スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンニクくの作付け準備 ステージ2 ニンニク片700個準備完了!

DSCN7081.jpg
今年の夏頃に買い溜めしておいた種として使う福岡産ニンニク25玉。
DSCN7082.jpg
薄皮を残して一片一片に解体する。
解体後、165片できた。
DSCN7083.jpg
こちらは1kg798円の安価な中国産
中国産も日本で収穫できれば国産である。今年の収穫で実感できたのは、国産と比べて、それほど味には大きな差がなかったので、また購入してみたのだった。
DSCN7084.jpg
外側の皮を剥くと中国産は既に発芽していた。
DSCN7085.jpg
そして、中国産と福岡産との大きな違いは、片の数である。
福岡産や青森産は1玉あたり6片の数なのだが、中国産は10~12片あるのだ。
1kgを分解すると約260片できた。
DSCN7086.jpg
これは、今年の収穫が終わった後に、種用に分解して冷蔵庫で安眠させていた物で、中国産が約200片、福岡産は約100片。
冷蔵庫から取り出してネットに入れ替え目を覚ませよう。
DSCN7087.jpg
・・・と、思いきや?中国産は既に目が覚めていて根が成長中であった。
DSCN7088.jpg

新旧合わせ、約700片のニンニクの種は準備完了。
発芽や発根状態なので、早々に定植させなければならないのだが、畑はまだ耕しただけで、これから畝を作り、石灰窒素を混ぜ込んでから2週間経過してからでないと定植できない。
台風が迫り雨続きで、週末でなければ畑仕事もできないので作付けが遅れてしまいそうである。

『農』は天気次第なのである・・・
スポンサーサイト

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。