小出先生が停年かぁ 


京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏、在職中最後のゼミ講演で「原子力廃絶」を力説──原発に警告を発し続けてきた半生を語る

原発事故後、何が正しい情報なのか翻弄され、健康不安の日々を続けていた。
その時にネットで知った小出先生。発信され続けた動画のほとんどを見てきて、国民はずっと国に騙され続けてきた事を知った。廃炉作業は40年と言われていたが、6年も経過したのに、今も廃炉まであと40年という表現が飛び交う。
(正しくはあと34年と言わなければならないのに)
福一原発のような事故は絶対に再発させてはならないのだ。
全廃炉にしなければならないと痛感した。
20170329.jpg

エ?そうだったの?と、驚くニュース。
帰還が始まったけど、まるでお祭り感覚じゃないか!廃炉が今後安全に進行するなど確証がないのに、避難計画ができていないまま国は帰還命令を出したという事か・・・
これもまた政治不信というものだ。

2030年原発ゼロを撤回してしまった民進党の蓮舫代表。
党員・支持者・支持団体から猛反発があったという。

どうしたら良いのか・・・無力感。
スポンサーサイト

テーマ : 放射能汚染
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: