デジブック10作目は岩手山



デジブックの評判が良いみたいだ。
見ている自分も楽しく感じて情感も伝え易くてわかりやすい。ありがたいサービスである。
山歩きを始めて3年目となるが、登りたい山が次々に頭をよぎる。ただ条件が重ならないと行けるようでも行けないのが山なのだ。
私の場合、先ずは時間。職場に恵まれて今は得られ易くなった。感謝!
次は家族の健康と自分自身の体調だろう。両親が健在でいてくれるのがありがたい。いつも心配をかけないように心がける。
次はお天気だ。山は特に変化しやすくて天候次第では冷たくソッポを向かれてしまう。
次は仲間であろう。単独行は極力避けてきたけど、だんだん大きな山に行く機会が増えてきたので有事を想定すると単独行はよろしくない。
次は何かなあ?お金か?あまりかからないと思うけど、遠くに行こうとすれば旅費と宿泊費かな。
来月には鹿児島県の開門岳と霧島を計画しているけど、仲間4人の体力に頼り往復3500kmを車で移動することで予算を大幅に圧縮。自民党であればやらないだろう…
そんな諸条件が全て重なって行けるのが山なんだと分ってきた。


デジブックを作成するのにもっと時間をかけないようにしたい。今の手順を整理しよう。
1、 Picasa3で画像修正とトリーミング。解像度変更もPicasaで一括変換できるのがありがたい。これ以上の合理化はないだろう。
2、 Jtrimで人物の顔を加工して肖像権を保護。どうしても表に出せない人もいる。
3、 写真ごとにコメントを入れるが、文書力の勝負であり、修練すればスラスラとできるかも?
4、 BGMの選択だけど、これが迷う!楽才があればオリジナルでMP3を作成したいが、先ずは無理!
5、 イフェクトの選択 今のところ単調に繰り返すサービスだけど、それでもまあまあかなあ?

こうしてみると、合理化して時間短縮するには撮影の枚数を削減することに限るように思えていた。
でも…歩き出すと発見と感動の連続の度にシャッターを切ってしまうのだよなあ

スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: