天空の城 ラピタ… 燕岳


DSCF0742.jpg
燕岳に「にりんそう」7名で登りました。この日にあわせたかのような梅雨明け宣言。晴天に恵まれ至福の1泊2日の山行となりました。
山荘は日本一泊まりたい山小屋ランキング第1位の「燕山荘」。半年前に予約していましたが、大変な繁忙期でありながら個室を利用でき超感激!高山病にかかってしまった細君も安心して休むことができ、2日目は回復でき感謝感謝!
三大急登といわれる約4.5KMの登山道を6時間かけて登りきりました。燕山荘の尾根に立った瞬間の感動はきっと生涯忘れることはないでしょう。



DSCF0736.jpg

DSCF0745.jpg

DSCF0590.jpg
日没

DSCF0605.jpg
北アルプスの夕暮れ
半分の月が中央に光っています。
DSCF0624ss.jpg
おもいっきり望遠で撮影してみました。(720mm)空気が澄んでいるので、クレーターまで写りました。

DSCF0709.jpg
イルカ岩と槍
AM4:40
イルカの口先から朝日が差し込んできました。

DSCF0550ss.jpg
初体験のブロッケン現象(映っているのは私です。)
太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲粒や霧粒によって光が散乱され、見る人の影の周りに、虹と似た光の輪となって現われる大気光学現象。光輪 (グローリー, glory) ともいう。
山岳の気象現象として有名で、尾根の日陰側かつ風上側の急勾配の谷で山肌に沿って雲(霧)がゆっくり這い上がり、稜線で日光にあたって消える場合によく観察される。

DSCF0685.jpg
日の出直前の富士山

DSCF0763.jpg
合戦小屋近くからの槍
DSCF0760.jpg
槍に吸い寄せられる思いがしました。

大きな写真はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: