口太山:猿滑りの滝とキズザキイチゲ

口太山愛好会は例年5月の山開きの準備として登山道整備を行っています。
本日も朝からお昼までかけて、砂利敷き、登山道にたつ桜の病気になった枝の剪定、水場清掃等を行いました。登山道整備では、登山口から少し進んだ猿滑りの滝下流に木製の橋を新設しました。
sarusuberi07

sarusuberi08

sarusuberi09

橋工事では製材業から土木業・機械工・トンネル工等まで多種のメンバーがそろっているので、トントンと工事が進み完成です。

sarusuberi10

登山口にある水場のシシオトシも新しくなりました。バランスを確かめ、音も確認して完成。

sarusuberi01

私は、にりんそう会長のTさんに案内していただき、猿滑りの滝上流にある水源地まで登ってみました。

sarusuberi02

登山口にある水場は猿滑りの滝より更に上流の大岩の下から湧き出てくる天然水でした。どこかの山では水源地の直ぐ上にWCの浄化槽がありましたが、口太は安全です。

sarusuberi03
この谷にはオオサンショーウオが生息しているという…

sarusuberi05
猿滑の滝の直上の大岩
これより先は滑りそうなので危険!
猿でなくても堕ちてしまう。
sarusuberi04
周辺の谷はキクザキイチゲの群生地となっており、可憐な花を咲かせていました。T会長も驚きでした。

sarusuberi11

sarusuberi06

何度も登っていた口太山でしたが、まだまだ知らないポイントがありそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 福島県『ど真ん中周遊情報発信センター』
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: