KIMG3613.jpg
平壌から約1250kmの距離にある我が家
緯度のほぼ同じであるので真東にミサイルは発射されれば射程圏内の位置にあるのだ。
でも、その時にどうしたら良いのか?
寝たきりの母がいる。在宅介護の為に家内がいる。
結論は、換気扇を止め、窓を閉め、見張りして室内を密閉する・・・だけか。
_95008309_cf62329c-d244-4fd5-ba95-87d6e0bdb266.jpg

地下室なんて、町中探してもどこにも無いし我が家は山を抱いていないので洞窟もない。
丸裸状態で北朝鮮のヤンチャに準備しなければならない。
念仏しか、他には方法はなさそうだ。

スポンサーサイト

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: