の墓地
今年は一人で焼香。 忘れることなどけっしてできない。
KIMG2719-001.jpg
海沿いにあった住まいを訪ねる
KIMG2720-001.jpg
昨年は、一面荒野化し庭先にあったケヤキの木だけが場所を教えてくれたのだったが、工事が始まっていた。
KIMG2723.jpg
道路の反対側も。
KIMG2721.jpg

KIMG2726.jpg

KIMG2727.jpg

KIMG2722.jpg
防波堤近くに見える一本松
KIMG2729.jpg
巨大な防波堤が太平洋を遮断
平成の万里の長城
KIMG2728.jpg
原町火力発電所の煙突
KIMG2730.jpg
一本松
KIMG2732.jpg
昨年5月に工事が始まった県内最大規模の太陽光発電事業で、60メガワットのメガソーラー発電設備。
総事業費約220億円、来年3月に商業運転開始するそうだ。
発電する電力は一般家庭約2万世帯の使用電力量で、南相馬市は再生可能エネルギーの導入比率をほぼ100パーセントとすることを目標としている。
KIMG2733.jpg
震災前、南右田行政区には70戸約330人が暮らしていたが、津波で全戸が流失。54人が犠牲となった。地区の大半が住宅を建てられない「災害危険区域」に指定され、ほとんどの住民は別の場所での生活再建を余儀なくされた。このため、住民は平成27年3月の総会で、行政区の解散を決めた。

南右田は、昨年まで海抜ゼロメートルとなり、荒野と化していたけど、生まれ変わりつつある。
少しだけほっとした思いにもなれました。
スポンサーサイト

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: