「帰れない人は自己責任」と言い切った今村復興大臣こそ無礼者!直ちに辞職しろ!

imamura-jishuhinan-198x198.jpg
なんだって?コイツ!

復興庁の今村大臣は2017年4月4日、3月31日で住宅支援の打ち切りを迎えた「自主避難者」に対し、国に責任はなく、「自己責任」だと明言。実際に帰れない人がいることについては、「本人の責任でしょ。本人の判断だ」と明言。線引きをして、ルールにのっとってきたと語気を強め、「裁判でも何でもやればいいじゃないか。」と声を荒げた。記者が「責任をもって回答してください」と追及すると、大臣は「無礼だ。撤回しろ」と語気を強め、最後は「二度と来るな」「うるさい」と怒鳴りながら、会見室を退室した。

この男は二枚舌なのだ。

こんなのが復興大臣だって、、、
問い詰めた記者こそがクリアな耳と頭脳を持っているよ!


原発事故を体験した県民は現在進行中であり、人生の歯車は狂ってしまったままである。
その中で、種々の条件が整った方のみが帰還できているにすぎない。

そうしたくてもその準備ができない方は、もう戻れない。原発事故さえなければ、全くべつの人生を送って行くことができたハズ。
事故責任は裁判でも認められたであろうに、何という事を言うのだろう。
記者の問いかけに対し感情的になることの意味は、痛いところを突かれたからであり本心からの発言だった証である。

どうか、大臣!佐賀県に福一原発を引っ越ししてください。

どんな思いを佐賀県民の方々がされるか・・・
貴方は佐賀県民にさえ相手されませんよ。
勿論、そんなことをやったら次期選挙では落選!ただの偏屈オヤジに過ぎない!

こんな人間を大臣に起用した阿部総理は籠池理事長の言う通りの人間だし、福島は終わっているということなのだろう。

廃炉作業は一つのビジネスモデルとでも考えているだけだ。

汚染水タンクはどうするんだ?

責任を果たすと言い切ったからには、ブレずに最後までやりきってほしい。男の約束だ!
参謀となる大臣起用はやらせてみてダメだったら、即チェンジしなきゃ!税金の無駄!

今村が炎上して発言撤回し謝罪したって、心を感じないし、(陰でベロだしている)もう、福島県民は誰一人聞く耳は持っていないだろう。たとえ自民党員であっても。


スポンサーサイト

テーマ : 放射能汚染
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: